特集記事

今注目の記事

2017年5月9日 更新

こんなに大変だったんだ。『#産後一番辛い時こう乗り越えた』に共感!

産後は、出産前に想像していたよりも体力的にも精神的にもしんどい時期ではないでしょうか?twitterの「#産後一番辛い時こう乗り越えた」を見れば、辛い時期を乗り越えられるヒントが得られるかもしれません☆

産後1ヶ月がとにかく辛い。

出産後は身体がダメージを受けています。
入院中も会陰切開した傷跡や子宮収縮は痛いですが、食事の用意をしなくても良いし、至れり尽くせりなんですが辛いのは退院後です。

退院して赤ちゃんとの生活が始まると、昼夜逆転で夜に眠れなくなったり、身体も回復していないので精神的にもしんどくなりますよね。
最初の1ヶ月は本当に辛かったです。可能なら、あの頃の自分を助けに行ってあげたいぐらい。そして伝えたいです。「人生でたった1ヶ月だけの貴重な貴重な新生児期なんだよ、もっと肩の力を抜いて、楽しんで!」と。
新生児期はたったの1ヶ月。
この1ヶ月間で赤ちゃんの顔つきは毎日変わるし、色んな表情を見せてくれるので可愛いのですが、この1ヶ月がなかなかキツイんですよね。私も産後1ヶ月は思うように身体が動かなかったです。。

しかし過ぎてみると本当にあっという間の1ヶ月なんです。
肩の力を抜いて育児ができればどれだけ気が楽になるか・・・
私は産後、あまりの辛さにtwitterで育児専用アカウントを作り、同時期に出産した人を検索してフォローしまくりました。

出産年月ごとにハッシュタグがあるので、それを追ってみたり、そこで気になる人をフォローすると、タイムラインが同じ境遇の人でいっぱいになって勇気づけられます。
twitterで励まされたという人は少なくないようですね。
同じくらいの時期に生まれた赤ちゃんがいるママを見つけて、辛いのは自分だけじゃないんだ、仲間がいるんだと感じることで心強いものです。

死ぬわけじゃない!

 (59024)

出産前には料理、掃除、洗濯全てきちんとこなせていたとしても、子供が生まれると環境がガラッと変わります。
思い通りにいかないことの方が多いです。

掃除機をかけられなくても死ぬわけじゃないし、料理をきちんと作らなくても死ぬわけじゃない。そう思うと少し肩の力が抜けますね。

自分のやり方で☆

 (59025)

初めての子育ては分からないことだらけで、戸惑うことが多いですよね。
色々な情報がある中で何が正しいのか分からなくなってしまいますが、結局は自分のやり方でやるしかないんですよね。

寝かしつけの裏技♪

40 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

たそがれ泣きに泣くママたちへ。

たそがれ泣きに泣くママたちへ。

夕方になると突然泣き出す、理由も分からずに途方にくれてしまう。。。そんなたそがれ泣きに泣かされているママたちへ、そして5年前の自分に伝えたいこと「大丈夫。必ず終わりはきます」
共感&元気になれる面白ハッシュタグ【#不真面目育児のススメ】って?

共感&元気になれる面白ハッシュタグ【#不真面目育児のススメ】って?

【#不真面目育児のススメ】のハッシュタグ付きツイートが注目を浴びています☆【不真面目】と聞くとネガティブなイメージでしょうか?いえいえ!そうではないんです。おもしろツイートや共感できるツイートで元気になること間違いなし!
二人目育児は上の子のケアが大切。下の子と同じくらい上の子に気を使いたい

二人目育児は上の子のケアが大切。下の子と同じくらい上の子に気を使いたい

望んで産んだはずの二人目…上の子で慣れているからか育児は思ったほど大変ではなかったけど、上の子のケアが大変でした。ママもこうしてママとしての経験を積んでいくんだなぁ、と毎日思いながら二人の子育てに奮闘しています。
ちょっと力を抜いて、赤ちゃんとの時間を楽しんでみませんか?

ちょっと力を抜いて、赤ちゃんとの時間を楽しんでみませんか?

毎日、自分の時間をほとんど使って、睡眠も十分に取れないままに、ママは赤ちゃんのお世話を頑張っています。毎日お疲れ様です。赤ちゃんのお世話に必死になる思いはとてもよくわかりますが、ちょっと肩の力を抜いて赤ちゃんとの時間を楽しんでみませんか?
子供はみんな、ママの宝物。上の子だから、下の子だからと言わないで。

子供はみんな、ママの宝物。上の子だから、下の子だからと言わないで。

子供を連れて外出すると、たくさんの人に声をかけてもらえますよね。可愛がってくれたり、育児を頑張っているママをいたわってくれたり…しかし、時にはちょっとした声かけがママを辛くさせる、そんなこともありますよね。
あべようこ(@montessorimanga)さんのイヤイヤ期対処法がタメになる*

あべようこ(@montessorimanga)さんのイヤイヤ期対処法がタメになる*

誰もが通るイヤイヤ期。これがなかなか大変なんですよね・・・なぜ「イヤだ!」ばかり言うのか、イヤイヤ期にはどう接したら良いのかなど、あべようこ(@montessorimanga)さんのイヤイヤ期対処法をご紹介します。

この記事のキュレーター

nozomi nozomi