特集記事

今注目の記事

2018年7月12日 更新

2人目妊娠中!上の子との接し方で気を付けておきたいポイント☆

1人目の時とは違う2人目妊娠中の生活☆お腹の中の赤ちゃんばかりに気を取られていませんか?赤ちゃんが産まれてからではなく妊娠中も上の子との接し方で気を付けておきたいポイントがあります。

下の子ばかりに注目しない!

まず、妊娠中から下の子ばかりに話題が集中しないようにしましょう!
これは産まれてからも同じです。

お腹の中の赤ちゃんがメインになって大人が盛り上がってしまうと、上の子は面白くない事も…。
複数大人がいたら誰か1人は上の子にかまってあげたり、ママが後から必ずフォローしてあげることが大切です♥

下の子ばかりに注目すると上の子は寂しさを感じて、ママの気を引きたい思いから赤ちゃん返りをしてしまうことがあります。
 (139071)

「〇歳だから」で優越感を!

上の子に言ってしまいがちなのが…
「お兄ちゃんだから、お姉ちゃんだから」ママも小さい頃に言われた経験があるのでは?

「お兄ちゃんなんだからおもちゃを貸してあげなさい!」
「我慢しなさい!お姉ちゃんなんだから!」など。

この言葉は使わない方がいいですよね。
好きでお兄ちゃん、お姉ちゃんになったわけじゃないし「なんでお兄ちゃんは我慢したり怒られたりするのに、下の子は何も言われないの?」と寂しい思いをさせたり、ママや下の子に対して反発する心が芽生えてしまいます。
それを「〇歳だから」という言葉に置き換えてあげましょう♥

「4歳だからお手伝いできるよね!すごいねー」
下の子が産まれたら「〇〇ちゃんは0歳だけど〇〇くんは5歳だからおもちゃも片付けられるよね」
など下の子より年齢が大きいということだけで、上の子は喜びや優越感を得ることができるんです。

年齢のパワーは大きいです★

お手伝いの積み重ねを♥

妊娠中からお手伝いの経験をしてもらいましょう♪
どんな小さなことでもいいのです。

妊娠中は赤ちゃんが使うグッズをお店で一緒に選んでもらったり、産まれてからはオムツを持ってきてもらったりミルクを飲ませてあげたり…。
下の子の為のお手伝いをすることでお兄ちゃん・お姉ちゃんとしての自覚が芽生えてくるんです◎
 (139075)

言葉で「もうすぐお姉ちゃんになるんだよ」と伝えるよりも、日々下の子の為のお手伝いを続けていけば、上の子の心の準備にもなりそうですよね♪

お手伝いをしてくれたらいつもより大げさに褒めて「ありがとう〜〜!!」と言ってあげれば、上の子も達成感を得られます。今後もお手伝いを進んでしてくれるようになりますよ♡

上の子をVIP待遇に★

下の子ができるとどうしても優先しちゃいますよね…もちろんママだって上の子とちゃんと接してあげたいけれど、妊娠中はつわりで、産まれてからは授乳やオムツ替えなどでバタバタしてしまったり。。

下の子ばかりのお世話をすると「下の子ばっかり…私は?」と寂しい思いをさせてしまうことに…。
 (139077)

産まれたまばかりの赤ちゃんは「お兄ちゃんばっかり」などの寂しさや嫉妬心がないので、今こそ上の子を優先して構ってあげましょう。

上の子をVIP待遇して褒めたり甘えさせたりしてOK♡
スキンシップを多めにして「おにいちゃん、おねえちゃんのことも大事!」ということを言葉や態度で表現してみましょう♪
赤ちゃんのお世話だけに集中できない2人目の妊娠。

下の子のお世話&上の子のフォローと慣れないうちはママも大変かもしれませんが、今のうちに上の子のフォローをきちんとしておけば、将来はきっと頼れる味方になってくれるはずですよ★
16 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

先輩ママあかね(@akane4334)さんの育児イラストがとっても勉強になる!

先輩ママあかね(@akane4334)さんの育児イラストがとっても勉強になる!

あかねさん(@akane4334)は年頃の女の子と男の子を育てている2児の母で、Instagramで育児の事や日常生活をイラストにされています。長年子育てをされてきたあかねさんの描く育児イラストはとっても勉強になります♪
7万8千人のフォロワーがいる『こんぶ(@ookmboo)さん』の育児絵日記*

7万8千人のフォロワーがいる『こんぶ(@ookmboo)さん』の育児絵日記*

Instagramで7万8千人のフォロワーがいるこんぶ(@ookmboo)さんは、1歳の男の子を育てるママです。こんぶさんの描く育児絵日記がとても素敵なので、紹介させていただきます♪
知っておきたい【4歳の壁】ママの上手な対処法とは?

知っておきたい【4歳の壁】ママの上手な対処法とは?

ママの間では【魔の3歳児】という言葉が定着していますが、4歳にも【4歳の壁】といわれる言葉があります。一体それはどういうことなのでしょうか?
「消極的な子」「打たれ弱い子」はママとの関係が影響しているかも?

「消極的な子」「打たれ弱い子」はママとの関係が影響しているかも?

ママも心配になる【消極的な子】や【打たれ弱い子】。もともとの性格もある反面、ママとの関係が影響していることもあるようですよ。
rinko(@matuumekko)さんの育児絵日記に癒されよう♡

rinko(@matuumekko)さんの育児絵日記に癒されよう♡

rinko(@matuumekko)さんはInstagramで育児絵日記を描いている2児のママです♪イラストのタッチや、子育てエピソードにほっこりすること間違いなし♡
イヤイヤ期とはわかっているけど…どうしたらいいの?オススメ対応&NG対応とは?

イヤイヤ期とはわかっているけど…どうしたらいいの?オススメ対応&NG対応とは?

誰もが通る幼児期のイヤイヤ期「一体どうすればいいの?」と途方に暮れてしまうママも多いと思います。ママの対応ひとつでイヤイヤ期のお子さんの様子も変わるかもしれませんよ。

この記事のキュレーター

momoco momoco