特集記事

今注目の記事

2018年3月12日 更新

体験レポ★便利と言われる『電動鼻吸い器』って実際どうなの?

風邪の時はもちろん、花粉や黄砂、PM2.5などで鼻水が出やすい状態になりますよね。そこで大活躍するのが「電動鼻吸い器」です!実際に使ってみた感想をレポします☆

鼻水はけっこう厄介…

小さな子供の鼻水は、大人がしっかりケアしよう

赤ちゃんはもちろん、小さな子供は自分で鼻をかむことが出来ません。

大人がケアしてあげる必要があります。

昔は大人が口で吸っていたようですね。
現在は、お手軽な鼻吸い器がたくさん販売されています。
Amazon | 丹平製薬 ママ鼻水トッテ (0歳から対象) 耳鼻科の先生が考案した、お口で吸うタイプの鼻すい器 | 0-3か月 | ベビー&マタニティ 通販 (125820)

ママ鼻水トッテ
¥612(税込)

鼻をかめるようになるのはいつから?

子供が鼻をかめるようになると、鼻水のケアがぐんと楽になります。

もちろん個人差がありますが、早い子だと2歳半くらいから鼻をかめるようになるようです。
ほとんどの子は、3歳にはかめるようになります。
 (126426)

奥の鼻水は中々取れない…

鼻をかめるようになっても、鼻の奥にある鼻水は中々取れないようです。
「ちょっと奥の方に鼻水が残ってて気持ち悪い!」という感覚は誰でも感じたことがあるでしょう。

それに、あまりにも強い力で鼻をかみ過ぎると、耳がつまることもよくあります。
とっても不快ですよね…

電動鼻吸い器を使ってみた感想☆

我が家には6歳、3歳、0歳の子供がいます。

6歳の子は花粉症で、そろそろ症状が出てきています。
0歳の子は、当然鼻がかめません。

0歳の子が風邪をひいてしまった時、口で吸うタイプの鼻吸い器を使っていました。
しかし、鼻水がしつこく残り、中々スッキリしないようでかわいそうでした。

また、6歳の子も、ずっと鼻をかんでいる状態で中々スッキリしない様子。
鼻がつまったり鼻水が出たりして、遊びにも集中できなくてイライラしていました。

「電動鼻吸い器を買ってみようかな…」そう思った瞬間でした。

我が家が購入した物はコレ!

【楽天市場】【公式】メルシーポットS-503(電動鼻水吸引器)NEWモデル!【当日出荷】【送料無料】:ベビースマイルショップ (125846)

メルシーポット
¥11,000(税込)
悩みに悩んだ末、我が家が購入したのは「メルシーポット」という電動鼻吸い器です!

楽天の電動鼻吸い器でランキング1位、総合的にみて使いやすいと評判なんです。
28 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

ママ達が使って良かったと絶賛♪『#神アイテム』をチェック*

ママ達が使って良かったと絶賛♪『#神アイテム』をチェック*

世の中には育児グッズがたくさん溢れているので、どれを選べば良いのか分からないですよね。子育て中のママ達が実際に使って良かった!と絶賛している育児グッズを紹介したいと思います☆ぜひ参考にしてみてくださいね!
コストコ*子育て中ママがイチオシするベビー用品*

コストコ*子育て中ママがイチオシするベビー用品*

コストコには食品をはじめ、日用品や衣料品など色々な商品が揃っていますよね。今回は子育て中のママがこぞってオススメしているベビー用品を紹介します!
母乳からミルクへの移行がスムーズに!"mimijumi"の哺乳瓶

母乳からミルクへの移行がスムーズに!"mimijumi"の哺乳瓶

2008年にアメリカで誕生したmimijumiという哺乳瓶をご存知でしょうか?2人の小児精神科医と1人の工業デザイナーによって4年の研究開発を経て作られた哺乳瓶です。母乳育児から哺乳瓶への移行がスムーズにできる優れものです☆
*ベビーキャリア新作情報*エルゴベビーから新商品が発売!

*ベビーキャリア新作情報*エルゴベビーから新商品が発売!

2018年6月にOMNI360クールエアが発売、2018年7月1日にアカチャンホンポでOMNI 360 クールエアの NEW COLORが先行発売になります☆ベビーキャリアをお探し中のママ必見です!!
オーストラリア発*Love To Dream*のNEWおくるみが新鮮!

オーストラリア発*Love To Dream*のNEWおくるみが新鮮!

オーストラリア発のブランドLove To Dream(ラブトゥードリーム)のおくるみをご存知ですか?ありそうでなかった、スワドルアップで赤ちゃんもぐっすり眠れるかも♪
あのCMで話題沸騰中!!ごっつん防止リュックが可愛すぎる♡

あのCMで話題沸騰中!!ごっつん防止リュックが可愛すぎる♡

AmazonのCMがきっかけで話題沸騰中の『ごっつん防止リュック』をご存知でしょうか?赤ちゃんの頭を守るための画期的なアイテムなのですが、その姿に愛しいが止まらなくなっちゃうかも!?

この記事のキュレーター

サナ サナ