特集記事

今注目の記事

2018年9月13日 更新

簡単に実践できる!子供の短所が長所になる『リフレーミング』とは?

なんと子供の短所が長所になるという『リフレーミング』。これは気になりますよね☆早速試してみませんか?

リフレーミングって何?

当たり前ですが、人はそれぞれ性格が違います。
優しい子、明るい子、おとなしい子、落ち着きがない子など…それは一人一人の個性ではあるのですが、短所と捉えられてしまう個性もありますよね。

リフレーミングとは、【短所】だと思ってしまうことの言い方を変えて【長所】として個性を認めるということなんです★

お子さんの性格を違う角度から見る&捉え方を変えることで、前向きな考えに変換することができるんです。
 (148476)

最近では、教育や福祉の分野でもリフレーミングが活用されています。

そんな話題のリフレーミングを上手に使って、親子でポジティブになりましょう◎

使えるリフレーミング用語

これはほんの一例ですが、子供の性格・言動を違う角度から見て言い換えてみましょう。
古材の床に置かれたカーネーションの花の画像|おしゃれなフリー写真素材:GIRLY DROP (148372)

◆神経質→繊細で多くのことに気がつく

◇打たれ弱い→感受性が豊か

◆おとなしく気が弱い→穏やかで人の気持ちを考える

◇我慢できない→行動が早い、決断が早い、フットワークが軽い

◆うるさい→元気で明るい

◇がんこ→芯がある、意思が強い

◆怒りっぽく短気→感受性が豊か

◇集中できない→色々なことにアンテナを張っている、興味関心の幅が広い

◆おおざっぱ→おおらか、こだわり過ぎることがない

◇短気→感受性が豊か、行動が早い、判断が早い

◆優柔不断→慎重で物事をよく考える

◇流されやすい→素直、環境に馴染みやすい、協調性が高い

◆甘えん坊→人にかわいがられる性格

◇一人ぼっち→マイペース、周囲に流されない

◆飽きっぽい→好奇心が旺盛

◇不愛想・無口→冷静、物おじしない、よく考える

◆頑固で諦めが悪い→意志が強く粘り強い

紙に性格を書き出して短所→長所に変換してみよう♪

①まずお子さんの【短所】と思う言動を紙に書き出してみましょう!

・我慢できない
・負けず嫌い
・人のまねばかりする
・融通が利かない
・流されやすい
・こだわりが強い
美しい夕焼け空の下で風にそよぐススキの画像|おしゃれなフリー写真素材:GIRLY DROP (148373)

②お子さんの【長所】と思う言動も紙に書き出してみましょう!

・あいさつができる
・集中力がある
・切り替えが早い
・社交的・活発

③【短所】を【長所】に変換してみましょう♪

24 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

嘘をついてしまう子供…何が原因なのでしょうか?

嘘をついてしまう子供…何が原因なのでしょうか?

子供がつく嘘はすぐ嘘だとわかる場合が多いですよね。「うちの子また嘘をついてる!」「なんで嘘なんてつくんだろう」とママが悩んでしまうケースも…何か原因ってあるのでしょうか?
おむつ卒業まであと少し!夜のおむつはずしにチャレンジしよう

おむつ卒業まであと少し!夜のおむつはずしにチャレンジしよう

昼間のおむつがはずれたら、今度は夜のおむつはずしにチャレンジですね◎失敗するとお布団が大変なことになるのでなかなかチャレンジできないママも多いのでは?おすすめの時期や方法をご紹介します。
なんで泣くの…?まだまだ感情のコントロールができない子供への接し方ってある?

なんで泣くの…?まだまだ感情のコントロールができない子供への接し方ってある?

急に泣いたり、ママにとってはなんでもないようなことで怒ったりする子供に四苦八苦していませんか? まだまだ感情のコントロールができない子供…どう接すればいいのでしょうか?
ママの気になる疑問を解消!【赤ちゃんのこれっていつまで?】

ママの気になる疑問を解消!【赤ちゃんのこれっていつまで?】

「おしゃぶりは、いつ頃までするの?」など赤ちゃんのお世話をしていて【これっていつまで?】と思う事ってよくありますよね。今回はそんな疑問を解消していきましょう◎
知っておきたい【4歳の壁】ママの上手な対処法とは?

知っておきたい【4歳の壁】ママの上手な対処法とは?

ママの間では【魔の3歳児】という言葉が定着していますが、4歳にも【4歳の壁】といわれる言葉があります。一体それはどういうことなのでしょうか?
イヤイヤ期とはわかっているけど…どうしたらいいの?オススメ対応&NG対応とは?

イヤイヤ期とはわかっているけど…どうしたらいいの?オススメ対応&NG対応とは?

誰もが通る幼児期のイヤイヤ期「一体どうすればいいの?」と途方に暮れてしまうママも多いと思います。ママの対応ひとつでイヤイヤ期のお子さんの様子も変わるかもしれませんよ。

この記事のキュレーター

momoco momoco