特集記事

今注目の記事

2017年7月7日 更新

ママも癒されながら寝かしつけ♪赤ちゃんと聴きたいオススメ洋楽

オルゴールやピアノだけじゃない!ママも赤ちゃんもきっと癒されるオススメの洋楽をまとめました。

赤ちゃんの寝かしつけ、どんな音楽を流していますか?

赤ちゃんを寝かしつけている時、音楽を利用しているママも多いのではないでしょうか。
寝かしつけにはやっぱりオルゴール♪または、ピアノやフィーリングミュージック・・・

でもそういう音楽ばっかり聴いているとママも飽きてきませんか?
私も初めは癒されながら聴いていたのですが、あまりに毎日の事で段々と飽きてしまいました。。。


そこで、ママも癒されてリラックスでき、赤ちゃんもぐっすり眠ってくれる音楽ってあるのかな、とさがしてみました♪


チョイスの基準として、、、

◎日本語だと歌詞が頭に入ってきてリラックスできないと思ったので洋楽

◎自分も楽しめる、癒されるもの

◎急にボリュームが上がったり盛り上がらず終始落ち着いているもの

そんな音楽を集めてみました!
 (89740)

Cyndi Lauper

Time after time

Cyndi Lauper - Time After Time

シンディと言えば明るい髪色にポップな服装で明るい歌のイメージが強いですが、
彼女の代表曲とも言えるこの歌は優しく心に染みわたります。

優しいメロディーとシンディの切ない歌声が何年も経った今聴いても色あせません。
歌詞もすれ違っていく男女を描いた素敵な歌詞なので、ぜひチェックして頂きたいです。

Girls Just Wanna Have Fun

GLEE - Girls Just Wanna Have Fun (Full Performance) (Official Music Video) HD

こちらはシンディの代表曲とも言えるポップな曲のカバーです。

Gleeという有名な海外ドラマの主人公・フィンを演じるコリー・モンティスがカバーしています。
彼は2013年7月に31歳という若さで亡くなってしまいました。
アメフト部所属という役柄通り大きな身体ですが、その身体からは想像できない優しく繊細な歌声でした。

ドラマでは、自分の秘密を親に打ち明けられずに悩む同級生に優しく歌いあげたこの歌。
原曲がとってもポップなので、ピアノ伴奏でアレンジされるとこんなに変わるものかとびっくりします。

TOTO

Lea

Toto - Lea

TOTOは1977年結成のアメリカのロックバンドです。
「Lea」というのは女性の名前です。
長く愛し合った女性に対して、まだこれからも愛してくれるか尋ねる歌です。
ボーカルのジョセフの甘い声と優しいメロディーががとても癒されます。

Eric Clapton

34 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

ママだって落ち込む・・・そんな時に聴きたい曲☆おススメ5選☆

ママだって落ち込む・・・そんな時に聴きたい曲☆おススメ5選☆

ママだってどうしてもイライラしたり、落ち込んでしまうことはあります・・・そんな時に、元気をくれたり、そのままでいいんだよってそっと寄り添ってくれるような、おすすめの曲をご紹介します!
赤ちゃんがぐっすりねんねする♥オススメグッズ5選

赤ちゃんがぐっすりねんねする♥オススメグッズ5選

赤ちゃんがぐっすり寝てくれるのをサポートするグッズをご紹介します★なかなか赤ちゃんが安眠してくれない!という時にはグッズに頼ってみてはいかがでしょうか?
ここぞという場面で大活躍♡保存版!赤ちゃんが泣き止む音楽&動画5選☆

ここぞという場面で大活躍♡保存版!赤ちゃんが泣き止む音楽&動画5選☆

赤ちゃんが泣き止むといわれている音楽や動画をまとめてみました♡筆者もこれのおかげで、随分育児ストレスが緩和されました!お子さんのお気に入りを見つければ、すっと泣き止むこと間違いなし☆
赤ちゃんの寝かしつけに★入眠儀式のアイディア9つ

赤ちゃんの寝かしつけに★入眠儀式のアイディア9つ

入眠儀式とは、寝る前に行う決まった習慣のこと。毎日繰り返すことで、これをすると寝る時間だ、ということを赤ちゃんに伝えることができるようになります。赤ちゃんそれぞれで合う入眠儀式は様々。9つのアイディアをご紹介します♪
わらべうたで赤ちゃんと遊ぼう!おすすめの6曲♪

わらべうたで赤ちゃんと遊ぼう!おすすめの6曲♪

赤ちゃんと遊びたいけど、どうやって遊べばいいかわからない…という新米ママさんにおすすめなのが、古くから伝わる「わらべうた」。ねんねの頃から歌ってあげられるものを集めました!
子連れで楽しめる!クラシックコンサートへ行こう!

子連れで楽しめる!クラシックコンサートへ行こう!

クラッシックコンサートなんて行ったことない、でもちょっと興味あるな~と思っているパパママは多いですね。 お子さんと一緒にクラシックコンサートに行ってみませんか?
Aya

この記事のキュレーター

Dekoひろ Dekoひろ