特集記事

今注目の記事

2017年12月1日 更新

雪が降る日が待ち遠しくなる♪*冬がテーマの絵本7選*

絵本の読み聞かせは子供にとって良い効果がありと言われていますよね♪季節に合った絵本を読むことで、より絵本を楽しいと感じてくれるかも★今回は冬がテーマの絵本をご紹介していきます。雪が降るのが楽しみになるかも♪

てぶくろ

 (113154)

言わずと知れた『てぶくろ』はウクライナ民話なんですよね。

森の中に住んでいる可愛い動物がたくさん登場します。
犬の散歩をしていたおじいさんは森の中で片方の手袋を落としてしまうのですが、その手袋の中に色んな動物たちが入ってきてぎゅうぎゅうになってしまうんです。

最後は手袋を探しにおじいさんが戻ってくるのですが、どうなってしまうのでしょうか・・・
イラストがとっても繊細で色合いも素敵です♪

だるまちゃんとうさぎちゃん

 (113155)

だるまちゃんシリーズも人気がありますね!

今回のお話はだるまちゃんとうさぎちゃんが雪遊びをするというお話です。
雪遊びの仕方が載っているので、雪が降ったら真似して遊びたいですね!
昔懐かしいイラストにほっこり癒されます♪

ふゆってどんなところなの?

 (112461)

くまって冬になると暖かくなるまで冬眠しますよね。
「ふゆってどんなところなの?」では冬眠前のくまの家族が最後の晩餐をしています。

たくさん食べていざ冬眠!!!といきたいところですが、くまの三兄弟は春が来る前に目が覚めてしまいました!!初めて見る冬の雪景色に大興奮!!

くまの三兄弟は無事冬眠することができるのでしょうか!?
くまの三兄弟がとっても可愛いですね♡

ゆきふふふ

 (112463)

ゆきふふふは、くもん出版の「はじめてであうえほんシリーズ」の1冊です。

雪といっても色んな雪がありますよね。
ふわふわの雪、ちょっと固めの雪、すぐに溶けてなくなっちゃう雪、同じ雪でも色んな雪が登場するのが面白いですね。色んなオノマトペが出てくるところが日本らしくて良いですね♪

ペネロペ ゆきあそびをする

 (112465)

NHKでも放送されているペネロペ、ご存じの方も多いのではないでしょうか♪

今回の作品は、ペネロペが雪遊びをするという物語です。
ペネロペはソリ、スキー、雪合戦、雪だるまを作ったり、雪の中でめいっぱい遊びます★

早く雪遊びがしたくなってしまうかも!?
無邪気に遊ぶペネロペがとっても可愛くてほっこり♪
こんなに雪が積もったら、思いっきり遊べますね。
21 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

2人目育児は上の子への接し方が大切!赤ちゃん返りに上手に対応する秘訣とは?

2人目育児は上の子への接し方が大切!赤ちゃん返りに上手に対応する秘訣とは?

第二子を出産し、初めて2人育児をスタートするママ。幸せが倍増!と思いきや、『上の子への接し方』で悩むママは少なくないようです。
先輩ママの寝かしつけアイデアをチェック♪

先輩ママの寝かしつけアイデアをチェック♪

毎日の寝かしつけ大変ですよね。スッと寝てくれる日もあれば、寝かしつけに時間がかかる日もあったり・・・。今回は先輩ママ達の寝かしつけアイデアを紹介していきます♪
絵本の読み聞かせに♪クリスマスシーズンに読みたい絵本10選*

絵本の読み聞かせに♪クリスマスシーズンに読みたい絵本10選*

ハロウィンが終われば、次はクリスマスが待っていますね!街中がクリスマスカラーに変わっていきますね♪クリスマスが待ち遠しくなる楽しい絵本をご紹介していきます★絵本の世界でも四季を感じることができますよ♪
*保存版*200万部以上売れた絵本28選*

*保存版*200万部以上売れた絵本28選*

絵本ってたくさんあるので、どの絵本にしようか悩んでしまいますよね。今回は累計200万部以上売れた大人気の絵本をランキング形式でご紹介していきます!絵本選びの参考になるのではないでしょうか♪
ママになった今だからこそ!感動する絵本6選♡

ママになった今だからこそ!感動する絵本6選♡

「育児が辛い…」そう感じる時は、ママであれば誰でもあるもの。そんな時、私はたまに絵本を開きます。読み終わると心が楽になっていたり前向きになれていたり…時には涙が出ていることも。ママになった今だからこそ分かる、感動する絵本を6冊ご紹介したいと思います☆
大変な”イヤイヤ期”を乗り越えるためのオススメ絵本10選★

大変な”イヤイヤ期”を乗り越えるためのオススメ絵本10選★

イヤイヤ期って大変ですよね。ご飯イヤ!寝るのイヤ!歯磨きイヤ!何でも拒否!とにかく拒否!正直参ってしまいます・・・。そんなイヤイヤ期を乗り越えるための絵本を紹介します。ママは共感できたり、子供自身も何か感じ取ってくれるかも!?

この記事のキュレーター

nozomi nozomi