特集記事

今注目の記事

2016年11月9日 更新

赤ちゃんとお出かけ☆防寒対策には”抱っこ紐ケープ”?”ママコート”?選び方とおすすめ商品☆

肌寒い日が増えてくると考えなければいけないのが、赤ちゃんと外出時の防寒対策です。まだ上手に歩けない赤ちゃんは抱っこ紐での移動が中心になりますよね。そんな時に役に立つのが”抱っこ紐ケープ”と”ママコート”。今回はそれぞれの特徴とおすすめ商品をご紹介します!

ソレイアード 2WAYケープ | Eple (40483)

抱っこ紐ケープとは?

抱っこ紐ケープとは抱っこ紐にセットして赤ちゃんの体を覆うケープになります。

夏の紫外線対策や雨対策用のケープも役に立ちますが、やはり一番必要なのが防寒用ケープです。簡単に取り外しができ、ベビーカーにも使えるものが多いので冬のお出かけには便利ですね。

ママコートとは?

ダッカーをつけて赤ちゃんと一緒に着用できるコートをママコートといいます。

前抱っこだけでなくおんぶにも対応しているコートもあり、ダッカーを外せば普通に着用もできるので色々活用することができます。またお腹の部分がゆったりとしたつくりになっているの妊娠中にも最適です。

抱っこ紐ケープ、ママコートどっちがいい?

抱っこ紐ケープとママコートどちらを選べば良いんだろう?と悩むママも多いのではないでしょうか?

それぞれ特徴があるのでどんな状況で使うかを考えて、自分の生活スタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

◇抱っこ紐ケープ

◎価格がコートよりも安価なものが多い

◎誰でも使うことができる(パパが抱っこして外出する時も使える)

◎ベビーカーに移動した時もそのまま使える

◎ママも防寒しなければいけない(抱っこ紐の上から羽織るかアウターを着てから抱っこ紐をつける)

◇ママコート

◎ファスナーで閉めるので防寒度が高く赤ちゃんもママも暖かい

◎赤ちゃんが成長した後も使える

◎1つのコートでママと赤ちゃんの防寒できるので脱ぎ着がラク

◎コートなので値段は高めのものが多い
私は徒歩や電車移動が多かったので、冬はママコートが手放せませんでした。

抱っこ紐のままコートを羽織ればいいだけなので、お出かけ準備も楽ちんでした、電車で暑ければ自分が脱げば赤ちゃんと一緒に自分の温度調節もできるので便利です。

一方、車移動やベビーカーへの乗せ換えが多かったり、パパが抱っこをよくしてくれる場合は、付け替えが簡単にできる抱っこ紐ケープのほうが使い勝手が良いかもしれません。

おすすめ抱っこ紐ケープ☆

48 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供のお昼寝にも☆ミナペルホネンとコラボも…北欧のブランケットでほっこり暖まろう♪

子供のお昼寝にも☆ミナペルホネンとコラボも…北欧のブランケットでほっこり暖まろう♪

お昼寝やママのほっと一息タイムに北欧から届いたあったかブランケットはいかがですか?
冬におなじみムートンブーツ…今年は一味違うテイストで☆

冬におなじみムートンブーツ…今年は一味違うテイストで☆

冬におなじみムートンブーツ。あったかくてオシャレなのでママにとっても便利シューズですよね☆でも、今年はムートンでも一味違うんです!
【1万円以下!】まだまだ間に合う!おすすめダウンアウター8選

【1万円以下!】まだまだ間に合う!おすすめダウンアウター8選

まだまだ寒い日が続きますが防寒対策はばっちりですか?寒くても子供と一緒に外遊びをすることもあると思うので、ダウンアウターが1着あると重宝すること間違いなしです!今回は1万円以下でゲットできるダウンアウターを紹介したいと思います。
ママだってオシャレしたい♡マザーズバッグにおすすめのトートバッグ7選

ママだってオシャレしたい♡マザーズバッグにおすすめのトートバッグ7選

ママになってもオシャレを楽しみたいですよね!今回はマザーズバッグにおすすめのトートバッグを紹介したいと思います。機能性抜群なので、ぜひマザーズバッグ選びの参考にしてみてくださいね☆
BEAUTY&YOUTHやRon Hermanのコラボスニーカーがオシャレ♡

BEAUTY&YOUTHやRon Hermanのコラボスニーカーがオシャレ♡

BEAUTY&YOUTHやRon Herman、URBAN RESEARCHなどのファッションブランドと、アディダスやNBがコラボしたスニーカーがオシャレで可愛いんです♪今回はコラボスニーカーを4足紹介します☆
Q-pot.×ドラえもんのコラボアクセも登場!映画公開記念グッズをチェック☆

Q-pot.×ドラえもんのコラボアクセも登場!映画公開記念グッズをチェック☆

フェイクスイーツのアクセが人気の「Q-pot.」がドラえもんとコラボ!新作映画公開記念グッズは和菓子風のアクセサリー。あわせて映画情報もお届けします!

この記事のキュレーター

mamano writers mamano writers