特集記事

今注目の記事

2017年4月25日 更新

安心!オーガニックな虫除けスプレーを手作りしよう!

気温も上がり、そろそろ蚊などの虫除け対策が必要な時期!小さな子供に大人と同じ成分の虫除けはNG!せっかくなので赤ちゃんもOK、家族全員で使えるオーガニックな虫除けスプレーを作ってみましょう!

蚊に注意!!

 (20724)

蚊から感染する病気として、デング熱やジカ熱などについてTV等でも大きく報道されたのは記憶に新しいですよね。
昔は蚊から感染する病気といえば日本脳炎が有名でしたが、主に暖かい南の地方で多く報告されていました。
しかし年々日本全体の平均気温が上がってきて、今まで暖かい地方を中心に感染が見られた病気や、日本よりももっと熱い国で流行するような病気が蚊を媒介して日本各地で広がる恐れが出ています。

蚊を媒介して感染する感染症に注意しましょう! - 大分県ホームページ

蚊を媒介して感染する感染症に注意しましょう! - 大分県ホームページ
大分県のホームページ
実際に日本でも南方に位置する自治体では、夏場になると蚊から感染する病気について注意喚起がされています。
蚊に刺されると痒くてたまりませんが、蚊から身を守る事はその蚊が持っているかもしれない病原体から身を守る事でもあるんですね。

予防法は、とにかく蚊に刺されない事!

虫除けスプレーの成分にも注意!

 (21969)

危険な蚊からしっかりガードしなきゃ!と、大人が使っている虫除けスプレーをお子様に使っていたママはストップ!!
市販の虫除けスプレーの中には体に害になる可能性がある成分が含まれている物もあります。

例えばディートという成分は虫除けスプレーの主成分である事が多いのですが、これは農薬。
小さな子供にはもちろんNG!
肌が 敏感だったり、何らかのアレルギー疾患を持っている大人も頻繁に使用するには心配ですね。

ディートを含む製品は使用制限アリ

全く使っていけない訳ではありませんが使用制限があります。製品には説明書きがされているので、使用する場合は必ず守りましょう。
大体が6ヶ月未満に赤ちゃんの使用はNG!6ヶ月〜2歳未満は1日1回、それ以上は1日1〜3回、といった制限になっています。

天然成分の虫除けスプレーなら赤ちゃんからOK!

 (20726)

天然成分の虫除けなら…赤ちゃんの頃から気兼ねなくつかえますね。
しかもうっかり舐めてしまっても、天然成分なら安心安全♪
もちろんペットがいるお家も安心です。

最初からディート無添加の虫除けスプレーもあります。ですが、せっかくなので100%天然成分にママの愛情をプラスした、世界で一つに手作り虫除けスプレーを作ってみましょう!

ハッカ油スプレー

 (21972)

34 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供の体調不良でクタクタ…ママも気分転換をしよう☆

子供の体調不良でクタクタ…ママも気分転換をしよう☆

夏は意外と色々な感染症が流行る時期ですよね。長引く看病に、子供はもちろんですがママもクタクタになります。そこで今回は、私が実践したことでリフレッシュできた、子供の体調不良時の気分転換の方法をまとめてみました!
紫外線が多くなるこれからの季節に!ベビー&キッズおすすめUVカットアイテム*

紫外線が多くなるこれからの季節に!ベビー&キッズおすすめUVカットアイテム*

紫外線が強くなる季節になりましたね。ママだけではなく子供も紫外線対策が必要になります★今回は紫外線をカットできるおすすめアイテムをご紹介します*
任意の予防接種受ける?受けない?何を基準に選んでいますか?

任意の予防接種受ける?受けない?何を基準に選んでいますか?

小さな赤ちゃんの体を、様々な病気から守ってくれる予防接種。種類の多さに驚いてしまうママも多いのではないでしょうか?種類だけでなく、定期接種や任意接種など聞きなれない言葉もたくさんありますよね。任意接種を受けるかどうかお悩みのママは、ぜひチェックしてみてください♪
肌が弱いお子さんのママへ☆6種類の日焼け止めを使ってみた感想をご紹介!

肌が弱いお子さんのママへ☆6種類の日焼け止めを使ってみた感想をご紹介!

そろそろ紫外線が強い時期ですよね。私の次女は肌が弱く、色々な日焼け止めを試しました。今回は、そんな経験から、赤ちゃん用の日焼け止めを使ってみた感想をご紹介したいと思います☆
赤ちゃんが薬を飲まない…この方法なら飲むかも!?

赤ちゃんが薬を飲まない…この方法なら飲むかも!?

薬が苦手な赤ちゃんって多いですよね。薬が飲めないと、いざという時に「このままだと元気になれないのに…!」と焦ってしまいますよね。そこで今回は、赤ちゃんが上手に薬を飲めるようになるコツをご紹介したいと思います☆
1歳までの赤ちゃんは要注意!RSウイルスとは?

1歳までの赤ちゃんは要注意!RSウイルスとは?

RSウイルスをご存知ですか?大人が感染しても、単なる風邪症状で終わることが多いのですが、乳幼児が感染すると「細気管支炎」にかかってしまうことも…特に1歳までの赤ちゃんは要注意です!そんなRSウイルスについてまとめました。

この記事のキュレーター

priari priari