特集記事

今注目の記事

2016年6月16日 更新

排卵痛って誰でもあるの?痛む時の対処法は?!

排卵日が近づくと、下腹部がチクチク痛む「排卵痛」。出産を機に感じるようになる人も多いようです。 痛みの感じ方にも個人差があるようですが、排卵痛はどうして起こるのでしょう。そして痛みを感じる時の対処法は?

排卵痛ってなに?

排卵痛は排卵が起こる前日から翌日にかけて、卵巣付近に感じる痛みの事を言います。
「黄体期」と言われる排卵日から次の生理開始までの期間は、生理周期に関係なく約14日です。つまり、次回生理予定日の約14日前が排卵日ということになります。

生理周期が28日の人であれば、生理が始まってから13~15日後あたりが排卵日の可能性が高く、その時期に痛みが現れたときは排卵痛の疑いがあります。
Instagram (20221)

排卵痛の原因は?

排卵痛を引き起こす原因は、排卵によっておこる体の変化や現象によると考えられています。

原因① 排卵時の痛み

排卵時は、卵子が細胞を突き破って卵胞から飛び出します。その際に痛みを感じることがあります。卵胞はとても小さな細胞ですが、人によってはこの突き破られた際に痛みを感じると言われています。
Instagram (20226)

原因② 排卵時に起こった出血などの痛み

排卵の際には原始卵胞がはじけて卵子を送り出します。その際に卵巣の表面を突き破って、出血することがあります。その際に痛みを感じることがあるようです。

原因③ 排卵前の卵胞の腫れによる痛み

卵巣内の卵胞が成熟すると卵子が排卵されます。卵胞は成熟すると大きくなって少し腫れたような状態になりチクチクとした痛みを感じることがあります。
Instagram (20231)

出産を機に排卵痛を感じるママが多くいます。

出産により骨盤がゆがんで腰痛を感じたり、卵巣の働きが悪くなったりすることがあるのです。卵巣の働きの低下により、ホルモンバランスが崩れ排卵痛を感じるようになるといわれています。
産後の骨盤ケアもとっても大事なんですね。
23 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

産後の生理はいつ来るの?母乳に影響はあるの?素朴な疑問を解決します☆

産後の生理はいつ来るの?母乳に影響はあるの?素朴な疑問を解決します☆

妊娠してから止まっていた生理。出産後は1年近く来ないというけれど、本当にそうなのか?母乳の質や味は変わるのかなど調べてみました。
一体なぜ?!初産婦よりも経産婦の方が『後陣痛』が辛いって本当?改善策が知りたい☆

一体なぜ?!初産婦よりも経産婦の方が『後陣痛』が辛いって本当?改善策が知りたい☆

やっと終わった出産。その後に待ち受けているのが後陣痛という痛み。この痛み初産婦よりも経産婦の方が強いと言われているのですがご存知でしたか?一体どうして経産婦の方が痛むのでしょうか?!
産後の体調不良が心配…事前に知っておきたい体調の変化とは!?

産後の体調不良が心配…事前に知っておきたい体調の変化とは!?

産後は多くのママが、自分自身の体調の変化に驚きます。赤ちゃんとの新生活をスタートさせる中で、予想もしていなかった事態に戸惑わないためにも、どのような体調不良があるのかを知っておきましょう。
産後の尿モレ、いつまで続く?原因と対策は?

産後の尿モレ、いつまで続く?原因と対策は?

産後、尿モレに悩んでいるママも多いのではないでしょうか。誰にも相談できない悩みなので、辛いですよね。どうして尿モレが起きるのか、どうすれば治るのか、まとめました!
孤独、自分一人が頑張っている気がする・・・育児中のママの孤独

孤独、自分一人が頑張っている気がする・・・育児中のママの孤独

今まで仕事をしていたママは特に感じる育児の孤独・・・新しい命を迎えられて幸せ絶頂のはずのママが孤独を感じ、辛く感じてしまうのはなぜでしょうか・・・孤独から抜け出す方法や、一人きりじゃないと思える方法などをまとめました。
産後の免疫低下…ママがするべきことをまとめてみました。

産後の免疫低下…ママがするべきことをまとめてみました。

産後、体調を崩しやすくなった…そんなママたちのためにできることをまとめました。

この記事のキュレーター

moyong moyong