特集記事

今注目の記事

2017年5月14日 更新

Twitterユーザー小雪(@lgm_)さんの「料理が苦手なお母さん向けのお弁当対策」が参考になる!

Twitterユーザーである小雪さん。料理が苦手なお母さん向けのお弁当対策として、イラストで紹介してくれているのですが、これがとても参考になるんです!!毎日のお弁当作りが苦手な方、もっと上手に作れるようになりたいと思っているママは要チェックです!!

まずはお弁当箱のサイズを把握することが大事だそうです。
確かにお弁当のサイズを把握していないと、足らなかった!多すぎた!ということになりかねませんね。

お弁当作りの優先順位
1.食中毒を出さない
2.休まず毎日作る
3.栄養バランスよく
4.見た目の彩り良く
5.子供が喜ぶ工夫

毎日お弁当を作らなければいけないので、加工食品でも冷凍食品でもOKにしちゃいましょう♪

一品だけ弁当も楽★

 (78902)

一品だけ弁当というのは
・焼きそば
・焼きうどん
・チキンライス
・オムライス
・ナポリタン
などです。

確かに一品だけでOKなので、楽に作れそうですね!
あらかじめ必要な材料を切って冷凍しておけば、炒めるだけで良いので時短にもなりますね。
時間があるときにチキンライスを作っておいて、解凍して卵を焼いて乗せるだけなので忙しい朝にも便利だと思います。

おにぎらずで乗り切ろう!

 (78903)

ハンバーグやカツ、ウインナー、スパム、生姜焼きなどのお肉を挟んでおにぎらずを作るというものです。確かにお弁当を食べるのに時間がかかってしまう、早く食べ終わりたいという子供におすすめですね!
おにぎらずなら手が汚れる心配もいらないので、運動会や遠足などの行事にも良さそうです☆

冷凍食品を使う際のポイント★

 (78904)

冷凍食品を使う場合は、半分くらい解凍しておくのがポイントなんだそうです。
自然解凍にしてしまうと、食べるころにまだ解凍されていない場合があるんだとか。
そして自然解凍ができるのは「自然解凍OK」と書かれているもののみです☆

はじめは冷凍食品に頼りながら、慣れてきたら手作りの食材を増やしていけば良いと書かれています。心強いお言葉ですね!!

*第3章*

みんながキラキラ弁当を作っているわけじゃない♪

 (78906)

SNSを見ていると、美味しそう!可愛い!そんなお弁当が多いんですよね。
しかしみんながみんなキラキラ弁当を作っているわけではないと分かれば、何だか安心ですよね。

偏食、好き嫌いが多い、変化が苦手・・・そんな場合にはメニューも限られてきてしまいます。
実際うちの子も好き嫌いが多いので、毎週1回のお弁当の日は毎回お肉、卵、ウインナー、チーズの4品のみなんです。

おまけ★

34 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

楽したい日にはコンビニ食材活用術☆子供のご飯を美味しく手軽に作ろう

楽したい日にはコンビニ食材活用術☆子供のご飯を美味しく手軽に作ろう

どんなに忙しくても、子供には手作りの食事を用意してあげたい!そんなときは『コンビニ食材』が便利!そのまま並べるだけじゃなく、ひと手間加えてママの味にしちゃいましょう。
炊飯器に入れてポチっ♪スイッチ1つで簡単に作れる時短&簡単メニュー★

炊飯器に入れてポチっ♪スイッチ1つで簡単に作れる時短&簡単メニュー★

炊飯器に入れてスイッチを押すだけで完成する時短&簡単メニューを紹介していきます。離乳食や肉料理、ボリューム満点ご飯、スイーツまで幅広い料理を作ることができるので、ぜひ炊飯器を使って時短料理を作ってみてください!
Twitter発★【#離乳食めんどくさい協会】ママたちの楽技をマネしちゃおう♪

Twitter発★【#離乳食めんどくさい協会】ママたちの楽技をマネしちゃおう♪

Twitterのハッシュタグ『#離乳食めんどくさい協会』に入会するママ多数★毎日の離乳食づくりは大変です。時短&楽技でママの負担を軽減しちゃいましょう!!使えるアイデアをあつめました。
いらない野菜くずで作る"だし"がすごい!!ベジブロスで節約&料理の美味しさUP♡

いらない野菜くずで作る"だし"がすごい!!ベジブロスで節約&料理の美味しさUP♡

野菜の皮や茎、根っこなどのいつもは捨てる『野菜くず』まで余すことなく使えたら良いと思いませんか!?しかも栄養たっぷりというから驚き☆とっても簡単に作れるベジブロスについてご紹介します。
余った粉ミルクで簡単リメイク術!

余った粉ミルクで簡単リメイク術!

小さかった可愛いわが子、気がつけばミルクよりもご飯を食べるように。嬉しい成長に合わせて、粉ミルクも不要になりますよね。『どうしても使いきれなかった粉ミルクをどうしていいかわからない。』そんな方におすすめ、粉ミルクを美味しく使い切ってしまうリメイクレシピをご紹介。家族で美味しく食べきってしまいましょう!
味の決め手はやっぱりお出汁♪離乳食をもっと楽しくする簡単、お出汁のつくり方♪

味の決め手はやっぱりお出汁♪離乳食をもっと楽しくする簡単、お出汁のつくり方♪

離乳食の味付けに欠かせない出汁の簡単なつくり方についてまとめました★

この記事のキュレーター

nozomi nozomi