特集記事

今注目の記事

2017年7月26日 更新

赤ちゃんがぐっすり眠ってくれると噂の!カドルミーって知ってる?

カドルミーってご存知ですか?袋状になった抱っこグッズで、カドルミーで抱っこすると赤ちゃんがよく寝てくれると大人気なんです☆使い勝手も抜群のカドルミーについてご紹介します!

カドルミーってどんなもの?

カドルミーは赤ちゃんを抱っこするためのアイテムなんです☆
抱っこ紐と違い袋状になっているのが特徴です。

ママのお腹の中にいるような体勢でいられることから、赤ちゃんが安心してぐっすり眠ってくれる!と人気があります。

新生児から2歳ごろまで使う事ができますし、赤ちゃんの背中のCカーブに負担がかからないので、成長を妨げることがありません。

ニット素材で伸縮性があるので、赤ちゃんがスリングの中でものびのびする事が出来るんです!
【楽天市場】Cuddle Me(カドルミー)ジャガード リバーシブルLサイズ全11色抱っこひも/スリング/日本製/メール便不可★★:Metro style (31297)

カドルミーの良いところは
・肩に掛けるだけなので、非常に装着が簡単です。

・これ1つで5通りの抱き方が出来るので、成長に合わせて変えられます。

・赤ちゃんにとって良い姿勢を保つことが出来ます。

・赤ちゃんがママのお腹の中にいるような感覚になって、リラックス出来ます。

赤ちゃんもぐっすり♡

ママの両手が空く☆

 (94946)

赤ちゃんはママのお腹の中にいた安心感があり、ぐっすり眠ってくれるようです。
窮屈そうに見えますが、ママのぬくもりを感じて安心するんでしょうね♡

すぐに眠ってくれる!

 (94945)

百発百中で寝てくれる!と絶賛のカドルミー。

抱っこ紐は腰や肩それぞれに力がかかるのですが、カドルミーは肩に負担がかかってしまうので長時間の抱っこは、ママの肩が痛くなってしまうかもしれません。
赤ちゃんを寝かしつける間の、短時間の抱っこがオススメです☆

装着が簡単☆

 (94947)

抱っこ紐は装着が面倒ですよね。
しかしカドルミーは肩にかけるだけなので、装着が簡単です☆

5つの抱っこ方法☆

35 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ベビーザらス限定!】エルゴベビーのおすすめベビーキャリア3選

【ベビーザらス限定!】エルゴベビーのおすすめベビーキャリア3選

今回紹介するのはベビーザらス限定で販売されている、エルゴベビーのベビーキャリアです。ベビーキャリアの数が多くありすぎて選べない!という方は、ぜひ参考にしてみてください☆
Liminの【授乳しながら使えるベビー枕】寝かしつけの“神アイテム”となるか!?

Liminの【授乳しながら使えるベビー枕】寝かしつけの“神アイテム”となるか!?

赤ちゃんとの生活の中で、授乳後起こさないようにベッドに寝かしつけるのって意外と難しいですよね。今回は寝かしつけお助けアイテム、Liminの【授乳しながら使えるベビー枕】を紹介したいと思います。寝かしつけの神アイテムとなるのでしょうか!?
 フランス生まれのお昼寝マット“コクーナベビー”で背中スイッチOFF!

フランス生まれのお昼寝マット“コクーナベビー”で背中スイッチOFF!

フランス生まれCocoonababy(コクーナベビー)のお昼寝マットは、赤ちゃんの背中スイッチをオフにしたまま寝かせることができる便利グッズです。医療従事者によって開発されたものなので、安心してお使いいただけます☆
【韓国発*抱っこ紐】konnyはオシャレで身体への負担が少ない★

【韓国発*抱っこ紐】konnyはオシャレで身体への負担が少ない★

韓国発konny(コニー)の抱っこひもは国際股関節異形成協会認定を受けているので、赤ちゃんもママも安心して使うことができます。シンプルでオシャレなデザインで、抱っこひもとは思えません★新生児から20㎏まで使用できる便利な抱っこひもです♪
5,000円以下!!【mont-bell】ポケッタブルベビーキャリアが便利★

5,000円以下!!【mont-bell】ポケッタブルベビーキャリアが便利★

有名なアウトドアブランドの【mont-bell(モンベル)】から、コンパクトなポケッタブルベビーキャリアが販売されています☆持ち運びに便利で、防災グッズとしてもオススメです☆5,000円以下で手に入る手軽さも魅力です。
道端アンジェリカさんオススメ☆日本未上陸LALABUのカンガルータンクトップ

道端アンジェリカさんオススメ☆日本未上陸LALABUのカンガルータンクトップ

先日男の子ママになったモデルの道端アンジェリカさんがオススメしている、LALABUの抱っこTシャツをご存知でしょうか?LALABUはアメリカ発のブランドで日本未上陸なのですが、今後話題になること間違いなしです★

この記事のキュレーター

nozomi nozomi