特集記事

今注目の記事

2018年3月12日 更新

体験レポ★便利と言われる『電動鼻吸い器』って実際どうなの?

風邪の時はもちろん、花粉や黄砂、PM2.5などで鼻水が出やすい状態になりますよね。そこで大活躍するのが「電動鼻吸い器」です!実際に使ってみた感想をレポします☆

鼻水はけっこう厄介…

小さな子供の鼻水は、大人がしっかりケアしよう

赤ちゃんはもちろん、小さな子供は自分で鼻をかむことが出来ません。

大人がケアしてあげる必要があります。

昔は大人が口で吸っていたようですね。
現在は、お手軽な鼻吸い器がたくさん販売されています。
Amazon | 丹平製薬 ママ鼻水トッテ (0歳から対象) 耳鼻科の先生が考案した、お口で吸うタイプの鼻すい器 | 0-3か月 | ベビー&マタニティ 通販 (125820)

ママ鼻水トッテ
¥612(税込)

鼻をかめるようになるのはいつから?

子供が鼻をかめるようになると、鼻水のケアがぐんと楽になります。

もちろん個人差がありますが、早い子だと2歳半くらいから鼻をかめるようになるようです。
ほとんどの子は、3歳にはかめるようになります。
 (126426)

奥の鼻水は中々取れない…

鼻をかめるようになっても、鼻の奥にある鼻水は中々取れないようです。
「ちょっと奥の方に鼻水が残ってて気持ち悪い!」という感覚は誰でも感じたことがあるでしょう。

それに、あまりにも強い力で鼻をかみ過ぎると、耳がつまることもよくあります。
とっても不快ですよね…

電動鼻吸い器を使ってみた感想☆

我が家には6歳、3歳、0歳の子供がいます。

6歳の子は花粉症で、そろそろ症状が出てきています。
0歳の子は、当然鼻がかめません。

0歳の子が風邪をひいてしまった時、口で吸うタイプの鼻吸い器を使っていました。
しかし、鼻水がしつこく残り、中々スッキリしないようでかわいそうでした。

また、6歳の子も、ずっと鼻をかんでいる状態で中々スッキリしない様子。
鼻がつまったり鼻水が出たりして、遊びにも集中できなくてイライラしていました。

「電動鼻吸い器を買ってみようかな…」そう思った瞬間でした。

我が家が購入した物はコレ!

【楽天市場】【公式】メルシーポットS-503(電動鼻水吸引器)NEWモデル!【当日出荷】【送料無料】:ベビースマイルショップ (125846)

メルシーポット
¥11,000(税込)
悩みに悩んだ末、我が家が購入したのは「メルシーポット」という電動鼻吸い器です!

楽天の電動鼻吸い器でランキング1位、総合的にみて使いやすいと評判なんです。
28 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

離乳食の適温を教えてくれる♪【温度感知スプーン】が便利☆

離乳食の適温を教えてくれる♪【温度感知スプーン】が便利☆

生後5か月頃から離乳食が始まりますが、赤ちゃんが食べやすい『適温』があるのをご存知でしょうか?温度感知スプーンは赤ちゃんが食べやすい適温を教えてくれる便利なアイテムです!
声が聞こえるから別室にいても安心!6,500円以下の【音声モニター】4選

声が聞こえるから別室にいても安心!6,500円以下の【音声モニター】4選

赤ちゃんの様子が分かるベビーモニターって便利だけれどちょっぴりお値段も高いですよね。姿は見えなくても赤ちゃんの声だけ拾えれば十分!なママにオススメなのが【音声モニター】です。赤ちゃんが泣いたらお知らせしてくれるので便利です!
月齢に合わせて選ぼう!【EDISON mama】の歯ブラシ4選*

月齢に合わせて選ぼう!【EDISON mama】の歯ブラシ4選*

歯が生え始める生後5~6か月頃になれば、毎日歯磨きが必要になります。今回はEDISON mama(エジソンママ)の歯ブラシを紹介します。月齢に合った歯ブラシを選んで、きちんと歯磨きをしましょう!
重宝すること間違いなし*エジソンママの香るおむつパック*

重宝すること間違いなし*エジソンママの香るおむつパック*

今回紹介する“エジソンママの香るおむつパック”は、ベビーパウダーの良い香りがするおむつ専用のごみ袋です。コスパが良く使い勝手の良いアイテムなので、お出かけ時にも役立ってくれるはずです!
 フランス生まれのお昼寝マット“コクーナベビー”で背中スイッチOFF!

フランス生まれのお昼寝マット“コクーナベビー”で背中スイッチOFF!

フランス生まれCocoonababy(コクーナベビー)のお昼寝マットは、赤ちゃんの背中スイッチをオフにしたまま寝かせることができる便利グッズです。医療従事者によって開発されたものなので、安心してお使いいただけます☆
*安全対策*赤ちゃんの寝返り対策グッズ&家にあるもので代用★

*安全対策*赤ちゃんの寝返り対策グッズ&家にあるもので代用★

一般的には生後6か月~7か月頃になると寝返りができるようになるといわれていますが、この時期はうつ伏せによる窒息に注意しましょう。赤ちゃんの寝返り対策グッズや、お家であるもので代用できるアイデアを紹介します。

この記事のキュレーター

サナ サナ