特集記事

今注目の記事

2017年7月25日 更新

ママの負担軽減♡お子さんをパパっ子に育てちゃいましょう!

いきなりですが、お子さんはママっ子ですか?パパっ子ですか?ママにべったり♡なお子さんももちろん可愛いですが、パパっ子なお子さんならママの育児負担がとっても軽くなるんです☆

お子さんはママっ子?パパっ子?

 (94582)

お子さんはママっ子ですか?パパっ子ですか?

ママが大好きでべったりな子、パパが休みの日はひたすらパパにべったり・・♡
色んなお子さんがいると思います☆

赤ちゃんの頃はママっ子だったのに、少し大きくなってパパっ子になったお子さん。
ママといる時間の方が長いけれど、その分ママは叱ったりする回数も圧倒的に多いですよね!
ママに怒られるから~とパパになつくようになったお子さんも!

ママっ子だったのに、ある日突然パパっ子になると、ママとしてはちょっと寂しかったり・・・
しかし、パパっ子に育てるとメリットだらけなんです♡
一体どんなメリットがあるのかご紹介していきます☆

パパっ子のメリット

1、ママの育児が楽になる♡

お子さんがママっ子だと
・抱っこはママじゃないとダメ
・寝るときもママじゃないと寝ない
・お風呂もママとしか入らない
・ご飯もママの隣じゃないと食べない

ママが元気な時ならとっても可愛くて幸せを感じる瞬間でもありますが、ママの体調が悪いときや、ママがお子さんの面倒を見れないときには困ってしまいますよね。

お子さんがパパっ子になってくれると、これらの負担が一気に軽減されます☆
うちの2歳半の息子はずっとママっ子だったのですが、最近やっとパパにもなつくようになったので、少しずつ楽が出来るようになってきました!

2、パパが育児に参加するようになる☆

お子さんが自分に懐いてくれると、パパは嬉しいですよね!
そんな喜びからか、子育てに積極的になったパパもいるそうです☆

・おむつを替えてくれるようになった
・いっぱい遊ぶようになった
・お風呂に入れるようになった
などママにとっても嬉しい変化が・・・☆

3、パパとママの関係も良好♡

パパが育児に積極的ではない場合、ちょっとくらい手伝ってくれても良いのに・・と思ってしまいませんか?

しかしお子さんがパパっ子になって少しでもパパが育児に積極的になってくれると、ママの心にも余裕が生まれますよね☆
パパと子どもが戯れている姿を見ることも、ママにとっては幸せを感じる瞬間ではないでしょうか?

パパありがとう!と感謝する気持ちが生まれることで、パパとママの関係も良好に♡

パパっ子はこんなに良い☆

 (94581)

自由時間ゲット!

ぜひこのまま、パパっ子を継続してあげてください!!!
私など、そうなるように仕組んだほどです。
パパが好きよね~~
パパが大好きよね~~~パパが一番よね~~~~ハイ、パパオムツ替えてあげて♪○○ちゃんがパパがいいよ~って訴えてる!でないと泣いちゃう!ホラ!パパ!!やってあげて♪(←生後1カ月から洗脳)

苦労(?)の甲斐があり、現在4歳児ですが十分パパっ子です。ありがたいです。パパとデートに行ってくれてる間、寝かしつけてる間、自分は念願の自由時間です!フォー!!
ママの策略で、見事パパっ子に♡
パパとお子さんが出掛けてくれている間、ママは1人で過ごすことが出来ます☆
美容院に行ったり、友達とランチしたり、なかなか1人の時間がないママにとって至福の時間に♡

パパが育児に協力的☆

32 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

ワンオペ育児注意報!ひとりで抱え込まない方法とは?

ワンオペ育児注意報!ひとりで抱え込まない方法とは?

最近話題の「ワンオペ育児」。育児だけでなく、家事や仕事など色々なことをママ一人でこなしている状況をさします。ここでは、今まさにワンオペ育児をされているママが、ひとりで抱え込まない方法をご紹介していきたいと思います。
ちょっと待って!『日本人男性は世界一育児をしない』これって本当!?

ちょっと待って!『日本人男性は世界一育児をしない』これって本当!?

育児に協力的な、いわゆるイクメンが多くなってきたと感じていましたが、日本人男性は世界一育児をしないという驚くべき調査結果が出てしまいました!これって本当なの!?
パパの育児力を下げるのは、ママの発言が原因かも?日々の生活の中で、パパをイクメンにするためには。

パパの育児力を下げるのは、ママの発言が原因かも?日々の生活の中で、パパをイクメンにするためには。

「イクメン」という言葉が世間ではよく言われますが、パパはすぐにイクメンになれる訳ではありません。パパをイクメンに育て、育児のストレスや大変さから逃れるためには、ママがパパを育てる必要がありました。どうすればパパはママを助けられるイクメンになれるのでしょうか。
『イクメン』の意味が変わり始めている!?「育児は当然」という最近のパパたち!

『イクメン』の意味が変わり始めている!?「育児は当然」という最近のパパたち!

育児にかかわるママにとって、最近耳にしない日はない「イクメン」という言葉。最近、イクメンという言葉の意味も変わり始めているのかもしれません・・・様々な形で出産・育児に主体的にかかわっている「イクメン」芸能人もご紹介!
ママの怒りが爆発寸前!パパが育児に参加しない。こんな時どうすればいい?

ママの怒りが爆発寸前!パパが育児に参加しない。こんな時どうすればいい?

育児に協力的ないわゆる『イクメン』と呼ばれるパパもいる一方で、全く育児に非協力的なパパも・・そんなパパに対して、ママの怒りが爆発寸前!!!なんで手伝ってくれないの!?協力してくれないパパの心理は??
パパに育児に参加してもらおう!!パパに育児を頼む秘訣

パパに育児に参加してもらおう!!パパに育児を頼む秘訣

子どものお世話はママの仕事、と思っているパパは多いと思います。パパは仕事をして家族を養うのが仕事で、家庭内のことはママに任せようというスタンスのパパは少なくないでしょう。しかし!育児は夫婦で協力して行うものです。パパに育児に参加してもらう秘訣をまとめました。

この記事のキュレーター

nozomi nozomi