特集記事

今注目の記事

2019年1月11日 更新

朝からグズグズ!起きられない子供を上手に起こす5つの方法♡

朝からグズグズで子供がなかなか起きてくれない…毎日そんな状況だとお子さんもママも朝からイライラ。そんな時にぜひ試してほしい、朝上手に起こす5つの方法をご紹介します!

①休みの日も決まった時間に起きる

平日に頑張って朝早起きをしても、休みの日に寝坊してしまえば整っていた体内時計がリセットされてしまいます。

起床時間は毎日一定のリズムを保たないと良い睡眠が得られなくなったり、朝スッキリ目覚めることができないそうです。休みの日も平日のように決まった時間に起きて体内時計を一定のリズムに保てるようにしましょう!
 (162029)

②晩ご飯は寝る3時間前に終わって早い時間に寝る!

朝スッキリ起きられない最大の原因は、就寝時間が遅く睡眠不足だから。
眠たいから起きられないのは当たり前のことですよね。

晩ご飯を寝る3時間前に終わらせる理由は【胃の中の食べ物が消化する時間】が関係しています。

夜ご飯を遅い時間に食べて、お子さんが眠たくて眠ったとしても胃は消化活動の真っ最中!
内臓も休む深い睡眠に入ることができません。これが眠りの質が下がる原因になります。

ママはしっかり寝たはずなのに…と思うかもしれないですが、実は眠れていないのです。
これが朝グズグズになる原因になっているのかも!
[無料写真] 食卓に並んだ料理 -  パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集 (157385)

③朝一番に太陽の光を浴びてもらう♥

カーテンを開けて朝日を部屋の中に取り込みましょう!
太陽の光を浴びれば体を目覚めさせてくれるセロトニンというホルモンが分泌されます◎

お子さんが起きる時間の15分前からカーテンを開けてみて!
全身で【朝になったんだぞ!】というのを感じてもらいましょう。
[無料写真] 朝日に照らされるヒマワリと寝起きの女の子 -  パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集 (157384)

④子供の好きな朝ご飯を用意する

食べるのが大好きな子に特に効果的な方法♡
朝起きるのが楽しみになるように、夜のうちにお子さんに朝ごはんの希望を聞いておきましょう♪

反応がない子には「りんごとバナナどっちがいいかな?」と選ばせてあげるのもいいですね。

「朝ごはん楽しみだね。一緒に食べようね」など、朝ワクワクする言葉がけをするといいかもしれません。

⑤テンションがあがる音楽をかける♪

テンションがあがって盛り上がる、元気な音楽を流してみましょう♪
いつも同じ起床時間に自然と体が動いてしまうリズミカルな音楽や、お子さんが好きな歌などを選んでみて♥

毎日音楽を流していると「この曲は起きる時間だな」と認識してくれるようになります。
音楽が目覚まし時計代わりになってくれるんですね。
 (162034)

朝上手に起こすには、前の日から気を付けておかないといけないこともありました。
日々、規則正しい生活を送って深くぐっすり眠れる環境づくりを心がけましょう♪

それでもたまにはグズグズになる日があるでしょう。
そんな時は優しく受け止めてあげてくださいね☆
16 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

今のままじゃ伝わってないかも?子供の心に響く叱り方のコツ

今のままじゃ伝わってないかも?子供の心に響く叱り方のコツ

「最近子供を叱ってばかり…伝わってないのかな」と悩むママに。ただ感情をぶつけて叱ったり、長々と説教をして叱る方法はお子さんの心には響いていないのかも…。
知っておくべき!噛んだり叩いたりする子供への接し方

知っておくべき!噛んだり叩いたりする子供への接し方

まだまだ言いたいことがうまく伝えられない小さな子供は噛んだり、叩いたり、乱暴な態度を取ってしまう事があります。そんな時パパやママはどう子供に接してあげればいいのでしょうか?
困った!「帰らない」と駄々をこねる子を「帰る!」に変える言葉〜年齢別〜

困った!「帰らない」と駄々をこねる子を「帰る!」に変える言葉〜年齢別〜

公園で遊んだあと、保育園や幼稚園の帰り道、お友だちのお家で遊んだ後など「帰らない!帰りたくない!」と言う子供に困った経験はありませんか?そんな時は、こんな声掛けを試してみてください。
なんで泣くの…?まだまだ感情のコントロールができない子供への接し方ってある?

なんで泣くの…?まだまだ感情のコントロールができない子供への接し方ってある?

急に泣いたり、ママにとってはなんでもないようなことで怒ったりする子供に四苦八苦していませんか? まだまだ感情のコントロールができない子供…どう接すればいいのでしょうか?
子供の「抱っこして!」はいつまで続く?抱っこの重要性も★

子供の「抱っこして!」はいつまで続く?抱っこの重要性も★

子供からよく「抱っこして!」と言われますが、いつまで続くだろうとウンザリしたことはありませんか?実は抱っこは大切なことだったんです。
【人見知りする子供】ママにできる、上手なフォローの仕方とは?

【人見知りする子供】ママにできる、上手なフォローの仕方とは?

人見知りする子供に対し、「どうしてうちの子は人見知りするんだろう」「もっとお友達とうまくやれば楽しいのに…」なんて思ってしまうこともありますよね。そんな子供への上手なフォローの仕方や、今ママにできることとは何なのでしょうか?

この記事のキュレーター

momoco momoco