特集記事

今注目の記事

2018年9月24日 更新

これだけで変わる!子供の心が豊かになる言葉がけの法則☆

子育てをしていれば「どうやって声をかけてあげればいいのかな?」と思う場面も少なからずあると思います。そんな時、子供の心に響く言葉がけの法則があるのなら今すぐ実践してみたいですよね。どんな法則なのでしょうか?

子供はいつも見ています!

子供は私たちが思っている以上に親の姿を見ていて、親の口癖もしっかり把握しています。
パパやママのマネを無意識のうちにしてしまうくらい、親の影響力が大きいのです。

子供に対する言葉がけは【前向きな言葉】【ポジティブな言葉】がいいに決まっていますよね◎
 (149317)

「大丈夫!」「頑張ってるね」など前向きな言葉がけは、気が付けば子供が吸収して子供自身の口ぐせになったり、性格が前向きになったり…少なからず影響があります。

その反対を考えると怖いですよね。

「めんどくさい」「ダメに決まっている」など後ろ向きでネガティブな言葉がけは、先ほどの逆でどんどん子供をマイナス思考にさせたり、不安な気持ちにさせてしまう原因になります。
ネガティブな言葉や態度はとらないよう、大人は注意をする必要があります。

1日何回でも言ってあげよう♪

ポジティブな言葉がけは、1日に何回でも言ってあげましょう!
短くて日常にもすぐ使える言葉がオススメです。
子供にとっても言いやすい言葉を選んでくださいね。
◆ありがとう
◆すごいね
◆大好き
◆頑張ってるね(頑張ったね)
◆大丈夫(なんとかなるよ)
◆〇〇ちゃん、〇〇くんならできるよ

この他にもポジティブな言葉はたくさんあると思います。
大人がどんどんポジティブな言葉を口ぐせにすれば子供の心も豊かに、前向きになってくれるでしょう♪

【共感する】言葉がけも効果的!

子供の心に寄り添うにはまず共感してあげること◎
親が共感してくれると感じた子は、きっと「自分のことをわかってくれている」と安心感を持つはず。ただ単に注意されたり叱られるだけとは、違う気持ちになると思います。

大人だって人から共感されると嬉しくて心が満たされますよね?
共感する言葉がけが心を豊かにしてくれるんです。
 (149318)

【例えばこんなシチュエーション】

◆子供が転んでいつまでも大泣きしている時

「いつまでも泣かないでよ!」「泣き止みなさい」と言いたくもなりますが…これだと子供の気持ちは置いてけぼりです。

「痛かったよね。大丈夫?」とまずは共感することがポイント。
痛いのはもちろん、驚きもあっただろうし、子供によっては恥ずかしさを抱く子もいます。

「びっくりしたよね。恥ずかしくないよ。大丈夫!」など共感の言葉がけをしてあげましょう◎
◆早く出かけたいのに子供がいつまでたっても準備をしない時

「早くしてよ!」と言い放つだけではなく「遊びたいよね。楽しいもんね。でもママは早くおでかけしたいなぁ」と、まず共感して、早く準備をしてほしい理由を合わせて伝えてあげれば子供も理解しやすいですよね。

今からでも大丈夫♡

今まで「ネガティブな言葉がけをしていたな」「共感してあげられてないな」と感じている方もいると思います。

今からでも決して遅くありません!今日から言葉がけの内容を変えればいいだけです◎

感情に流されずただ叱るのではなくまずは【共感する言葉がけ】のワンクッションを!
17 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

嘘をついてしまう子供…何が原因なのでしょうか?

嘘をついてしまう子供…何が原因なのでしょうか?

子供がつく嘘はすぐ嘘だとわかる場合が多いですよね。「うちの子また嘘をついてる!」「なんで嘘なんてつくんだろう」とママが悩んでしまうケースも…何か原因ってあるのでしょうか?
知っておきたい【4歳の壁】ママの上手な対処法とは?

知っておきたい【4歳の壁】ママの上手な対処法とは?

ママの間では【魔の3歳児】という言葉が定着していますが、4歳にも【4歳の壁】といわれる言葉があります。一体それはどういうことなのでしょうか?
『命の大切さ』を教えたい!まずは『命』に触れる機会を作ろう

『命の大切さ』を教えたい!まずは『命』に触れる機会を作ろう

2〜3歳の子供が、蟻を足で踏み潰したり、無駄に花を摘んでしまう…そんな場面を見たことはないでしょうか。すべてに『命』があること、それが大切であることを、どのように教えていったら良いのでしょうか。
幼児期が大切☆子供の心を育む会話術4つのポイント

幼児期が大切☆子供の心を育む会話術4つのポイント

言葉を覚え始める2歳頃から、会話が成立し始める3歳頃。この頃のママの会話術によって、話すこと&聞くことが上手な子供に育つとともに、親子の絆が結ばれます。
パパを頼りに★こんな方法で育児参加を促してみよう!

パパを頼りに★こんな方法で育児参加を促してみよう!

もっとパパに育児参加してほしい…まだまだ慣れないパパにもできること、パパだからこそ頼りにできること☆ご紹介します♪
大丈夫★乳児期の成長は子供自身に任せてOK★楽しんで見守ろう

大丈夫★乳児期の成長は子供自身に任せてOK★楽しんで見守ろう

「他の子と比べてうちの子は…」「育児書通りにしているのに…なぜ?」「周囲の意見が気になる!」そんなママたち必見★大丈夫です!どんな子も必ず成長します!

この記事のキュレーター

momoco momoco