特集記事

今注目の記事

2017年11月9日 更新

持ってると便利★お出かけにおすすめのベビーカーオプション12選★

ベビーカー移動が多いママにおすすめしたいベビーカーのオプションをご紹介します。ベビーカーでの移動がぐっと楽になること間違いなしです♪新米ママさんは要チェックです。

1.ベビーカーフック

 (110761)

108円(税込)
やはりベビーカーフックは便利ですよね!

ほとんどのママ達がベビーカーに取り付けているのではないでしょうか。
荷物をかけておくことができるので、なくてはならないアイテムです。

最近では100均で手に入るようになっているので、まずは100均グッズで試してみるというのもアリです。

2.ブランケットホルダー

 (110787)

1,836円(税込)
これからの季節に役立ってくれるのがブランケットホルダーです。

ベビーカーに乗っている赤ちゃんは寒いですよね。
ブランケットをかけて防寒対策をしなければいけませんが、ブランケットホルダーがないとズレてきてしまいます。このアイテムがあればズレ落ちを防いでくれます♪

肌寒い季節だけではなく、真夏のクーラー対策としても役立ちます★

3.ベビーカーバッグ

 (110772)

1,990円(税込)
ベビーカーに取り付けるベビーカーバッグなんかも便利ですね。

ママはちょっとした荷物が多いんですよね。
おしゃぶりや小さなおもちゃ、マグやお菓子などを入れておくことができる小さなバッグがあれば、ママのバッグから取り出す手間が省けます★

4.おもちゃストラップ

 (110775)

756円(税込)
おもちゃやおしゃぶりをストラップにつけてベビーカーに取り付けておけば、地面に落として汚れたり失くしたりする心配がありません☆

なくても問題ないのですが、持っていると意外と使えるんですよね。
ベビーマグなどに付けておけば、いつでも水分補給することもできますよ♪

5.ボトルホルダー

 (110788)

1,980円(税込)
赤ちゃんにはこまめに水分補給しなければいけませんよね。
バッグの中から何度も取り出すのは、正直面倒なんですよね・・・。

ボトルホルダーがあれば、バッグの中から取り出す手間が省けて、いつでもどこでも水分補給することができるので便利です。
37 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

痒いところに手が届く*ダイヤコーポレーションの育児グッズ*

痒いところに手が届く*ダイヤコーポレーションの育児グッズ*

創業57年を迎えたダイヤコーポレーションでは、痒いところに手が届く便利な育児グッズが販売されています。こんなアイテムあったらいいのにな・・・を叶えてくれるはずです★
絶対欲しい!ベビーカーのオーガナイザーでお出かけを楽しく快適に♡

絶対欲しい!ベビーカーのオーガナイザーでお出かけを楽しく快適に♡

ベビーカーでお出かけする時、財布やスマホ、飲み物などをパッと取り出せるバッグがあれば便利ですよね。それを叶えてくれるベビーカー専用のオーガナイザーは、かわいくてオシャレなものばかりなんです☆
杏さん&東出昌大さん夫妻愛用♡乳母車『プスプス』の魅力とは?

杏さん&東出昌大さん夫妻愛用♡乳母車『プスプス』の魅力とは?

11月初め、杏さん・東出昌大さんご夫婦に、双子の赤ちゃんに続く第三子となるお子様が誕生しました。ご夫婦が昨年5月に双子ちゃんを出産されたときから使われている乳母車『プスプス』をご紹介します!
子育て真っ只中のママ必見★兄弟連れてのお出かけにはベビーカーステップを使おう!

子育て真っ只中のママ必見★兄弟連れてのお出かけにはベビーカーステップを使おう!

子供が1人だけならベビーカーに乗せたり抱っこすれば良いのですが、子供が2人以上いるとお出かけも大変。歩きたくないとぐずっても抱っこするわけにはいかないし・・・。そんな時に便利なのがベビーカーステップです★ママの負担を軽減してくれるはずです。
プレママ必見*コンビ×トイザらスコラボの育児グッズ『Simplight』をチェック♪

プレママ必見*コンビ×トイザらスコラボの育児グッズ『Simplight』をチェック♪

コンビ×トイザらスのコラボレーションモデル【Simplight(シンプライト)】の育児グッズをチェックしていきましょう!トイザらス限定発売なので、これから育児グッズを揃えようと考えているプレママ必見です♪
あんなものからこんなものまで!ママの声から生まれた育児便利グッズ★

あんなものからこんなものまで!ママの声から生まれた育児便利グッズ★

子育てに便利なグッズがたくさんありますが、どんな育児グッズが良いのか実際に使ってみないと分からない部分もありますよね。今回は現役ママの声から生まれた育児便利グッズをご紹介します。

この記事のキュレーター

nozomi nozomi