特集記事

今注目の記事

2017年11月27日 更新

1歳過ぎてからの栄養バランス★ママに知ってほしい食事のポイント

離乳食も完了期にさしかかり、色々な物が食べられるようになるこの時期。食べる量も大切ですがバランスを考えた食事にしてあげたいものです。ママに知ってほしい食事のポイントをまとめました。

食べられるものの種類が増えたらバランスも考えて

1歳過ぎたら離乳食も完了期へ。
食べられる食材も少しづつ増えていますよね。そうなると気になるのが食事の栄養バランス!

大人と同じ物を食べられるようになればなるほど、偏りが気になります。食べられる食材ばかりでなく、苦手な食材も調理法を工夫して食べてもらいたいですよね。

バランスを整えるポイント

大人の取り分けも多くなるこの時期ですが、出来上がりを取り分けるのではなく料理の工程の途中で食材として取り分けるのが理想です。

完了期とはいえども、まだまだ大人の味付けや固さは赤ちゃんには適さない事も多いからです。
細かく食材ごとの栄養価を調べて考えるのは難しい。そこで、目安として「栄養バランス」を整える事のできるポイントをまとめました。

色で見て食材を揃える

1日3回の食事のなかで、赤・黄・緑・白・黒の5色の食材を揃える事を意識すると、栄養バランスが整いやすくなると言われています。

赤…肉類、マグロなど赤身の魚、トマト、人参、赤パプリカなど
黄…大豆・大豆製品、卵、チーズ、かぼちゃ、さつまいも、コーン、黄パプリカなど
緑…小松菜、ブロッコリー、オクラ、キャベツ、いんげん、そら豆など
白…ご飯、パン、大根、もやし、うどんなど
黒…黒ゴマ、海藻類、きのこ、黒豆など

「緑が足りないな」「赤が足りないな」などと言うように色で考えると悩まずに作れそうです。
 (114304)

肉魚卵は1品、あとは野菜で揃えよう

やはり野菜は意識していてもたくさんの量を摂るのは難しいものです。逆に肉魚卵などは加工品も含めるとその割合が多くなりがちです。

肉魚卵は食事の中で1品だけ、あとは野菜の料理を作る。と決めてしまえばおのずと野菜を食べる量も増えるでしょう。

食物繊維も豊富な野菜は毎食食べることで腸の調子も整えてくれて、便秘解消にもつながりますので積極的に食べたいですね。
 (114309)

「まごわ(は)やさしい」で和食中心に

日本型の食事の代表的な食材を用いて作られた造語。
「まごはやさしい」の食材を食べることで健康的な身体を作ることができるとされています。
ま…豆類、大豆製品
ご…ごまなどの種実類
や…野菜
さ…魚
し…しいたけなどの野菜類
い…いも類

これらの食材を中心に積極的に摂ることで丈夫な身体を作る事ができるのです。

品数を増やせない場合は食材の種類を増やすこと

毎食何品も作るのは無理というママもいるでしょう。
そんな時は1品にできるだけ多くの食材を使用できる献立にしましょう。
麺類やどんぶりでも具材を増やすだけで十分野菜を摂ることができるのです。

たまには手抜きもOK!ベビーフードにも頼ろう

41 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

ママもたまには手抜きしよう!ベビーフードの上手な使い方

ママもたまには手抜きしよう!ベビーフードの上手な使い方

離乳食って作るのが大変!味付けも限られているのでマンネリ化しがちです。そんな時、ベビーフードを使うことでレシピの幅が広がりますよ◎
離乳食で作ってあげたい!とってもおいしい出汁の取り方&おすすめお出汁★

離乳食で作ってあげたい!とってもおいしい出汁の取り方&おすすめお出汁★

離乳食作りの基本となる『出汁』、お子さんには美味しい出汁をとってあげたいですよね♪簡単に作ることができるお出しの取り方を紹介します!離乳食作りの参考にしてみてください♪
Twitter発★【#離乳食めんどくさい協会】ママたちの楽技をマネしちゃおう♪

Twitter発★【#離乳食めんどくさい協会】ママたちの楽技をマネしちゃおう♪

Twitterのハッシュタグ『#離乳食めんどくさい協会』に入会するママ多数★毎日の離乳食づくりは大変です。時短&楽技でママの負担を軽減しちゃいましょう!!使えるアイデアをあつめました。
ベビーフードを使って離乳食づくりを楽しもう★アレンジレシピ『ご飯編』★

ベビーフードを使って離乳食づくりを楽しもう★アレンジレシピ『ご飯編』★

キューピー、和光堂、ピジョンから発売されているベビーフードを使ったアレンジレシピをご紹介していきます★ベビーフードを取り入れることで、ママの負担も軽くなり、赤ちゃんも色々な料理を楽しむことができます♪
安心で安全*離乳食のサポートはPigeonのベビーフードにお任せあれ♡

安心で安全*離乳食のサポートはPigeonのベビーフードにお任せあれ♡

pigeon(ピジョン)といえば言わずと知れた有名なメーカーで、ベビー用品やマタニティ用品などさまざまな商品をを扱っていますよね。今回はピジョンのベビーフードをご紹介します!ベビーフードを活用して、育児の負担を軽減しちゃいましょう☆
どうしたらいいの?赤ちゃんが離乳食を食べない時に試してみたこと3つ☆

どうしたらいいの?赤ちゃんが離乳食を食べない時に試してみたこと3つ☆

「赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…」そんな悩みを持つママは多いですよね。ママ友や保育士から教えてもらった、赤ちゃんが離乳食を食べてくれるようになる方法を3つご紹介します。

この記事のキュレーター

mana0116 mana0116