特集記事

今注目の記事

2018年9月12日 更新

なんで泣くの…?まだまだ感情のコントロールができない子供への接し方ってある?

急に泣いたり、ママにとってはなんでもないようなことで怒ったりする子供に四苦八苦していませんか? まだまだ感情のコントロールができない子供…どう接すればいいのでしょうか?

「なんでこんなことで怒るの?」
「泣きだしたら止まらない…どうしたらいいの?」

感情がコントロールできないお子さんに対して、ママは日々悩んでしまいますよね。
これ!という正解のない育児、最善の接し方はあるのでしょうか?

感情のコントロールがなかなかうまくいかない

 (148286)

例えば…友達とおもちゃで一緒に遊んでいて「そのおもちゃ貸して」と言われた時。

感情をコントロールできれば「お友達も一緒にこのおもちゃで遊びたいんだな」と思ったり、「じゃあ一緒に使おうよ」となりますが、それができないと「嫌だ」「貸してよ」「ダメ!!!」と怒ったり泣いたりしてしまうことに。

じゃあどうすればいいの?おすすめな接し方や声掛け☆

①待つことができるようにする

待つことができなくて泣いたり怒ったりしてしまう子供は多いと思います。

まずは、待つことを練習をしてみては?
順番を待つ!というのはとても大切◎感情をコントロールするのにつながります。
階段に座る男の子のストリート感のある写真 | 商用フリーの無料画像素材 (146304)

「おやつは長い針が12のところに来たら食べようか。今は違うからもう少し待ってみよう」と日々の生活の中に取り入れたり、ママと一緒にお絵かきをしてるとき「その色が使いたい」と子供が言い出したら「ママが使ってるからちょっと待ってね。ママの次にいっぱい使えるからね」など、【待つ】という行動を重ねていきましょう◎

待つことができたらしっかり褒めるのも大切です。

②あきらめないといけない事もある

自分の思い通りにいかないことだってたくさんあります。
泣いて怒れば自分の意見が通る!のではなく【諦めないといけないこともある】のをわからせるようにしていきましょう☆

早く泣き止ませたい、騒がないでほしいと思うあまり「少しだけならいいよ」とお菓子をあげたり「おもちゃを買ってあげるから泣かないで」とついついパパやママは子供のいいなりになりがちですが、ここはグッと親子で耐えることが大切です。
梅雨の日の画像|おしゃれなフリー写真素材:GIRLY DROP (146308)

③約束を守ることは大切なこと

子供と【約束を守る】練習をしていきましょう◎

お買い物に行く前に「今日はお菓子は1個だよ」や、おもちゃで遊ぶ前に「終わったら一緒にお片付けしようね」など前もって約束してください。
「いっぱいお菓子が欲しい!」「お片付けしたくない!」と言い出したら、ママは「さっきどんな約束をした?」と聞き、お子さんの口から答えを言わせましょう。

約束を覚えていたり、約束通りの行動をしたときには思いっきり褒めることが重要です。
34 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

嘘をついてしまう子供…何が原因なのでしょうか?

嘘をついてしまう子供…何が原因なのでしょうか?

子供がつく嘘はすぐ嘘だとわかる場合が多いですよね。「うちの子また嘘をついてる!」「なんで嘘なんてつくんだろう」とママが悩んでしまうケースも…何か原因ってあるのでしょうか?
知っておくべき!噛んだり叩いたりする子供への接し方

知っておくべき!噛んだり叩いたりする子供への接し方

まだまだ言いたいことがうまく伝えられない小さな子供は噛んだり、叩いたり、乱暴な態度を取ってしまう事があります。そんな時パパやママはどう子供に接してあげればいいのでしょうか?
困った!「帰らない」と駄々をこねる子を「帰る!」に変える言葉〜年齢別〜

困った!「帰らない」と駄々をこねる子を「帰る!」に変える言葉〜年齢別〜

公園で遊んだあと、保育園や幼稚園の帰り道、お友だちのお家で遊んだ後など「帰らない!帰りたくない!」と言う子供に困った経験はありませんか?そんな時は、こんな声掛けを試してみてください。
育児あるある!?赤ちゃんがテレビを間近で見る!どんな影響が?

育児あるある!?赤ちゃんがテレビを間近で見る!どんな影響が?

テレビを付けると、赤ちゃんは異様に近い場所でテレビを見始めますよね。「視力に問題はないのかな」「テレビを見ることで悪い影響はある?」医師の見解と対策もご紹介します!
おむつ卒業まであと少し!夜のおむつはずしにチャレンジしよう

おむつ卒業まであと少し!夜のおむつはずしにチャレンジしよう

昼間のおむつがはずれたら、今度は夜のおむつはずしにチャレンジですね◎失敗するとお布団が大変なことになるのでなかなかチャレンジできないママも多いのでは?おすすめの時期や方法をご紹介します。
「うるさい!ちゃんとして!」って言ってない?子供に悪影響の声掛けをやめよう

「うるさい!ちゃんとして!」って言ってない?子供に悪影響の声掛けをやめよう

「早くしてよ!」「何回言ったらわかるの?」などお子さんを怒鳴って叱ることはありませんか?お子さんに対する今までの言動を思い出しながら読んでみてください。

この記事のキュレーター

momoco momoco