特集記事

今注目の記事

2016年12月21日 更新

なんでそうなる!?今だから笑える!イヤイヤ期エピソード♡

イヤイヤ期は子供の成長に必要なもの、そう分かっていてもママもイライラしてしまいますよね・・・そんなイヤイヤ期も振り返るとちょっと笑ってしまうものも結構あったりします。

 (35863)

子供の成長段階だとわかっていても、親を悩ませる「イヤイヤ期」。

「魔の2歳児」、英語でも「evil two」(evil=悪の)と言われているくらい、万国共通の第一次反抗期のことを指します。

一般的に、第一次反抗期は2歳~4歳頃とされていますが、もちろん人それぞれ。
我が家では、1歳半頃からスタートしていました。

でも、改めて振り返ると思わず笑ってしまうような出来事も♡
そのようなエピソードを集めてみました!

嫌いな食べ物はどこに?

もうすぐ2歳になる娘の食事中の出来事。
好きなものから食べる娘は、お皿に嫌いなナスを残していました。

私「ナス美味しいよ~」

娘「ヤダー!」

私「ナスを食べたらデザートの果物だからね~」

そう話したら、おもむろに手でナスを取り、口に運ぶ…マネをして、ナスをお食事エプロンのポケットへ!
さらにもうひとつポケットに!!

えっ?!

しかも、それが終わると左手で空のお皿を私に見せつけ、右手でエプロンのポケット部分を押さえつけて見えないようにして食べたよアピールまで!!

ちゃんと食べなさい!と、口では叱りつつ、子供の知恵ってすごいなぁ、と心の中では感心してしまいました。

噛んでいいよ!

近所に住む2歳の仲良しの男の子YくんとA君。
Yくんは、まだ言葉は未熟で、2語文がたまに聞ける程度でした。
Aくんは、よくお話ができて体格も大きい子でした。

2人はいつも仲良く遊んでいるのですが、おもちゃの取り合いもしばしば。
そんな時、Aくんは言葉で「貸して」や「今使っているの!」とか言えるのですが、Yくんは「あー!」などとしか言えず泣いたり騒いだり。

ついには、YくんがAくんの腕をガブリっ!!
そう。Yくんには噛み付き行動に出てしまうことがあったのです。もちろんAくんは泣いてしまいました。

何度か同じようなことがあった後のこと。2人はいつも通り仲良く遊んでいました。

すると、AくんがYくんに向かって
「腕、噛んでいいよ!」と、自分の腕を差し出したのです!

そう言われても噛めないYくん。
しばらくするとまた遊びに戻った2人でしたが、噛まれていたAくんにとっては、遊びの一貫になっていたのかもしれませんね。

ちなみにその後、Yくんの言葉の発達と共に噛み付き行動はなくなり、2人は相変わらず仲良く遊んでいます。
 (35864)

お菓子買ってー!

スーパーにお買いものに行くと、必ず子供から出てくる言葉…。「お菓子買っていい?」
月に1回ならまだしも、毎日のことだと簡単にYESとは言えませんよね。

機嫌が悪い時に「お菓子買って攻撃」が始まると、娘の場合は、お菓子売り場から離れない、座り込む、奇声を出す、勝手に買い物かごに入れる…カートに乗せて買い物してても、2歳にもなると自力で脱出できるからタチが悪い…。

そういう時は、「家にこのお菓子あるから、今日はこれを買おうか。○○ちゃん(=娘)持っててね。レジまで持てるかな~?」と、とにかくお手伝いをさせ、その工程を褒めまくりました。

持たせるのは娘が好きな食品で納豆やちくわ。それも嫌がると妥協して、ヨーグルトかチーズくらい。
お菓子よりはマシかな、というものでなるべく必要なものを選びました。

お手伝いが出来たことが嬉しいのか、上機嫌になってくれることも♪
もちろん、家に帰ってもそのお菓子はないのですが、2歳児は忘れてくれるのです!
 (35862)

いつまで続く?4歳のイヤイヤエピソード

幼稚園で1番の仲良しの友達と一緒に、スイミングの体験レッスンに行くことになりました。
「プールの体験、行きたくない!ヤダ!」と最初は言ってましたが、日にちが近づくにつれ、周囲に「プールの体験行くんだ♪」と話すようになっていました。

そして体験当日。
2人とも初めてのことが苦手でしたが、2人一緒ということですんなり着替えてプールへ。
体験レッスンも楽しそうにしていて、終わって着替えながら話を聞くと「楽しかった!」と笑顔。

私「じゃあ、またプールの練習しに来ようか?」
娘「イヤ!」

え??楽しかったんでしょ?と思いつつとにかくイヤだと言うので、その日は申し込みをせずに帰ってきました。

それから何故イヤなのか理由を聞くと、一瞬友達と離れたのが嫌だった、みんな同じ水着が嫌だ、辞められないのが嫌だ、とにかく嫌だ…等々。

1週間イヤだイヤだと言い続けていたのですが、慣れれば楽しめると確信した私は、半ば強制的に娘と申し込みに向かいました。行く道中は、まだイヤだと言っていました。

ところが申し込み後、スイミングスクールを出た瞬間…
「○○(=娘の名前)、プール通うんだ~♪」
もうやる気充分!?1週間のイヤはなんだったの!?

その後のプール初日も楽しめ、次はいつ?明日も行きたい!と楽しみにする娘でした。

他のママさんのイヤイヤ期エピソード

多くのママがイヤイヤ期と格闘してるんだなぁと思うと、励まされます!
1人が泣くと、連鎖しちゃいますよね・・・
21 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

やられた!きっと誰もが通る道!?子供って本当にイタズラ大好き☆

やられた!きっと誰もが通る道!?子供って本当にイタズラ大好き☆

赤ちゃんだった我が子も、大きくなってくるにつれどんどんヤンチャに!見ている分にはほっこりしますが、家でされたら発狂しちゃうかも!?
言うことを聞かなくなってきた子供!どう対応する?

言うことを聞かなくなってきた子供!どう対応する?

前ならママが注意したら言うことを聞いてくれた子供…でも最近全く言うことを聞いてくれなくなったというお悩みのママはいませんか?聞いているようで聞いていない、返事はするけどすぐに忘れたり不機嫌になったり…一体どう対応してあげればいいのでしょうか・
【育児し絵日記】突如始まるイヤイヤ期〜魔の2歳児編〜

【育児し絵日記】突如始まるイヤイヤ期〜魔の2歳児編〜

2歳頃に突如始まるイヤイヤ期。ママ界では『魔の2歳児』と呼ばれています。魔の2歳児はなかなか大変ですが、育児絵日記を読むと、自分だけではなかったんだと励まされるはずです♪
あべようこ(@montessorimanga)さんのイヤイヤ期対処法がタメになる*

あべようこ(@montessorimanga)さんのイヤイヤ期対処法がタメになる*

誰もが通るイヤイヤ期。これがなかなか大変なんですよね・・・なぜ「イヤだ!」ばかり言うのか、イヤイヤ期にはどう接したら良いのかなど、あべようこ(@montessorimanga)さんのイヤイヤ期対処法をご紹介します。
赤ちゃん返りは悪いことじゃない。ただママが大好きなだけなんです。

赤ちゃん返りは悪いことじゃない。ただママが大好きなだけなんです。

下の子が生まれると初めての赤ちゃんに上の子は喜んでくれたり、かわいがってくれたりしてとても微笑ましい光景が見られます。しかし、しばらくすると赤ちゃんの方が自分よりママに構ってもらっている!とヤキモチを焼いてしまい赤ちゃん返りをしてしまうことも…とても大変な赤ちゃん返り。ですが、それは子供がママを大好きだからでもあるんです。
イヤイヤ期のお子さん必見!たちまち笑顔になれる「ニコちゃん体操☆」

イヤイヤ期のお子さん必見!たちまち笑顔になれる「ニコちゃん体操☆」

「ニコちゃん体操」という今大人気の動画をご存知ですか?イヤイヤ期のお子さんの気持ちを面白く楽しく歌って踊っている動画で、お子さんのイヤイヤもおさまること間違いなし★

この記事のキュレーター

mamano writers mamano writers