特集記事

今注目の記事

2017年12月16日 更新

もうすぐお正月★おせち料理は何歳から食べても大丈夫?

お正月の定番料理といえばおせち料理ですよね。でも何歳からおせち料理を食べても大丈夫なのでしょうか?おせち料理の食材の中で、子供が食べる際に注意したい食材をご紹介!

おせち料理を一緒に食べられるのは…

だいたい大人と同じものが食べられるようになるのは3歳くらいからです★
それ以前はおせち料理は食べさせないほうがいいでしょう。

でも3歳になっても細かく刻んであげる必要のあるものや、お子さんによってはアレルギーが出てしまう料理もあるので注意が必要です。
写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (116576)

【おせち料理】食べるのに注意が必要な食材

食べるのに注意が必要な食材というのは【アレルギー反応がでやすい】&【誤嚥をしてしまう可能性がある】からです。

特に小さいお子さんが食べるのに注意が必要な食材とは何でしょうか。

数の子、いくら

まず魚卵なので卵アレルギーや魚のアレルギーがないことが大前提です。
アレルギーがないお子さんは2歳くらいなら食べられます。

でもおせち料理の数の子もいくらも塩辛いので大量に食べるのはNG!
食べたがっても少量にしておきましょう◎

えび、かに

こちらも甲殻類のアレルギーがないことが大前提です。
しっかり火の通った焼いたものや小さく切ったものなら1歳くらいからOKです。
こちらも少量にしておきましょう。

普段から食べていれば大丈夫ですが、初めてお正月で食べさせるのはNGです。
アレルギー反応がでやすい食材なので、病院がお休み中のお正月に初チャレンジするのは控えましょう。
写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (116577)

かまぼこ

添加物の多い食材ですが、1歳くらいなら少量ならOKです。

ただ弾力のある食材なので丸々1つあげるのではなく、少し切り刻んであげると誤嚥の心配が少なくなりますよ★
おせち・キャラ弁に蒲鉾の飾り切り・うさぎ by vegeful 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが279万品 (115967)

蒲鉾がカワイイうさぎに変身♡
お子さんも喜びますね。

黒豆

おせち料理の黒豆は甘く作られることが多いです。
大量の砂糖を使って作られていてるので食べすぎには注意です。

栄養もあるので1歳ごろから食べる事ができますが、こちらも誤嚥の可能性がある食材なので、小さく切り刻んであげましょう◎
20 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

赤ちゃんとのお正月に!『離乳食おせち』レシピ5選!初期~完了期まで★

赤ちゃんとのお正月に!『離乳食おせち』レシピ5選!初期~完了期まで★

おせち料理を囲みながら新しい年を迎える日本のお正月。家族の一員である赤ちゃんにも、食べられる食材で用意してあげたいですね!おすすめレシピのご紹介です!
親子で楽しむお月見レシピ!定番のお団子からご飯のおかずまで☆

親子で楽しむお月見レシピ!定番のお団子からご飯のおかずまで☆

2018年の十五夜は、9/24(月)!親子で美味しくお月見を楽しみませんか?定番のお団子からおかずまで、簡単にできるお月見レシピを集めてみました☆
【もうすぐ端午の節句】ママの腕の見せ所♡おススメ離乳食レシピ

【もうすぐ端午の節句】ママの腕の見せ所♡おススメ離乳食レシピ

男の子の健やかな成長を祈る「端午の節句」。初節句は手作りの離乳食でお祝いしてあげたいですよね☆簡単で可愛く作れる、端午の節句のおススメ離乳食レシピをご紹介します。
待ってました!やっぱり気になる★2018年福袋情報★

待ってました!やっぱり気になる★2018年福袋情報★

ドキドキワクワクがいっぱいの福袋♥福袋=お正月ではもはやないんです。すでに予約受付していたり、中身を紹介している子供服ブランドもあるんです。早めに情報をGETしてお得なお買い物をしましょう◎
赤ちゃんと一緒にクリスマスパーティー☆おススメ離乳食メニュー

赤ちゃんと一緒にクリスマスパーティー☆おススメ離乳食メニュー

もうすぐクリスマス!クリスマスの日は少しだけ特別なメニューにしたいですよね。今回はクリスマス離乳食のみんなの素敵なアイディアをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。
新年からテンションアップ★ディズニーのおせちに注目★

新年からテンションアップ★ディズニーのおせちに注目★

お正月と言えば「おせち」ですよね♪でも、自分で作るとなると面倒なことも…。今回は子供も大人もテンションが上がる、ディズニーのおせちをご紹介します。

この記事のキュレーター

momoco momoco