特集記事

今注目の記事

2017年8月23日 更新

公園、児童館デビューはいつ頃?注意点はある?

子供が動き始めたら、日中は公園や児童館で過ごすと刺激になって良いといわれます。けれど、ママひとりで子供と公園や児童館に行くのは緊張しますよね。自分の経験も踏まえ、公園、児童館・支援センターデビューする際の心得をまとめました。

児童館・公園デビューはいつ頃?

赤ちゃんが動き始めると、家の中だけで過ごすのが物足りなくなってきます。同じくらいの月齢の子と遊ばせたり、ママ自身も他のママと色々情報交換したくなりますよね。
「公園デビュー」という言葉が一時期流行しました。公園で子供を遊ばせられるようになるのは、歩き始める1歳過ぎ頃からになります。本格的に遊具などで遊べるのは2歳頃からでしょうか。

今は「公園デビュー」より前に、赤ちゃんでも遊ぶことのできる、地域の「児童館」や「育児支援センター」デビューが先になる人が多いかと思います。マットや赤ちゃん向けのおもちゃも用意されているので、首が座る頃には行っても大丈夫です。

どちらにしても、ドラマなどの影響で怖いママグループがいるんじゃないか、ママカーストがあるのではない、上手く話ができるのか不安…などデビューには勇気が必要・・・。

私も長女が3ヶ月の頃、赤ちゃん幼児向けの育児センター行ってみましたが、最初は入るのもドキドキで、いる間もソワソワしてしまい誰とも話せず、30分程度で帰ったという苦いデビューでした。

今は週に3日は娘と息子を連れて児童館と公園通い、特に暑い日や雨の日など児童館には本当にお世話になっています。
 (99029)

児童館・支援センターってどんなところ?

児童館、育児支援センターは自治体が主となって運営している乳幼児~高校生までの施設です。育児支援センターは乳幼児やママ向けになっていることが多いです。
児童館は学童保育が一体となっている場合もあり、小学生をメインにしている施設も多いですが、午前中は小さい子が遊べるように場を開放している所もあります。

月齢別や季節のイベント、育児相談など様々なイベントを行っているも施設が多いです。
利用方法や開いている時間など各自治体によって違うのでホームページなどで確認してみてください。

デビューの際の注意点とは?

出産後周りにママ友などがいない状態だと、公園や児童館デビューするのはなかなかハードルが高いです。私もそうだったのですが、「既にママ友グループが出来上がっていて居づらい雰囲気だったらどうしよう」など不安点も多く、子供のため!、と思っていても腰が重くなってしまうママも多いですよね。

けれど、行き始めてしまうと、公園・児童館は子供との毎日になくてはならないものに!ぜひ勇気を出して行ってみてほしいと思います。
ここでは、ひとりで公園、児童館デビューする際の心得、注意点をご紹介します。

*行く前に情報収集しておく

児童館、支援センターは大体ホームページなどでイベント情報などを知ることができるので、同月齢の子のイベントの時に行ってみるなど、デビューの日を決めておくと「せっかく行ったのに大きい子のイベントで居場所がなかった」ということがなくなります。

公園の場合は、お買い物などのついでに遠巻きにでも見ておくと、仲良しママ友グループが集まっていたり、大きい子がたくさん遊んでいる時間帯を避けることができます。

*「ママ友を作らなきゃ」と自分にプレッシャーをかけない

公園や児童館で仲良さそうに話しているママのグループを見ると「自色々なママと話して仲の良いママ友を作らなければ!」と自分自身にプレッシャーをかけてしまうこともあるかと思います。
もともとが社交的で初対面の人と楽しくお話できるタイプならばよいのですが、そうでない場合は無理をしないようにしてください。

子供と遊ぶ、というのが第一目的なので、子供を見ているついでに他のママと話す機会があれば少し話をする、くらいの感じで十分です。いきなり連絡先を交換する、というのは稀なケースで、大体は何度か顔を合わせるうちに少しずつ親しくなっていくことが多いです。他のママと上手に話せなかったと落ち込む必要はありません。
25 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

入園後初めてのビッグイベント、親子遠足を楽しもう!

入園後初めてのビッグイベント、親子遠足を楽しもう!

保育園・幼稚園に入園後にやってくる親子遠足。おやつは何を持って行く?ママ友との付き合い方は?緊張のイベントを楽しく過ごすためのポイントをご紹介♪
これは知りたい♡ママ友付き合いにあったら便利な100均アイテム7選

これは知りたい♡ママ友付き合いにあったら便利な100均アイテム7選

ママ友付き合いって、けっこう細かいやり取りが多いんです。いざという時に持っておくと便利な、100均で手に入るアイテムをご紹介します♡
寒い日、天候の悪い日に☆全国にあるおススメ室内遊び場5選!

寒い日、天候の悪い日に☆全国にあるおススメ室内遊び場5選!

天候が良くなかったり真冬の寒い日は外遊びが難しい日もありますよね。そんな時の強い味方が全国にある「屋内遊び場」です。大人がのんびりできるスペースもあり、子供もママも一日楽しめますよ!
気になる海外育児事情★アメリカ発ママ友付き合いの新常識『プレイデート』ってなに?

気になる海外育児事情★アメリカ発ママ友付き合いの新常識『プレイデート』ってなに?

アメリカやイギリスでは定番的な子供の遊び方『プレイデート』が、今、日本でも注目を集めています! どんな方法で?どんなメリットが??気になる情報をお届けします。
【第3回♡佐藤弥生コラム】キレイの秘訣は意外なところに!私の周りの『キラキラママ』の秘密

【第3回♡佐藤弥生コラム】キレイの秘訣は意外なところに!私の周りの『キラキラママ』の秘密

佐藤弥生さんがお届けする人気コラム第3弾♡最後となった今回は、2人の男の子を産んで育てているとは思えない、いつも綺麗な佐藤さんがmamano読者のママにだけ教えてくれるキレイの秘訣です。キラキラしているママにはこんな意外なこだわりがあった…!?
遊びながら『体幹』を鍛えて姿勢の良い子に!内臓も強くなり健康になるかも★

遊びながら『体幹』を鍛えて姿勢の良い子に!内臓も強くなり健康になるかも★

『体幹』とは文字通り体の幹(=胴体)のこと。体幹を鍛えると、猫背や寄っかかりが減って姿勢が良くなるのはもちろん、内臓の成長も促すのです!

この記事のキュレーター

momonga momonga