特集記事

今注目の記事

2019年1月24日 更新

痛くて辛い乳腺炎・・・皆さんの乳腺炎対策をチェック!

一度なったことがある方ならご存知かと思いますが、乳腺炎って本当に辛いんですよね。乳腺炎になりかけかも?と思ったら、これ以上悪化しないように早めに対策しましょう!Instagramで皆さんがしている乳腺炎対策方法を紹介します。

乳腺炎が怖い・・・

【乳腺炎】を一度は経験したことのあるママなら分かると思いますが、乳腺炎って本当に辛いんです。まずおっぱいの一部分が痛くなり、そこから風邪の症状のような悪寒、関節痛、頭痛、発熱などの症状が出てきます。私も3人産みましたが3番目以外は数回経験済みで、おっぱいが痛くなってくると乳腺炎にならないか怯えています。

乳腺炎には母乳が溜まって起こるうっ滞性乳腺炎、細菌感染により起こる急性化膿性乳腺炎の2種類あります。うっ滞性乳腺炎は、何らかの原因により母乳が乳腺の出口で詰まってしまい炎症が起こることです。その状態で乳腺が細菌感染してしまうと、急性化膿性乳腺炎を発症してしまいます。

「おっぱいにしこりができて、そのしこりを触ったとき痛む」この状態になったら要注意です。ひどくなる前にできることをして予防していきましょう!
今回はInstagramで皆さんが行っている乳腺炎対策を紹介します。

皆さんの乳腺炎対策を紹介!

じゃがいも湿布



昔ながらの乳腺炎対策「じゃがいも湿布」です。

皮を剥いて芽を取り除いたじゃがいもをすりおろして、小麦粉を混ぜて酢を少し入れます。
半分に折ったキッチンペーパーの半面にじゃがいもをのせて広げた後、もう半面を折りたためば完成ですが、ガーゼなどで包む方が服が汚れにくいので良いかもしれませんね。

種は緩すぎても服が汚れてしまいますし、固すぎても伸ばしにくいので、少しずつ足していき調節してください。
小麦粉は米粉でも代用できるようなので、アレルギーがある方は米粉が良いかも?

交換の目安としては4~6時間くらいで、じゃがいも湿布が乾燥すれば交換してください。
丸一日であれば冷蔵庫で保存できるので、少し多めに作っておくのがオススメです。

万が一赤ちゃんの口に入ってしまっても安全ですし、実際に効果を感じた方もいるとのことなので、試してみる価値ありですね。

ハーブティー



AMOMAのミルクスルーブレンドティーは、イギリスのハーバリストと授乳ケアの専門家が共同で開発して生まれたハーブティーです。

レッドクローバー、グリーバーズ、マリーゴールド、レモンバーベナ、エキナセア、スペアミントの6種類のオーガニックを使用しています。
血液の流れを良くし、老廃物を流してくれることにより、母乳をサラサラにしてくれます。食後に一杯飲むことで、母乳トラブルを回避してくれます。

授乳中だからといって、好きなものを我慢するのはつらいですよね・・・
これがあれば気にせず食べられるようになったとの声があり、授乳期のママをサポートしてくれるはずです。

なり始めには葛根湯


View this post on Instagram

先日、また乳腺炎になり母乳外来を受診しました(._.)本当に詰まりやすくて今でも月に一度はメンテナンスを兼ねて母乳外来に通っています。 . 私のようにうつ乳や乳腺炎で悩んでいる人もいると思うので、同じ悩みを持っている方たちの悩みが少しでも減ればと思い、自分への記録も兼ねて投稿させていただきます😊 . ただ私の場合なので、こんな方法もあるんだな〜っという感じで捉えていただければ嬉しいです🙆‍♀️ + + + 私の場合、出産してすぐから母乳がよく作られる体質だったようで出産後退院してから今まで完母です。他の方からはよく出るなんていいね、経済的だね、なんてよく言われました😐でも出がいいのも良し悪し。 最初の1.2ヶ月は本当に月に何度も何度もうつ乳で苦しめられました。 ちゃんとした病院で乳腺炎と診断されたのは2度だけですが🙆‍♀️ . 母乳外来では先生に名前を覚えられてしまうくらい常連さんで申し訳ないくらいです😭 そこで私が教わったことや自分がやって効果的だったことをいくつか記載します✨ + + + うつ乳の場合 チクチクズキズキ危ないと感じたら… *フットボール抱きと横抱きで交互に飲んでもらう。とにかく沢山飲んでもらいます。何時間置きと言わず、泣いたらおっぱいでした。搾乳は母乳を取りすぎてしまうため、悪化させてしまうようです😭私は悪化した人です💦 *乳首に白斑がないか確認。 *全ての穴から母乳がでているか確認。 *乳首をタオルの端っこでグリグリ擦る。 これ、痛いです。でもこれをやると大体のつまりはいつも取れます😊!!先生から教わったとっても効果的な方法です💪 *擦ったあとすぐに飲んでもらう。 + + + *白斑のあるところにシャワーを強めに当てる。すると白斑が少し浮いてきます。そのタイミングでタオルの端っこでグリグリ擦ったり、つまんだりすると白斑が爆ぜて、母乳がぴゅー!っとでてきます🙆‍♀️ これは白斑ができてる時にする最近私が覚えた方法です。あんまりやりすぎると乳首を痛めて炎症を起こすのである程度やって取れなかったらやめてくださいね☠️ . だいたいこの方法でいつもうつ乳つまりは取れます。 + + + 乳腺炎の場合 *触ったりいじくり回さない! *とにかく飲んでもらう。 *熱が出たら即病院へ 乳腺炎になったらやっぱり病院に頼るのが一番だと思います。抗生剤を飲むのが一番です。 + + + 〜うつ乳、乳腺炎の予防策〜 *葛根湯を飲む。 これはなり始めにいいです。 *お風呂にはなるべく浸からない。 温まると私の場合張りが強くなりました。 *お風呂で洗うとき泡でしこりがないか毎回チェックする。 *飲ませる前に縦横にかる〜くマッサージ。 *フットボール抱きで飲ませる。 飲み残しができず詰まらなくなります。 . あと私が一番効いたな〜っと思ったのは、AMOMAのミルクスルーブレンドのハーブティーです。義理の妹さんにいただき、詰まりまくって辛かった時期、一時期これ飲んだらつまらなくなりました! . あくまでも私の場合なので、軽く読んでください🙇‍♀️💦 . 最後まで読んでいただきありがとうございました🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️ . #母乳育児 #母乳外来 #母乳問題 #母乳 #母乳過多 #母乳育児奮闘中 #母乳悩み #うつ乳 #乳腺炎 #乳腺炎予防 #乳腺炎対策

離乳食記録さん(@sksk3045)がシェアした投稿 -




おっぱいに痛みが出てきてやばいかも・・・?そう感じたら、まずは赤ちゃんにたくさん飲んでもらうことが大切です。白斑が出たらシャワーで圧をかけて取り除きます。(無理は禁物)
さらにはなりはじめには葛根湯を飲んだり、先ほども紹介したAMOMAのミルクスルーブレンドティーを飲んでいたそうです。

私は現在生後3か月の赤ちゃんを育てていて、つい先日このまま放っておいたら乳腺炎になるかもというような痛みがありましたが、まずとにかく赤ちゃんに飲んでもらいました。

飲んでもらっている間は痛い部分を先端に向かって、つまりをほぐすようなイメージで撫でました。あとは水分を多めに摂るように気を付けました。
赤ちゃんに飲んでもらって自分で優しくマッサージをしてを繰り返すことで、今回は乳腺炎にならずに済みました。
27 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

【体験談】入院中におっぱいが張る「乳房うっ積」とは?

【体験談】入院中におっぱいが張る「乳房うっ積」とは?

命がけの出産が終わり、やっとゆっくりできる・・・!と思いきや、次にやってくるのが「授乳」。軌道にのるまでは次々と母乳トラブルが多発するんですよね。筆者が体験した「乳房うっ積」について紹介したいと思います。
授乳中のママ必見☆うつ乳ってご存知ですか?痛い!辛い!うつ乳にならない為にしておきたい事とは?

授乳中のママ必見☆うつ乳ってご存知ですか?痛い!辛い!うつ乳にならない為にしておきたい事とは?

乳腺炎の一歩手前の状態であるうつ乳。うつ乳になったかも!?と感じた場合は、いち早く改善することをオススメします!!そうすることで乳腺炎にならずに済みます☆うつ乳を予防&改善する方法をご紹介します!
授乳中のママ必見!痛~い乳腺炎を知って予防しよう!

授乳中のママ必見!痛~い乳腺炎を知って予防しよう!

乳腺がつまって炎症を起こしてしまい、発熱やひどい痛みを伴う「乳腺炎」。予防するにはどうしたら良いでしょうか?
母乳で育てたいママ必見!ハーブティーでトラブル解消

母乳で育てたいママ必見!ハーブティーでトラブル解消

大切な赤ちゃんを母乳で育てたいけれど、母乳不足や乳腺炎などトラブルに悩んでいるママやこれから出産を控えて心配しているプレママは必見です。母乳外来でもお勧めされているおっぱいトラブルにきくハーブティーをご紹介します。
【育児絵日記】痛い!辛い!乳腺炎にはなりたくない!~おっぱいトラブル編~

【育児絵日記】痛い!辛い!乳腺炎にはなりたくない!~おっぱいトラブル編~

乳腺炎になったことがある方はご存知だと思いますが、おっぱいの痛みだけではなく、発熱、悪寒、関節痛、頭痛もあったりして本当につらいんです・・・今回はそんな乳腺炎についての育児絵日記を紹介したいと思います。
頻回授乳はいつまで?身体を痛めない授乳方法は?

頻回授乳はいつまで?身体を痛めない授乳方法は?

母乳育児が軌道にのるまでは2~3時間おきの頻回授乳になる場合が多くなります。昼夜問わずの授乳に「いつまでこれが続くの…」とぐったりしてしまいますよね。頻回授乳中は特に授乳姿勢に気をつけて身体を痛めないようににしてください。

この記事のキュレーター

nozomi nozomi