特集記事

今注目の記事

2017年8月14日 更新

赤ちゃんのレッグウォーマー★どんなときに使う?メリットは?

レッグウォーマーというと、冬のオシャレや防寒というイメージがあるかと思いますが、実は赤ちゃんにとっては年中使える便利アイテムなんです!レッグウォーマーのメリットや使い方をご紹介します♪

 (32656)

レッグウォーマーというと、冬のオシャレや防寒というイメージがあるかと思いますが、実は赤ちゃんにとっては年中使える便利アイテムなんです!

毎日のように使っているというママの声も多いレッグウォーマー。
メリットや使い方、選び方をご紹介します♪

レッグウォーマーのメリット

足元の冷え対策として真っ先に浮かぶのが靴下。
しかし、足の裏まで覆ってしまう靴下は、足裏での体温調整や体の発達を妨げてしまうことも。
レッグウォーマーを使えば、冷えを防止しながら、裸足のままでいることができます。
赤ちゃんは足の裏から熱を放出するので、靴下を履かせて足裏を覆ってしまうと体温を無駄に上昇させてしまうので、靴下を履かせない方がいいと言われています。

冬に体温を上昇させるのは良指そうな感じがしますが、体温調節が未発達な赤ちゃんに靴下を履かせて体温を上昇させることはかなりの負担になってしまうのです。
足の裏でいろんなものを踏んだり、触れたりすると足の裏の感覚を鍛えて脳が活性化され、刺激として赤ちゃんの成長にとてもいい影響を及ぼしてくれます。

室内で靴下を履いていると滑りやすくなってしまうので、転んで怪我をしてしまう可能性も考えられるので、年間を通して靴下は履かせない方が健康的に過ごせますよ!
レッグアイテムとしてタイツやスパッツなどもありますが、おむつ替えの際に一枚多くなってしまい、手間がかかってしまいます。
レッグウォーマーなら、履かせたままでスムーズにおむつが替えられますよ♪
コンパクトでかさばらないので、持ち歩きにも便利ですよね。
また、赤ちゃんならではのオシャレな着こなしを楽しむことも!
かわいいデザインがいろいろあるので迷ってしまいますね。
 (32664)

レッグウォーマーはどんなときに使う?

■寒さ対策に

冬の寒い時期、防寒対策として履かせるのが基本の使い方です。
すごく寒い日には、靴下と長ズボンの間にインナーとして履かせるのもおすすめ。着せすぎたかな?というときや暖かい場所に着いたときに、ズボンはそのままレッグウォーマーだけを脱がすこともできますよ。
また、アームウォーマーとして腕に使ってもいいですね。
38 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

連日熱帯夜…ニトリのNクールで親子一緒に暑い夏を乗り切ろう!

連日熱帯夜…ニトリのNクールで親子一緒に暑い夏を乗り切ろう!

暑くて寝苦しい夜が続きますね…猛暑でも快適な睡眠を取るために、ニトリではこんなアイテムが発売されています!
夏のお出掛けも快適に♪チャイルドシートにも取り付け可能なベビーカー扇風機5選☆

夏のお出掛けも快適に♪チャイルドシートにも取り付け可能なベビーカー扇風機5選☆

そろそろ暑い夏がやってきますね。夏のお出かけは大人も体力を消耗しますが、赤ちゃんも同じです。そんな時、ベビーカーやチャイルドシートにも取り付け可能の扇風機があれば、快適にお出かけできますよ☆
猛暑を乗り切ろう!冷感素材のおススメアイテム

猛暑を乗り切ろう!冷感素材のおススメアイテム

毎日うだるような暑さが続いています。けれど小さな子がいる場合は特に冷房を強くかけすぎるのも控えたいですよね。そんな時は政府も推奨する冷感素材グッズを活用してみてはいかがでしょうか?
エアコンはつけっぱなしの方がオトク!?夏のエアコン節電豆知識☆

エアコンはつけっぱなしの方がオトク!?夏のエアコン節電豆知識☆

なるべくエアコンをつけないでガマンするよりも、つけっぱなしの方が電気代が安いというウワサは本当なのでしょうか。エアコンの上手な節電方法もご紹介します♪
キッズ浴衣はプチプラが正解!【イオン】【西松屋】【しまむら】おススメ浴衣

キッズ浴衣はプチプラが正解!【イオン】【西松屋】【しまむら】おススメ浴衣

もうすぐ夏本番!夏にはお祭りや花火大会など楽しいイベントが盛りだくさんです。そんな時に着せたい浴衣。すぐにサイズアウトしてしまう子供にはプチプラ浴衣がおススメです。今回は【イオン】【西松屋】【しまむら】のお値打ち浴衣をご紹介します。
可愛い!【BabyGap】【H&M】おススメキッズ水着

可愛い!【BabyGap】【H&M】おススメキッズ水着

いよいよ夏本番。子供達の夏の楽しみと言えば水遊びですよね。園によっては毎日水着を持っていく必要もあり洗い替えがあると便利です。今回はプチプラで可愛い【BabyGap】と【H&M】のおススメベビー・キッズ水着をご紹介します。

この記事のキュレーター

kinako kinako