特集記事

今注目の記事

2017年7月7日 更新

赤ちゃんの具合が悪い!症状別離乳食レシピをご紹介☆

熱が出た、下痢してる、口内炎ができた…など、赤ちゃんの体調が悪い時の離乳食はどうすればいいのか悩みますよね。今回は、症状別におススメの離乳食レシピをご紹介したいと思います☆

具合が悪い時の離乳食

季節は6月。
そろそろ夏風邪が流行る時期ですね。

夏風邪は高熱が出たり、手足や口腔内にブツブツができたり(手足口病)、喉の奥に水泡ができたり(ヘルパンギーナ)、下痢や嘔吐をしたりとけっこう厄介なものです。

離乳食を進めている赤ちゃんのママたちは、具合が悪い時はどうすればいいのか悩みますよね。
 (85485)

まずは医師の指示をあおいで

夏風邪の原因となるウイルスは様々です。
まずは病院を受診して、医師の診察を受けましょう。
その時、食べてもいいものやダメなものを聞いておくことが大切です。

水分補給がいちばん大切

夏は汗をかく量が多いため、特に具合が悪いときは水分が奪われがちに。

脱水になると水分と電解質が奪われることにより、からだのあちこちにトラブルが出てきます。
具合が悪い時は、とにかく水分補給がいちばん大切です。
ここで言う「水分」とは、水や麦茶ではなく「電解質を含んだ水分」のことです。
分かりやすくいうと、塩分と糖分を含んだ水ですね。
いちばん適しているのは、小児用のイオン飲料です。
ドラッグストアで販売されていますから、常備しておくといざいという時に安心ですよ!

もちろん、飲むようであればおっぱいやミルクでもOKです☆
Amazon | ピジョン ミネラルアクア 500ml×24個 | ベビー用飲料 通販 (85497)

水分不足に要注意!脱水症の初期症状と予防方法 | いしゃまち

水分不足に要注意!脱水症の初期症状と予防方法 | いしゃまち
【医師監修記事】脱水症状の原因と症状についてご説明します。汗をかいたら、しっかり水分補給していますか?水を飲まないと危険な脱水症状になるということは知っていても、具体的にどのような症状が出るのか知らない方は多いのではないでしょうか。

症状別☆具合が悪い時の離乳食レシピ

それでは症状別に、具合が悪い時の離乳食レシピをご紹介したいと思います☆

◆発熱している時

発熱している時は、食欲が低下します。
できるだけ栄養価が高く、消化がよいものを作ってあげましょう。

脱水にもなりやすいので、こまめな水分補給も大切です。

離乳食初期☆野菜リゾット風お粥 by いないいないだあ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが268万品

離乳食初期☆野菜リゾット風お粥 by いないいないだあ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが268万品
「離乳食初期☆野菜リゾット風お粥」野菜のうまみたっぷりのお粥です♪
47 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏の離乳食アイディア!夏が旬の4つの野菜を使った離乳食

夏の離乳食アイディア!夏が旬の4つの野菜を使った離乳食

夏は体力が落ちやすく、しっかり食事からの栄養を補給したいですね!夏におすすめの野菜とその栄養素、調理法などをご紹介します。離乳食の食材選びにお役立てくださいね☆
食欲のない夏でもモリモリ食べれちゃう☆離乳食レシピまとめ

食欲のない夏でもモリモリ食べれちゃう☆離乳食レシピまとめ

暑い日が続くと、大人でも食欲がなくなりますよね。これは赤ちゃんでも同じです。今回は、暑い夏でもモリモリ食べれる、離乳食レシピをご紹介します☆
子供に『鉄分』はなぜ必要?離乳食&幼児食レシピおすすめ6選

子供に『鉄分』はなぜ必要?離乳食&幼児食レシピおすすめ6選

子供がなりやすい鉄分不足。そのサイクルを知って鉄分不足を予防しましょう!おすすめレシピも一緒にご紹介します★
自然な甘さで子供も喜ぶ!「南瓜」を食べたい!消費に困らないレシピも☆

自然な甘さで子供も喜ぶ!「南瓜」を食べたい!消費に困らないレシピも☆

南瓜は子供に食べさせたい栄養豊富な食材です♪甘味があるので離乳食でも、完了後でも子供にとって食べやすい食材ですね。子供がぱくぱく食べてくる鉄板レシピもご紹介します♡
赤ちゃんと一緒にクリスマスパーティー☆おススメ離乳食メニュー

赤ちゃんと一緒にクリスマスパーティー☆おススメ離乳食メニュー

もうすぐクリスマス!クリスマスの日は少しだけ特別なメニューにしたいですよね。今回はクリスマス離乳食のみんなの素敵なアイディアをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。
1歳過ぎてからの栄養バランス★ママに知ってほしい食事のポイント

1歳過ぎてからの栄養バランス★ママに知ってほしい食事のポイント

離乳食も完了期にさしかかり、色々な物が食べられるようになるこの時期。食べる量も大切ですがバランスを考えた食事にしてあげたいものです。ママに知ってほしい食事のポイントをまとめました。

この記事のキュレーター

サナ サナ