特集記事

今注目の記事

2018年2月17日 更新

もうすぐひな祭り♡これだけは押さえておきたいポイント3つ

赤ちゃんが生まれてからというものいろんなイベントがありママも忙しいですよね。女の子の場合初節句というイベントがあります。女の子ならではのイベントですのでぜひ家族みんなで楽しみたいですね♡

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (122754)

女の子が生まれた場合、その子にとって初めての3月3日を初節句といってお祝いをします。

我が家はまだ娘が6ヶ月で、まだひとりで座ることができない頃でした。
夜泣きが続いて寝不足気味の私でしたが、人生で1回しかない娘の初節句に少しでも形に残ることをしてあげたいと思い調べてみました。

初節句と検索してみるとレシピなどもたくさん出てくるので、その中から簡単そうなものを選んで作ってみました。これは子供の年齢によりますが、もし離乳食が始まっていたら、いつもの離乳食をひな祭り仕様に作ってみてもGOODです♡

今回は初節句をお祝いするにあたって、これだけ準備しておけば、とりあえず安心♡なポイントをご紹介します。

①とにかく料理!

初節句といったらやはりいちばん先に思い浮かぶのが、お寿司ですよね♡

我が家は「手まり寿司」を作りました。
スーパーで刺身を買ってきて、酢飯を丸めてボール状にしたものに具をつけてラップで包んで手鞠のようにみたてたものです。

あとは、はまぐりのお吸い物も作りました。
はまぐりは「一生を貝のように一人の人と添い遂げられますように」という意味もあるようで、夫は不服そうにしていましたが…(笑)

もちろん娘はまだ食べられませんでしたが、写真にはしっかり残したので将来見せてあげたいと思っています♡

yokoさん(@yoko_sss_)がシェアした投稿 -





②可愛すぎる♡袴のロンパース

我が家はこれを知ったのが遅かったので初節句には間に合いませんでしたが、友達が初節句のときに袴風ロンパースを着せていて、とても可愛らしかったのを覚えています!

我が家は少しおしゃれなロンパースにしましたが、袴のようなロンパースの存在を知っていたら絶対に買っていたのにー!と思います。

また100均でも和紙が売っているので、そういった和風のもので鶴を折って飾ってみたり、「初節句」と書いて飾ってみたりしても雰囲気が変わって楽しめますね♡

miu rinさん(@kaen.miu)がシェアした投稿 -





③あとはみんなで楽しむだけ!

18 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ベビーフォーマルウェア特集】0歳児向けおすすめ商品6選♡

【ベビーフォーマルウェア特集】0歳児向けおすすめ商品6選♡

何を着ても可愛らしい赤ちゃんですが、ベビーフォーマルはまた格別!写真にも残る大切な記念日に着せてあげたい素敵なベビーフォーマルを集めてみました。
そろそろ準備♡KALDIでひな祭りアイテムをそろえよう♪

そろそろ準備♡KALDIでひな祭りアイテムをそろえよう♪

3月3日はひな祭り♡そろそろ準備しませんか?KALDI(カルディ)ではひな祭りアイテムが揃っていますよ♪なかにはKALDI限定のアイテムも◎
*2月3日は節分*子供と手作りいっぱいの節分を楽しみましょう♡

*2月3日は節分*子供と手作りいっぱいの節分を楽しみましょう♡

鬼は外〜!福は内〜〜!!もうすぐ節分の時期がやってきますね。小さい子供でも楽しめるイベントがいっぱいの節分を思い切り楽しみましょう!!
お家でオシャレな写真が撮れちゃうって本当!?『グラこころ』の可愛すぎるフォトグッズ♡

お家でオシャレな写真が撮れちゃうって本当!?『グラこころ』の可愛すぎるフォトグッズ♡

家族のためのグラフィック専門店『グラこころ』をご存じでしょうか☆グラこころのフォトグッズを使えば、フォトスタジオに行かなくったってお家の中でオシャレな写真が撮れちゃうんです!!
海外ではお馴染み♪『スマッシュケーキ』で1歳のお誕生日のお祝いをしよう♪

海外ではお馴染み♪『スマッシュケーキ』で1歳のお誕生日のお祝いをしよう♪

海外ではお馴染みのスマッシュケーキ。スマッシュケーキは1歳のお誕生日を迎える赤ちゃん専用のケーキで、手づかみで自由に食べることができます。とても可愛いケーキなのでぜひチェックしてみてください♪
男の子の初節句♪最近の節句のお料理は?離乳食メニューもご紹介☆

男の子の初節句♪最近の節句のお料理は?離乳食メニューもご紹介☆

男の子の初節句と言えば「5月5日」。この頃になると、スーパーなどに柏餅やちまきが並びます。また、縁起がいいと言われている食材もあります。最近の初節句のお料理はどうなのでしょうか?また、初節句の離乳食レシピはあるのでしょうか!?

この記事のキュレーター

みさっこ みさっこ