特集記事

今注目の記事

2018年8月27日 更新

赤ちゃんの歯ぎしりが気になる!その原因を歯科医に聞いてみました◎

赤ちゃんの歯ぎしり、「クセになりそうでイヤだな」「歯の形や歯並びは大丈夫なの?」など心配してしまいますよね。筆者の息子も絶賛歯ぎしり中です(笑)気になるのでかかりつけの歯科医に聞いてみました。

「赤ちゃんの歯ぎしりが気になる!」という声多数…

生後9か月の息子は、暇さえあればニコニコしながら歯をギリギリ…としています。
そんなに歯ぎしりをしたら歯が埋まっていきそうで怖いくらいです。(苦笑)

SNSでも「赤ちゃんの歯ぎしりが気になる!」という声が多数寄せられています。


赤ちゃんの歯ぎしりって、音もけっこう大きいんですよね。

それに歯ぎしりしている時はすごく気持ち良さそうというか、楽しそうなんです…なぜ?

かかりつけの歯科医に原因を聞いてみた!

上の子たちの受診のついでに、歯ぎしりの原因について歯科医に聞いてみました。

①歯が生えてきてムズ痒いから

赤ちゃんは大体生後6か月くらいになると歯が生えてきます。
歯が生えてくる時、赤ちゃんは歯茎がムズムズしたり、違和感を感じるようです。

歯が生える際の違和感を解消するために、無意識のうちに歯ぎしりすることがあるようです。

②遊びの一環

赤ちゃんにとって「歯」の存在はとっても不思議なものだそうです。
「この硬いものは何?」という感覚なのかも知れませんね。
歯ぎしりしたり、舌で感触を味わってみたり、手で触ったりして歯の存在を確かめているのだそう。

歯ぎしり中の息子がとっても楽しそうな理由はこれかも!(笑)
そう思うと可愛いですよね♡
 (146315)

「赤ちゃんが歯ぎしりするのはストレスが原因かな?」と考えているママへ。
歯科医によると、赤ちゃんの歯ぎしりとストレスは何の関係もないそうです。

歯が生えている途中はどうしても歯が気になってしまうものなので、歯ぎしりの回数も増えるようなのです。

いわば、赤ちゃんの歯ぎしりは生理現象なのですね。

歯ぎしりとストレスの関係がある可能性が出てくるのは、3歳くらいからのようです。
3歳頃になると歯も生え揃っているため、歯茎のむずがゆさもなくなっているから…とのことでした。

赤ちゃんの歯ぎしりを予防するには?歯がすり減ることはある?

25 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

言うことを聞かなくなってきた子供!どう対応する?

言うことを聞かなくなってきた子供!どう対応する?

前ならママが注意したら言うことを聞いてくれた子供…でも最近全く言うことを聞いてくれなくなったというお悩みのママはいませんか?聞いているようで聞いていない、返事はするけどすぐに忘れたり不機嫌になったり…一体どう対応してあげればいいのでしょうか・
なかなか子供にかまってあげられない!おすすめの過ごし方&習慣

なかなか子供にかまってあげられない!おすすめの過ごし方&習慣

お子さんとの関係について「最近かまってあげられていないな」「一緒に過ごす時間が少なくなってるかもな…」と日々反省するママも多いのでは?そんなママにおすすめな過ごし方や習慣をお教えします♥
子供のケンカ…後悔したくない!ママが気を付けたいポイントはこれ★

子供のケンカ…後悔したくない!ママが気を付けたいポイントはこれ★

幼稚園や保育園などである子供のケンカやトラブル。ママの対応次第でうまく解決できたり、さらに状況を悪化させてしまうことがあるかもしれません…
【ママの悩み】今さら聞けない?冬の肌着の着せ方教えます☆

【ママの悩み】今さら聞けない?冬の肌着の着せ方教えます☆

「子供の冬の肌着って何枚着せたらいいの?」「赤ちゃんの時とは肌着の着せ方って違うの?」など今さらだけど知っておきたい子供の冬の肌着の着せ方を教えます!
市の検診で成長を指摘されたら?自分を責めずに、次に活かしていこう!!

市の検診で成長を指摘されたら?自分を責めずに、次に活かしていこう!!

子供を産むと、定期健診がありますよね。平均的に成長しているお子さんでればすぐに終わりますが、成長に問題があると大事になってしまいます・・・子供の成長を指摘されるとママが責められているみたいで辛く感じてしまいますが、自分を責めないで、毎日の生活を見直すキッカケににしてみませんか?
子供の「抱っこして!」はいつまで続く?抱っこの重要性も★

子供の「抱っこして!」はいつまで続く?抱っこの重要性も★

子供からよく「抱っこして!」と言われますが、いつまで続くだろうとウンザリしたことはありませんか?実は抱っこは大切なことだったんです。

この記事のキュレーター

サナ サナ