特集記事

今注目の記事

2017年4月1日 更新

ママの怒りが爆発寸前!パパが育児に参加しない。こんな時どうすればいい?

育児に協力的ないわゆる『イクメン』と呼ばれるパパもいる一方で、全く育児に非協力的なパパも・・そんなパパに対して、ママの怒りが爆発寸前!!!なんで手伝ってくれないの!?協力してくれないパパの心理は??

パパが育児に参加しないという悩みが意外と多い!

 (28306)

育児をしない夫に対してものすごく腹が立ってばかりいます。。どうしたらいいですか?

出産後、何もかも初めてでつらい思いをしていたころ、夫に子育ては自分は忍耐力がないので、私にすべて任せる、といわれました。その言葉に途方にくれて以来、面倒見てくれないのなら子供がかわいそうにならないようにと思って、この1年一生懸命子育てに励んできました。
夫に言われたこの言葉、とてもショックでした。私は実家からも離れて、孤独でした。突き放された思いでした。
夫は、基本的に育児は母親の仕事と思ってるようであまり協力的じゃないような気がします。

オムツ替えやお風呂は頼めばしてくれますが、ウンチは嫌、お風呂は気が向いたら‥
携帯ゲームが好きで、携帯いじってるときは頼んでも今は忙しいから無理。
赤ちゃんが泣き出しても、自分じゃ無理だからと私に泣いてるよ~と言ってきます。
男性は最初はやはりこんなものなんでしょうか?
旦那が娘を可愛がりません。一歳になる娘がいますが旦那は育児に参加しないし、娘に話しかけたりもしません。ただじっと見る程度です。同居なので自分がしなくても親や私が可愛がるから良いだろうという感じです。同居している義弟の方が面倒を見てくれたり可愛がってくれてパパみたいです。
・ずっと携帯をいじっている
・お風呂に入れてくれない
・子どもと遊ばない
・ご飯を食べさしたりしない
・オムツを替えてくれない
・抱っこしない
・あやさない

などパパに対するママの不満はたくさん!
ちょっとくらい面倒見てくれても良いんじゃないの?!と怒ってしまいそうになりますよね。

イクメンという言葉が流行して、子どもの面倒をよく見てくれたり、家事を手伝ってくれたりする男性も増えてはいますが、その一方で何にもしない男性も少なくないようです・・・

どうして育児に参加しないの?

Instagram (28304)

頼めばしてくれるけれど、ママとしては言われる前にしてよ!と言いたくなってしまいますよね。
頼んでもしてくれないよりは良いけれど、自主的に行動してくれるとママも嬉しいはず!

単に自分が楽になるからだけではなく、子どもと触れ合っている旦那さんの姿を見るのは幸せを感じますし嬉しいものですから、ぜひ男性にも育児に参加してもらいたいですね。

育児に積極的に参加してくれる男性もいる一方で、なぜ育児に参加しないのでしょうか?

父親の自覚がない

女性は妊娠出産を経験することで、母親の自覚がうまれます。
妊娠中は辛いつわりを経験したり、さまざまな身体の変化が起きますよね。胎動を感じながら毎日赤ちゃんと一心同体で過ごします。そして命がけの出産をします。これは経験した人にしか分からないですよね。

しかし男性はどうでしょうか?

気付けば妻が妊娠出産。
いきなり赤ちゃんとの生活が始まる。

女性側からしたら、父親の自覚も持ってよ!と言いたくなってしまいますが、男性側からするとまだまだ自分の子どもという実感がわかないのかもしれません。

接し方が分からない

女性だって初めての子育ては、右も左も分からなく手探り状態ですよね。

しかしそれよりも男性の方がどう接して良いのか分からないはずです。
どうやって泣き止ませればよいのか分からない
どうやってオムツを替えれば分からない
どうやって寝かしつければよいのか分からない
どうやって遊べばよいのか分からない

私たちも手探りで子育てをしているけれど、分からないから手伝わないという気持ちなのかもしれません。

家事育児は女性の仕事だと思っている

『男は外で働いて、女は家庭を守るものだ』という意識があるのかもしれませんね。

女性側も全部手伝って欲しい!というわけではないんですよね。
少しでも育児に参加してくれたらいいのに・・・と多くを求めているわけではないのですが、男性側からすると、どうして育児を手伝わないといけないんだと感じているのかもしれません。
37 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

パパに育児に参加してもらおう!!パパに育児を頼む秘訣

パパに育児に参加してもらおう!!パパに育児を頼む秘訣

子どものお世話はママの仕事、と思っているパパは多いと思います。パパは仕事をして家族を養うのが仕事で、家庭内のことはママに任せようというスタンスのパパは少なくないでしょう。しかし!育児は夫婦で協力して行うものです。パパに育児に参加してもらう秘訣をまとめました。
ママ聞いて!産後に伝えたかったパパの本音

ママ聞いて!産後に伝えたかったパパの本音

可愛い我が子の出産、子育てに家事に大変なママ。そんなママにパパが普段伝えられない本音があったんです。
ワンオペ育児注意報!ひとりで抱え込まない方法とは?

ワンオペ育児注意報!ひとりで抱え込まない方法とは?

最近話題の「ワンオペ育児」。育児だけでなく、家事や仕事など色々なことをママ一人でこなしている状況をさします。ここでは、今まさにワンオペ育児をされているママが、ひとりで抱え込まない方法をご紹介していきたいと思います。
ちょっと待って!『日本人男性は世界一育児をしない』これって本当!?

ちょっと待って!『日本人男性は世界一育児をしない』これって本当!?

育児に協力的な、いわゆるイクメンが多くなってきたと感じていましたが、日本人男性は世界一育児をしないという驚くべき調査結果が出てしまいました!これって本当なの!?
パパの育児力を下げるのは、ママの発言が原因かも?日々の生活の中で、パパをイクメンにするためには。

パパの育児力を下げるのは、ママの発言が原因かも?日々の生活の中で、パパをイクメンにするためには。

「イクメン」という言葉が世間ではよく言われますが、パパはすぐにイクメンになれる訳ではありません。パパをイクメンに育て、育児のストレスや大変さから逃れるためには、ママがパパを育てる必要がありました。どうすればパパはママを助けられるイクメンになれるのでしょうか。
『イクメン』の意味が変わり始めている!?「育児は当然」という最近のパパたち!

『イクメン』の意味が変わり始めている!?「育児は当然」という最近のパパたち!

育児にかかわるママにとって、最近耳にしない日はない「イクメン」という言葉。最近、イクメンという言葉の意味も変わり始めているのかもしれません・・・様々な形で出産・育児に主体的にかかわっている「イクメン」芸能人もご紹介!

この記事のキュレーター

nozomi nozomi