特集記事

今注目の記事

2017年8月2日 更新

離乳食に便利な『お肉』!赤ちゃんに食べやすい調理法をご紹介します

離乳食でお肉を嫌がる赤ちゃんは少なくありません。『飲み込みにくい』が一番の理由のようです。食べやすくする調理法などをご紹介します!

動物性タンパク質の『お肉』。豆腐やお魚に比べて調理が簡単なので、赤ちゃんが好んで食べてくれるとママも助かりますよね。しかし、パサつきやすく飲み込みにくいため、嫌がる赤ちゃんも多いんです。
そんなお肉を、赤ちゃんが食べやすいように調理する方法をご紹介します。

離乳食に使えるお肉の種類

鶏肉・豚肉・牛肉など、お肉にもいくつかの種類があります。それぞれの部位によっても食べさせることのできる時期が異なります。
 (94784)

【鶏肉】

ささみや、ささみ・むね肉を原料としたひき肉は、中期から与えることができます。脂肪分の多いもも肉は、完了期から可能。皮はしっかり取り除く必要があります。

【豚肉】

ひれ肉やもも肉、ロースなどの赤身は完了期から与えることができます。ひき肉は食べやすく調理もしやすいですが、完了期でも脂肪分の多い白っぽいものは避けた方が良いでしょう。

【牛肉】

牛肉は鉄分を多く含み、栄養的には与えたいお肉です。ヒレ・肩・ロースなど赤身の部分を選び、完了期から使うことができます。

【レバー】

鉄分やビタミンが多く、離乳食レシピの中でもよく紹介されるレバー。中期から与えることができます。特に鶏レバーは臭みが少なくおすすめです。鮮度が落ちやすいので、艶やかなものを選んでくださいね。

お肉を食べやすく!調理例

お肉を食べやすくするための調理例をいくつかご紹介します。

1.すり下ろす

35 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

見た目も味も大満足!!節分メニューアイディア

見た目も味も大満足!!節分メニューアイディア

節分は鬼のお面作りや豆まきなど子供が楽しめる日本の伝統行事ですよね。恵方巻を食べるのが一般的になってきましたが、今年は子供が喜ぶ可愛い節分ごはんを作ってみてはいかがでしょうか?
絶対喜ぶ!離乳食ストックレシピ~パン&パンケーキ編~

絶対喜ぶ!離乳食ストックレシピ~パン&パンケーキ編~

今回紹介する離乳食ストックレシピは、パン&パンケーキ編です。どのレシピも色んな野菜や果物が入っていて、栄養満点で美味しそうなものばかりです。ぜひストック作りの参考にしてみてくださいね☆
離乳食作りの参考になる*yui(@harugohan_)さんの離乳食記録

離乳食作りの参考になる*yui(@harugohan_)さんの離乳食記録

yui(@yuiharugohan_k)さんは2016年11月に生まれた男の子のママで、Instagramで離乳食記録を投稿しているのですが、yuiさんの作る離乳食レシピはどれも美味しそうなんです♪今回はその中からいくつか紹介したいと思います。
親子で楽しむお月見レシピ!定番のお団子からご飯のおかずまで☆

親子で楽しむお月見レシピ!定番のお団子からご飯のおかずまで☆

2018年の十五夜は、9/24(月)!親子で美味しくお月見を楽しみませんか?定番のお団子からおかずまで、簡単にできるお月見レシピを集めてみました☆
子育てママ必見!@baby.gohanさんの離乳食記録が参考になる☆

子育てママ必見!@baby.gohanさんの離乳食記録が参考になる☆

生後5か月頃から離乳食作りが始まりますよね。我が子が色々な食べ物を食べられるようになる喜びはあるものの、離乳食を作るのって正直大変ですよね・・・。@baby.gohanさんの離乳食記録を見れば、離乳食作りの参考になるはずです♪
夏の離乳食におススメ!そうめんレシピ

夏の離乳食におススメ!そうめんレシピ

暑い日が続くと食欲も落ちてしまい夏バテになってしまいますよね。今回は離乳食、幼児食としても食べやすく栄養バランスも良いそうめんレシピのアイディアをまとめました。ぜひ参考にしてくださいね!

この記事のキュレーター

e-family e-family