特集記事

今注目の記事

2017年7月26日 更新

夜泣きに悩んでいるママ必見!『小児鍼』の効果とは!?

「小児鍼」をご存知ですか?免疫力アップや癇の虫、夜泣きなどに効果アリと評判なんです。今回は、鍼灸師の知人から受けた、小児鍼の夜泣きの効果についてまとめました☆

小児鍼ってどんなもの?

「小児鍼は痛そう」というイメージがあるかも知れませんが、小児鍼は大人にする鍼(はり)とは違います。

まず、大人に使う鍼を見てみましょう。
鍼 - Wikipedia (89552)

鍼灸(はりとお灸)が好きでたまに治療を受けているのですが、個人差はあると思いますが、私は鍼は全然痛くないんです。

そして気になる「小児鍼」はこんな感じです。
広島市西区|交通事故のリハビリには、あゆみはりきゅう整骨院 |美容鍼・小児はり (89561)

知人が使っている、小児鍼に使う鍼です。
一つ一つの鍼が無菌パックに入っており、衛生面でも安心☆
プラスチック製だから、全然痛くないようです。

治療はどのようにするの?痛くない?

何度も言いますが、小児鍼は全然痛くないようです。
むしろくすぐったくて笑いだす子もいるくらいなのです。

小児鍼は、赤ちゃんや小さな子供の場合、鍼で刺激するというよりも、治療者の手で刺激する感じなのです。
私は、鍼灸師の知人からやり方を教えてもらい、たまに子供たちに鍼をしています。

分かりにくいので、画像を使って説明させて頂きますね。
小児鍼の方法 - 経絡治療 岐阜 きぼう堂鍼灸治療院  (89567)

先ほどのプラスチック製の鍼を、このように持ちます。
プラスチックの部分を当てるのではなく、ママの指でガードしながら子供の皮膚を刺激していくのです。
始めのうちは、子供の皮膚に鍼が全く当たらないようにします。

※治療方法は、治療者によって若干の違いがあります!
ただ、「痛くない」のは、どの治療方法でも同じだそうですよ。

想像していた小児鍼とは、イメージが全く違うのではないでしょうか?
小児鍼の方法 - 経絡治療 岐阜 きぼう堂鍼灸治療院  (89570)

小児鍼の方法 - 経絡治療 岐阜 きぼう堂鍼灸治療院  (89571)

小児鍼の方法 - 経絡治療 岐阜 きぼう堂鍼灸治療院  (89572)

治療に慣れてきたり、大きなお子さんに対してはこのように持って治療を進めることがあります。

こちらの鍼は扱いも簡単なので、はじめに治療者が治療し、慣れてくると各家庭で保護者が治療することがほとんどのようですよ。
29 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

夜中でも受診すべき!?緊急度と対処法がチェックできるアプリ「メルプkids」

夜中でも受診すべき!?緊急度と対処法がチェックできるアプリ「メルプkids」

休日や夜間の急な体調不良…子供の場合は緊急度が分かりにくく、不安ですよね。そんな“もしもの場合”に備えて、おすすめのアプリが「メルプkids」です!
大人気の育児絵日記*うちだけじゃなかった!~夜泣き編~

大人気の育児絵日記*うちだけじゃなかった!~夜泣き編~

Instagramで人気の育児絵日記。今回は『夜泣き』がテーマの育児絵日記を集めました★毎日の育児は大変ですが、うちだけじゃなかったんだと共感できること間違いなし!
もしかしてうちの子は夏バテ!?ママが気をつけてあげたいポイントはコレ★

もしかしてうちの子は夏バテ!?ママが気をつけてあげたいポイントはコレ★

毎日本当に暑い日が続きますが、お子さんの様子に変化はないでしょうか?「元気がなくダラダラ過ごしている」「食欲がない」「機嫌の悪い日が多い」…それはもしかすると夏バテの症状かもしれません。
【ママの気になるニュース】話題「赤ちゃん夜泣き外来」に予約が殺到!

【ママの気になるニュース】話題「赤ちゃん夜泣き外来」に予約が殺到!

「兵庫県立リハビリテーション中央病院」がこの夏新たに開設した「赤ちゃん夜泣き外来」。夜泣きをする赤ちゃんに対する専門的なケアを行う全国でも珍しい診療科なのです。
時短で栄養たっぷり★無印良品の【乾燥野菜】が超使える!!

時短で栄養たっぷり★無印良品の【乾燥野菜】が超使える!!

無印良品の【乾燥野菜】は国産で無添加、簡単に使えて栄養も豊富なのでおススメ◎ちょっと野菜をプラスしたい時、時間がない時などにとても重宝しますよ!
アレルギーから子供を守る!アレルギーサインプレートって知ってる?

アレルギーから子供を守る!アレルギーサインプレートって知ってる?

食物アレルギーをもつ子供は少なくありません。ただパッと見ただけではアレルギーがあるかどうか分からないですよね。アレルギーサインプレートを身に付けておけば、親だけではなく周囲の大人もアレルギーがある事を理解することができます。

この記事のキュレーター

サナ サナ