特集記事

今注目の記事

2016年12月12日 更新

素敵パパ★うちのパパにも真似してほしい!あんなこと&こんなこと

外で目に付く素敵パパってどんなパパ!?真似したいことだけでなく、ウチのパパの良さを改めて発見できることも、あるかもしれません!

『イクメン』という言葉が一般的に使われるようになりました。世のパパたちが、子連れで公園やショッピングセンターに行ったり、乳幼児健診に連れ添ったり…そんな姿が珍しくなくなりましたね。

頑張るパパたちの姿は微笑ましく、つい羨ましくなってしまうものです。「ウチのパパも、人が羨むような…」と欲が出てしまうのが本音のママも、少なくないことでしょう。では、いったいどんなパパを見て、「素敵だな~」と感じるママが多いのでしょうか。まとめてみました!

♥ ママに優しいパパ

人前でも恥じることなくママに優しいパパ。ママが子供を抱き上げるとき、さっと荷物を持ってあげたり、かける言葉遣いが穏やかだったり。そんな些細な言動を、周囲のママたちはよく見ているものです。
 (53435)

♥ オシャレを楽しめるパパ

今時の流行を取り入れつつも、大人上品なオシャレはママたち憧れのパパファッション。ジーンズに合わせるトップスがきれいめ色のシャツだったり、シルエットが上品なカラーパンツを履いていたり。カジュアルだけど崩しすぎず、清潔感のあるファッションのパパは、とても好感度が高いものです。

♥ 『雰囲気イケメン』なパパ

イケメンなパパはやっぱり羨ましい!と思うママが多いよう。生まれ持った顔の作りは変えようがありませんが、髪形や体型は、努力次第でどうにでもなるものです。

そこに服のセンスと落ち着いた雰囲気をプラスして、全体のバランスが整っている男性を『雰囲気イケメン』と呼び、実は真性イケメンよりも『イケメン!』だと感じる女性は多いそうです。
 (53434)

♥ 気配りできるパパ

自分の子供だけでなく他所の子供にも優しくできたり、物を落とした人がいたらサッと拾ってあげたり。子連れの外食時に、周囲への迷惑を考えて子供を上手にあやしているパパなど、公共の場では特に、そんなパパの気配りがママたちに好印象を与えます。

『素敵パパ』を作るのはママ!?

人の脳の構造は男女によって異なります。男性脳は、ひと言にすると『単純』。

子育てにおいて「言わなくても気づいて!」と言いたくなる場面が多々あると思いますが、パパにとっては「やってほしいことは言ってほしい」「言ってくれないとわからない」が正直なところなのです。

その脳の構造を理解して接すれば、パパの素敵な部分をどんどん引き出すことができるかもしれません。
 (53433)

『隣の芝生は…』ウチのパパだって本当は素敵☆

17 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

家族みんなにメリット絶大!パパも育休を活用しよう!

家族みんなにメリット絶大!パパも育休を活用しよう!

パパが育休を取得すると、家族がハッピーに!赤ちゃんの誕生を前に、パパの育休について、真剣に考えてみましょう。
ゴロ寝パパ、動かない夫に家事・育児を手伝ってもらう3つの秘策

ゴロ寝パパ、動かない夫に家事・育児を手伝ってもらう3つの秘策

家事・育児・仕事、などなど、ママは朝から晩まで大忙し!なのにパパはソファでゴロ寝しながらテレビを見たり、スマホでゲーム。そんな背中を見るだけでイライラ!そんなママへ。なかなか動いてくれないパパに家事や育児を手伝ってもらう、我が家で実践している3つの方法をご紹介します。
ママのテクニックでパパをイクメンにする方法とは!?

ママのテクニックでパパをイクメンにする方法とは!?

もっと子供の時間をもってほしい。子供の基本のお世話くらいはパパひとりでできるようになって欲しい・・・と思うママは多いものです。パパを華麗なイクメンに変身させる秘密を探りました!
家事や育児の分担はどう決める?

家事や育児の分担はどう決める?

各家庭によって異なる、夫婦の役割分担は、家庭生活の中で重要視されています。共働き夫婦が殆どの現代において妻が夫の仕事に対する理解や、夫の育児、家事の理解の度合いにも大きく作用します。 「私ばかりに家の事を押し付けて」や、 「どうして協力してくれないの?」と 妻側の小言が増えていませんか? どちらかに、偏り過ぎない為にも 夫婦できっちりと分担などについて、話し合う機会を設けることも1つの方法です。 家庭の数だけ、沢山のケースがあるようです。
お願いの仕方を工夫しよう!家事や育児の負担を減らすのはパパが鍵!!

お願いの仕方を工夫しよう!家事や育児の負担を減らすのはパパが鍵!!

毎日の家事や育児お疲れ様です。毎日家事をこなし、子どものお世話もしてママは大忙しです。家事や育児で忙しい時、上手にパパに頼れていますか?上手にパパに頼れるようになると家事や育児の負担を大幅に軽減することが出来ます!
ママはこれを手伝ってほしい!勘違いパパ攻略法

ママはこれを手伝ってほしい!勘違いパパ攻略法

最近は「イクメン」という言葉がすっかり浸透してきましたね。お仕事が大変な中、育児に積極的に参加してくれるパパも多いかと思いますが、パパとママとでは育児に気づくポイントが微妙に違います。今回は、「イクメンだけど、本当はここを手伝ってほしい!」というママの気持ちと、そんなパパの攻略法をご紹介します!

この記事のキュレーター

e-family e-family