特集記事

今注目の記事

2017年7月1日 更新

『英語は3歳まで』って本当!?小学校では英語教育が必修化に!

2020年から小学校での英語教育が必修化になります。早いうちから学ばせたら良いのかな…と考えるママたちが増えているようですが、実際のところは??

2020年からの小学校教育において『英語』が3年生から必修化、5年生から教科化されることが決まりました。それに先駆け、幼いうちから学ばせることに興味を持つママは少なくないようです。
英語の早期教育については賛否両論。はたして、英語教育は幼いうちから必要なのでしょうか?まとめてみました。

2~3歳児は好奇心が旺盛!

 (88174)

私たち日本人は、日常生活の中で使う『日本語』を自然と身に付けますよね。幼いうちから英語に触れ合わせる機会をたくさん設けることで、子供は英語をスムーズに身に付けて行くのは確かだと言えるでしょう。
2~3歳という年齢は好奇心が旺盛!子供自身が英語に興味を持ち、「楽しい!学びたい!」と感じるのであれば、それは素敵なチャンスかもしれません!

2歳児は『遊び』の一環

2歳児の場合、遊び感覚で日常の中に英語を取り入れる方法がおすすめです。日本語を学ぶのと同じく、日常の中に英語があるのが当たり前!という環境を作ることで、自然と身に付けていきます。
ママが英語を話せるのであれば積極的に使っても良いですし、英語音声付きの知育玩具や、英語教材のDVDを活用するのも良いでしょう。

3歳児は『お勉強』としても◎

 (88178)

3歳児は言葉が発達し、自分の意思を伝えられるようになる年齢です。思うこと、感じたことを言葉にして相手に伝えようとする『コミュニケーション能力』が飛躍的に発達します。
お教室に通わせて『お勉強』の一環と考えるのも良いですね。ただし、「楽しい!」という気持ちを損なわないよう気を付けてあげましょう。

合うor合わない!子供の性格は!?

子供の性格は千差万別。年齢に関わらず、いつもママの後ろに隠れてしまう恥ずかしがり屋の子供の場合、無理強いは禁物です。かえって引っ込み思案を強めてしまうかもしれません。

そのような場合は、英語教室など人を相手にする取り組み方ではなく、自宅で使える教材を取り寄せてみるのも良い方法かもしれません。

子供の性格を見ながら考えられると良いですね。

小学校における『英語教育』のねらい

小学校の授業に英語が取り入れられる、そう聞くと、焦ってしまうママもいるかもしれませんね。しかし、なぜ必修化になるのか、まずはその『ねらい』を紐解いてみましょう。
中学校で学ばれている内容を単に前倒しするのではなく、小学校の発達段階に応じて、積極的に英語を読もうとしたり書こうとしたりする態度の育成を含めた初歩的な英語の運用能力を養う指導が考えられる。
発音・聞き取りを早く身に付けさせ、英単語をより多く覚え、文法をマスターする…そうではないのです。
あくまでも、本格的に学ぶのは中学生になってから。小学校時期の英語教育のねらいは、中学生になって戸惑わないよう、前もって楽しく英語に触れ合う機会を設けるというものです。
 (88176)

17 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

やっぱり英語はしゃべってほしい!でも何歳からがベスト?

やっぱり英語はしゃべってほしい!でも何歳からがベスト?

英語が話せなくて苦労した経験がある人なら、我が子には同じ思いをさせたくないと思うものですよね。最近では子供の英語教育熱が高まっており、幼稚園で取り入れるところもあるほどです。我が子に英語を習わせるなら何歳からがよいのか、年齢別におすすめの英語学習方やおすすめの絵本などをご紹介します☆
うちの子もしかして天才児?ギフテッドって何?

うちの子もしかして天才児?ギフテッドって何?

「ギフテッド」とは生まれつき平均よりも高い知能を持っている人のことで、アメリカではギフテッドの子供へ特別なプログラムがあります。今回はギフテッドの特徴やギフテッド教育についてまとめました。
男の子にオススメしたい、習い事12選☆

男の子にオススメしたい、習い事12選☆

幼稚園や小学校に入ったら、そろそろ習い事を始めた方が良いのかな?と考え始めますよね。男の子にオススメの習い事やそのメリット・デメリットを紹介します。ぜひ参考にしてみてください☆
欧米では主流!自立心を育てるモンテッソーリ教育って何?

欧米では主流!自立心を育てるモンテッソーリ教育って何?

日本では幼児教育の一つとして知られるモンテッソーリ式教育をご存知ですか?最近では藤井四段がモンテッソーリ幼稚園に通っていたことで注目を集めています。モンテッソーリ式教育の特徴やメリット・デメリットについて、アメリカのモンテッソーリ校で勤務経験のある筆者が経験談をもとにご説明します!
右脳を鍛える☆七田式トレーニングって何?

右脳を鍛える☆七田式トレーニングって何?

子供の脳を鍛えるには、物事を「考える」のではなく「イメージでとらえて実現する」ことが大切になります。そのためには、左脳ではなく右脳を鍛えることが大切と言われています。今回は、右脳教育で有名な「七田式」についてご紹介したいと思います。
最初が肝心?楽しんでもらいたい☆初めての英語絵本おススメ8選!

最初が肝心?楽しんでもらいたい☆初めての英語絵本おススメ8選!

英語教育を取り入れる幼稚園や保育園も増えてきました。これからの時代、英語のスキルは必須になってきますよね。子供に早いうちから英語を学ばせたい!と思っているママも多いのではないでしょうか。初めて英語に触れるには絵本の読み聞かせが最適です。英語絵本の読み聞かせポイントやオススメ絵本についてまとめました。

この記事のキュレーター

e-family e-family