特集記事

今注目の記事

2017年10月18日 更新

楽したい日にはコンビニ食材活用術☆子供のご飯を美味しく手軽に作ろう

どんなに忙しくても、子供には手作りの食事を用意してあげたい!そんなときは『コンビニ食材』が便利!そのまま並べるだけじゃなく、ひと手間加えてママの味にしちゃいましょう。

『おでん』+『千切りキャベツ』でお好み焼き

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード (109466)

買ってきた『おでん』をざく切りにして、千切りキャベツはそのまま混ぜます。
具はこれだけで十分!しっかり味が染みたおでんと、おでんの汁で、美味しい充分にお好み焼きが出来ます。

おでん種は何でもOK。どこから何が出てくるかワクワク感も楽しめます♪
セブンプレミアム 千切りキャベツ - セブン-イレブン~近くて便利~ (109102)

『ポテトサラダ』が春巻きに!?

プロカメラマンのフリー写真素材 無料画像素材のプロ・フォト (109467)

ポテトサラダを春巻きの皮に包み、多めの油で両面カリッと焼くだけの簡単レシピ。
これだけで立派な夕食のメインおかずになります。

好みでウインナーやハム、チーズや枝豆をプラスしても美味しいですよ。
ポテトサラダ - セブン-イレブン~近くて便利~ (109098)

『チキン南蛮』でハンバーガー!

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (109468)

ローソンで今月から新発売の『チキン南蛮』。
ジューシーな鶏肉と、子供も大好きなタルタルソース。
パンに挟むだけで、豪勢なハンバーガーに!

小さな子供にはバンズや食パンを使うと食べやすく仕上がります♪
チキン南蛮|ローソン (109094)

『焼き鳥』を炊き込みご飯に!

かわいいフリー素材集 いらすとや (109474)

炊飯器に研いだお米と焼き鳥、ネギと調味料を加えてスイッチオン!
下処理なく美味しい炊き込みご飯があっという間に出来てしまいます。
味のついたご飯は子供も食べやすいので、きっと喜んでくれるでしょう♪

また、炭火焼きの香ばしさはお家のフライパンでは出せない味なので、パパもきっと大満足です!
24 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

炊飯器に入れてポチっ♪スイッチ1つで簡単に作れる時短&簡単メニュー★

炊飯器に入れてポチっ♪スイッチ1つで簡単に作れる時短&簡単メニュー★

炊飯器に入れてスイッチを押すだけで完成する時短&簡単メニューを紹介していきます。離乳食や肉料理、ボリューム満点ご飯、スイーツまで幅広い料理を作ることができるので、ぜひ炊飯器を使って時短料理を作ってみてください!
野菜が苦手な子にも★栄養満点の『ベジブロス』を離乳食に活用しよう

野菜が苦手な子にも★栄養満点の『ベジブロス』を離乳食に活用しよう

“野菜くず”から作る野菜だし『ベジブロス』。節約にも免疫力UPにもおすすめ!離乳食にも活用して、家族みんなで冬を元気に過ごしましょう!
いつも冷蔵庫にストックしている野菜でできる♡かんたん幼児食おすすめレシピ

いつも冷蔵庫にストックしている野菜でできる♡かんたん幼児食おすすめレシピ

人参・玉ねぎ・キャベツ・じゃがいも、もやし、ほうれん草…季節を問わずストックしやすい6種類の常備野菜を使って、子供が喜ぶ食事を作りましょう♪バラエティに富んだレシピの数々、ご覧下さい♡
病院管理栄養士ママが作る離乳食【yumaストック】から学ぶ離乳食のストック作り★

病院管理栄養士ママが作る離乳食【yumaストック】から学ぶ離乳食のストック作り★

病院管理栄養士ママである(@yuma_food)さんの離乳食記録には毎日の離乳食の記録や、ストックの作り方などが載っているのですがこれがかなり参考になります★【#yumaストック】から離乳食のストック作りを学びましょう★
Twitter発★【#離乳食めんどくさい協会】ママたちの楽技をマネしちゃおう♪

Twitter発★【#離乳食めんどくさい協会】ママたちの楽技をマネしちゃおう♪

Twitterのハッシュタグ『#離乳食めんどくさい協会』に入会するママ多数★毎日の離乳食づくりは大変です。時短&楽技でママの負担を軽減しちゃいましょう!!使えるアイデアをあつめました。
Twitterユーザー小雪(@lgm_)さんの「料理が苦手なお母さん向けのお弁当対策」が参考になる!

Twitterユーザー小雪(@lgm_)さんの「料理が苦手なお母さん向けのお弁当対策」が参考になる!

Twitterユーザーである小雪さん。料理が苦手なお母さん向けのお弁当対策として、イラストで紹介してくれているのですが、これがとても参考になるんです!!毎日のお弁当作りが苦手な方、もっと上手に作れるようになりたいと思っているママは要チェックです!!

この記事のキュレーター

e-family e-family