特集記事

今注目の記事

2018年8月27日 更新

赤ちゃんの歯ぎしりが気になる!その原因を歯科医に聞いてみました◎

赤ちゃんの歯ぎしり、「クセになりそうでイヤだな」「歯の形や歯並びは大丈夫なの?」など心配してしまいますよね。筆者の息子も絶賛歯ぎしり中です(笑)気になるのでかかりつけの歯科医に聞いてみました。

「赤ちゃんの歯ぎしりが気になる!」という声多数…

生後9か月の息子は、暇さえあればニコニコしながら歯をギリギリ…としています。
そんなに歯ぎしりをしたら歯が埋まっていきそうで怖いくらいです。(苦笑)

SNSでも「赤ちゃんの歯ぎしりが気になる!」という声が多数寄せられています。


赤ちゃんの歯ぎしりって、音もけっこう大きいんですよね。

それに歯ぎしりしている時はすごく気持ち良さそうというか、楽しそうなんです…なぜ?

かかりつけの歯科医に原因を聞いてみた!

上の子たちの受診のついでに、歯ぎしりの原因について歯科医に聞いてみました。

①歯が生えてきてムズ痒いから

赤ちゃんは大体生後6か月くらいになると歯が生えてきます。
歯が生えてくる時、赤ちゃんは歯茎がムズムズしたり、違和感を感じるようです。

歯が生える際の違和感を解消するために、無意識のうちに歯ぎしりすることがあるようです。

②遊びの一環

赤ちゃんにとって「歯」の存在はとっても不思議なものだそうです。
「この硬いものは何?」という感覚なのかも知れませんね。
歯ぎしりしたり、舌で感触を味わってみたり、手で触ったりして歯の存在を確かめているのだそう。

歯ぎしり中の息子がとっても楽しそうな理由はこれかも!(笑)
そう思うと可愛いですよね♡
 (146315)

「赤ちゃんが歯ぎしりするのはストレスが原因かな?」と考えているママへ。
歯科医によると、赤ちゃんの歯ぎしりとストレスは何の関係もないそうです。

歯が生えている途中はどうしても歯が気になってしまうものなので、歯ぎしりの回数も増えるようなのです。

いわば、赤ちゃんの歯ぎしりは生理現象なのですね。

歯ぎしりとストレスの関係がある可能性が出てくるのは、3歳くらいからのようです。
3歳頃になると歯も生え揃っているため、歯茎のむずがゆさもなくなっているから…とのことでした。

赤ちゃんの歯ぎしりを予防するには?歯がすり減ることはある?

25 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供の「抱っこして!」はいつまで続く?抱っこの重要性も★

子供の「抱っこして!」はいつまで続く?抱っこの重要性も★

子供からよく「抱っこして!」と言われますが、いつまで続くだろうとウンザリしたことはありませんか?実は抱っこは大切なことだったんです。
【人見知りする子供】ママにできる、上手なフォローの仕方とは?

【人見知りする子供】ママにできる、上手なフォローの仕方とは?

人見知りする子供に対し、「どうしてうちの子は人見知りするんだろう」「もっとお友達とうまくやれば楽しいのに…」なんて思ってしまうこともありますよね。そんな子供への上手なフォローの仕方や、今ママにできることとは何なのでしょうか?
朝からグズグズ!起きられない子供を上手に起こす5つの方法♡

朝からグズグズ!起きられない子供を上手に起こす5つの方法♡

朝からグズグズで子供がなかなか起きてくれない…毎日そんな状況だとお子さんもママも朝からイライラ。そんな時にぜひ試してほしい、朝上手に起こす5つの方法をご紹介します!
何でもやりたがる子供☆お互いストレスにならない上手な対応って?

何でもやりたがる子供☆お互いストレスにならない上手な対応って?

自分から進んで物事にチャレンジするのはとってもいいことだと思うけど…子供がまだ小さいと無理なことや危険なこともありますよね。ダメだと言うと機嫌が悪くなってしまったり。お互いストレスにならない上手な対応方法はあるのでしょうか?
今のままじゃ伝わってないかも?子供の心に響く叱り方のコツ

今のままじゃ伝わってないかも?子供の心に響く叱り方のコツ

「最近子供を叱ってばかり…伝わってないのかな」と悩むママに。ただ感情をぶつけて叱ったり、長々と説教をして叱る方法はお子さんの心には響いていないのかも…。
赤ちゃん連れのお出かけに♪完全個室の設置型授乳室「mamaro(ママロ)」が増えてます!

赤ちゃん連れのお出かけに♪完全個室の設置型授乳室「mamaro(ママロ)」が増えてます!

赤ちゃんとのお出かけ、長時間となるとオムツ替えや授乳・離乳食の場所があるかどうかは切実な問題ですよね。そんなシーンを救う移動可能な個室授乳室「mamaro」の設置が増えています。

この記事のキュレーター

サナ サナ