特集記事

今注目の記事

2017年8月29日 更新

男の子にオススメしたい、習い事12選☆

幼稚園や小学校に入ったら、そろそろ習い事を始めた方が良いのかな?と考え始めますよね。男の子にオススメの習い事やそのメリット・デメリットを紹介します。ぜひ参考にしてみてください☆

スポーツ系の習い事

スイミング

<メリット>
・風邪をひきにくくなる
・水嫌いが治る
・呼吸器系が強くなる
・全身運動なので、持久力やバランスの良い筋肉がつく
・天候に左右されない


<デメリット>
・プールには塩素が含まれていて、目が赤くなったり、髪や皮膚がカサカサになる場合がある
・鼻や耳が弱い人は、ひどいと結膜炎になる可能性もある


塩素がきつかったり、夏場に水いぼがうつりやすくなったりするので、プールのあとはお風呂に入ってしっかり塩素を落とすことが大事です。
費用の面でも通いやすく、小・中・高の授業で水泳がある学校も少なくないと思うので、泳げるようになるのは、将来的にもプラスになると思います☆

サッカー

<メリット>
・ボール一つで、気軽に自主練ができる
・低年齢からスタートできる(幼稚園くらいから始める子も)
・教室やクラブで協調性が養われる
・自分自身で考えて努力したり、粘り強くなる
・先を読む力が身に付く


<デメリット>
・接触プレイが多く、ケガにつながりやすい
・試合や遠征がある場合、親の負担が大きい
・ユニフォームや靴の洗濯が大変


サッカーは気軽に始められ、人気もありますが、毎回送迎をしたり、チームや教室によっては練習中ずっと見てなければいけないというところもあります。親の出番が多いかも!?というのは確認しておいた方が良いですね。
 (11896)

野球

<メリット>
・ポジションが明確なので、責任感が身に付く
・上下関係や挨拶などの礼儀が身に付く
・チームワークが大事なので、協調性が養われる
・投げる、走る、打つ、守るすべて行うので、技術や瞬発力、脚力などの力がつく


<デメリット>
・揃えなければいけない用具が多いのでお金がかかる
・肩や肘など壊しやすい
・練習試合が多いので、親の出番が多くなる
・ユニフォームが泥だらけになる場合もあるので、洗濯が大変


デメリットは、子供にとってのデメリットではなく、親の負担が大きくなるというのが一番ですね。遠征や合宿などがあるチームもあるので、こちらもサッカー同様事前に確認しておきましょう。
 (101356)

体操

<メリット>
・身体が柔らかくなる
・小学校の体育も楽々できるようになる(跳び箱や鉄棒、マット運動)
・礼儀が身に付く
・運動神経だけではなく、瞬発力や動体視力が養われる
・基礎体力がつく


<デメリット>
・お金がかかる
・ケガの恐れがある
・小さい頃に筋肉をつけすぎると背が伸びなくなるといわれている


体操をしていると、跳び箱や鉄棒など小学校の授業で避けては通れないですよね。小さい頃から習っていれば、それらに対する恐怖心が少なくなったり、身体も柔らかい方がケガもしにくくなりますね。また色んな種目が出来るので飽きっぽい子どもでも楽しめそうです☆

空手

<メリット>
・痛みを知るので、相手に対して乱暴しなくなる
・武道精神が身に付く
・護身ができるようになる
・忍耐力・精神力・体力が身に付く

<デメリット>
・練習中のケガ
・やんちゃな子の場合、習い事意外で使う可能性もある


空手には、フルコンタクト空手と伝統空手があり、フルコンタクト空手は実際に当てる空手で、伝統空手は寸止めと空手型なので、その教室によって流派が違ってきます。

空手以外では使わないときっちり指導されていれば、デメリットに挙げたような乱暴する子もいないでしょうが、始める前に先生や教室をしっかりと見てから決めた方が良いと思います☆

自分の身を守れるように、護身が出来るようになっていれば親としても安心ですね。
 (101357)

ダンス

37 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

うちの子もしかして天才児?ギフテッドって何?

うちの子もしかして天才児?ギフテッドって何?

「ギフテッド」とは生まれつき平均よりも高い知能を持っている人のことで、アメリカではギフテッドの子供へ特別なプログラムがあります。今回はギフテッドの特徴やギフテッド教育についてまとめました。
『英語は3歳まで』って本当!?小学校では英語教育が必修化に!

『英語は3歳まで』って本当!?小学校では英語教育が必修化に!

2020年から小学校での英語教育が必修化になります。早いうちから学ばせたら良いのかな…と考えるママたちが増えているようですが、実際のところは??
欧米では主流!自立心を育てるモンテッソーリ教育って何?

欧米では主流!自立心を育てるモンテッソーリ教育って何?

日本では幼児教育の一つとして知られるモンテッソーリ式教育をご存知ですか?最近では藤井四段がモンテッソーリ幼稚園に通っていたことで注目を集めています。モンテッソーリ式教育の特徴やメリット・デメリットについて、アメリカのモンテッソーリ校で勤務経験のある筆者が経験談をもとにご説明します!
やっぱり英語はしゃべってほしい!でも何歳からがベスト?

やっぱり英語はしゃべってほしい!でも何歳からがベスト?

英語が話せなくて苦労した経験がある人なら、我が子には同じ思いをさせたくないと思うものですよね。最近では子供の英語教育熱が高まっており、幼稚園で取り入れるところもあるほどです。我が子に英語を習わせるなら何歳からがよいのか、年齢別におすすめの英語学習方やおすすめの絵本などをご紹介します☆
右脳を鍛える☆七田式トレーニングって何?

右脳を鍛える☆七田式トレーニングって何?

子供の脳を鍛えるには、物事を「考える」のではなく「イメージでとらえて実現する」ことが大切になります。そのためには、左脳ではなく右脳を鍛えることが大切と言われています。今回は、右脳教育で有名な「七田式」についてご紹介したいと思います。
『早期教育』は楽しむことに意味がある!楽しく学ぶために親が出来ること

『早期教育』は楽しむことに意味がある!楽しく学ぶために親が出来ること

子供の習い事は3歳からが良いって本当!?始める時期が早いほど、将来につながる可能性が高いの!?

この記事のキュレーター

nozomi nozomi