特集記事

今注目の記事

2017年5月17日 更新

夏に必見!女の子のおまたのケア方法☆

赤ちゃんや小さな子どもはとっても汗っかき!暑い夏はオムツかぶれを起こす子もいます。ところで、女の子のデリケートゾーン、キレイに洗えていますか?デリケートゾーンをキレイにしておかないと、おまたが荒れる原因になったり、膣に細菌が入ってしまうことがあります。ここでは、女の子のおまたの上手な洗い方をご紹介します!

女の子は、膣や尿道の病気になりやすい

女の子 海外 素材 かわいい 外国人 [17417146] | 完全無料画像検索のプリ画像! (24449)

オムツは通気性が良いと謳っている商品がほとんどですが、やはり夏になるとオムツかぶれを起こす赤ちゃんが急増します。

オムツかぶれだけでも辛いですが、ウンチをした時に出来るだけすぐにオムツ交換をしないと、特に女の子の場合は「尿道炎や膣炎、膀胱炎、腎盂炎」にかかってしまう可能性があります。

これらの病気は、ウンチに含まれる細菌が膣や尿道に入ってしまい、炎症を起こしてしまう病気です。

大人の場合は頻尿になる、性器の痛みなどで症状が分かりますが、赤ちゃんや小さな子供はおしっこが近くなったり、痛みなどを口で伝えることが出来ません。
ですので、これらの症状に気づくのは、症状が進み発熱や性器の炎症などで気づくことが多いのです。

女の子は、尿道、膣、肛門が近いので、特にこれらの病気には注意する必要があります。
最悪の場合、入院を必要とする場合もあります。

そんなことにならないよう、おまたのケアはしっかりと行うことが大切なんです。

おまたの正しい拭き方は?

【楽天市場】布おむつ 星柄10枚セット(仕立て済み)★ドビー織仕立て済み(輪おむつ 日本製 布オムツ 新生児から 綿100% コットン 二重縫い ドビー織り 出産準備):赤ちゃんの肌着 ほほえみ工房 (24446)

本当はオムツ交換の際に、シャワーで流してあげるのがいちばんなのですが、かなり大変ですよね。

おしっこが皮膚についたままですと炎症の原因になるので、必ず拭いてあげてください。
この時、あまりに強くこすってしまうと、おまたが傷つく可能性があるので、優しく丁寧に、足を広げて割れ目の粘膜の部分も毎回拭いてきれいにしてあげましょう。ポンポンとたたくように拭けば、刺激が少なくてすみますよ。

最近の紙おむつは吸収がよく、おむつの表面におしっこが残っていることは少ないです。
しかし、おしっこした後のおむつに包まれていることに変わりないので、やはりキレイに拭き取ってあげて下さい、

おしっこだけだと、おむつが自然と拭き取ってくれていると誤解しているママもいますが、あくまでも排泄物を受け止めているだけなので、汚れをとってくれるわけではありません。

また、ウンチの場合は出来るだけ早くオムツ交換をすることがポイントです。
ウンチが割れ目の中についていることが多くあると思いますが、実はこれが尿道炎や膣炎などの最大の原因です。

ウンチの時は、おまたをしっかり広げてキレイに拭き取ってあげましょう。
この時も、こすりつけるのではなく、優しく拭き取ってあげて下さいね。
余裕があれば、シャワーで流してあげるようにして下さい。
おまたを清潔に保つことが出来ますよ!

おまたの上手な洗い方は?

 (81586)

尿道や肛門付近は汚れが多いので石けんでキレイに洗いましょう。
膣には自浄作用があるので、膣の中まで洗うと大切な常在菌まで洗い流してしまい、それこそ炎症の原因になることがあります。

しかし、ここで間違いやすいことが…
自浄作用があるのは膣だけで、外陰部や少陰部には自浄作用はありません。
ですので、石けんの泡が膣に入らないように気を付けながら、足を広げて割れ目の外側の部分も洗うことがポイントです。
少陰部は洗うのが難しいので、シャワーで軽く洗い流すだけでも十分ですよ。

いちばん簡単な方法は、お湯を張った洗面器の上にしゃがんでもらい、下からお湯をジャブジャブかける方法です。
この方法だと、簡単かつ確実におまたの汚れを落とすことが出来ますよ!

女の子のデリケートゾーンはキレイに!

 (81585)

女の子のデリケートゾーンは、見えにくいので中々キレイにしづらいものですよね。
でも、赤ちゃんの頃からしっかりとおまたをキレイにする習慣をつけておくと、オムツ外れが完了した際におまたのトラブルが格段に少なくなります。

オムツ外れが完了し自分である程度拭けるようになると、ついつい汚れが見落としがちになります。
女の子のおまたがいちばん汚い、または先ほど述べたような病気が多いのは、3~7歳という医師もいるほどです。
ママが意識することで、女の子のデリケートゾーンはキレイな状態に保つことが出来、結果的にあなたの娘さんも「おまたをキレイにしておかないと!」という意識が高まるのです。
12 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

要注意!!急速に症状が進む子供の熱中症予防をご紹介

要注意!!急速に症状が進む子供の熱中症予防をご紹介

猛暑日が続く中、「熱中症に注意して下さい。」と毎日のように報道されていますね。そもそも子供の熱中症とはどんな症状をさすのでしょうか?子供の熱中症は急速に症状が進んでしまいます。気づきにくい子供の熱中症の症状についてもご紹介します。
赤ちゃんのために…冷房の上手な使い方とは?

赤ちゃんのために…冷房の上手な使い方とは?

暑い夏がすぐそこまでやってきて冷房を使う場面が増えてきます。しかし、使い方によっては赤ちゃんの体が冷え過ぎてしまうことも…ここでは、赤ちゃんが生まれて初めての夏を迎えるママたちへ、冷房の上手な使い方をご紹介したいと思います。
身体に悪いカビ。掃除が面倒くさいお風呂場・洗濯機・エアコンの簡単なお掃除方法教えちゃいます♡

身体に悪いカビ。掃除が面倒くさいお風呂場・洗濯機・エアコンの簡単なお掃除方法教えちゃいます♡

湿気を好むカビは、お風呂や洗濯機などの水周りだけではなく、家のあらゆる所で発生します。カビが発生すると最悪の場合、アレルギーや喘息を引き起こします。お子さんやご家族の安全を守るためにも、カビ対策をしておかなければいけません!
もしかしてうちの子は夏バテ!?ママが気をつけてあげたいポイントはコレ★

もしかしてうちの子は夏バテ!?ママが気をつけてあげたいポイントはコレ★

毎日本当に暑い日が続きますが、お子さんの様子に変化はないでしょうか?「元気がなくダラダラ過ごしている」「食欲がない」「機嫌の悪い日が多い」…それはもしかすると夏バテの症状かもしれません。
子供の体調不良でクタクタ…ママも気分転換をしよう☆

子供の体調不良でクタクタ…ママも気分転換をしよう☆

夏は意外と色々な感染症が流行る時期ですよね。長引く看病に、子供はもちろんですがママもクタクタになります。そこで今回は、私が実践したことでリフレッシュできた、子供の体調不良時の気分転換の方法をまとめてみました!
暑い夏でもシャワーより湯船が理想的!?暑がるときのひと工夫♪

暑い夏でもシャワーより湯船が理想的!?暑がるときのひと工夫♪

暑い夏はシャワーだけで済ませたい!でも、体を芯から温める湯船の方がいいの?嫌がらせずに入らせる方法は?そんな疑問にお答えします!

この記事のキュレーター

サナ サナ