特集記事

今注目の記事

2018年2月8日 更新

実際に作って見た♡1歳の誕生日につくりたい大流行中の【成長時計】とは?

子供の成長ってあっという間ですよね。その中でも1歳の誕生日は特別なものではないでしょうか。せっかくですから記念にのこる成長時計を作ってみませんか?

成長時計ってなあに?

成長時計って知っていますか?

私は友達に教えてもらい、そんな素敵なものがあるのなら「1歳の記念につくってみたい!」とママ友たちを誘って、みんなで集まって製作しました。

成長時計はいろんな作り方がありますが、私は手形と足形を絵の具でとりました。
画用紙にとった小さな手形と足形をみて、いつかこれを見て懐かしくなるんだろうなぁと感じています。

また0ヶ月から、1ヶ月ずつ写真を選んで時計のように貼り付けていきました。
時計の時間が進むにつれて子供の姿が成長していくように顔写真を並べていき、成長時計の完成です♡
写真補正付/星&ガーランド 成長時計 手形アート | ハンドメイドマーケット minne (122704)

ハンドメイドサイト「minne」でオーダーすることもできます♪
¥2,500

みんなどんな工夫をしているの?

人によって記念にのこしていきたいものは様々。
我が家は手形足形は残してあげたいと思ったので、娘は泣いて嫌がりましたが無理やりですが取らせてもらいました(笑)

そして出生体重や出生身長、また1歳になったときにできるようになったことも画用紙に書いておきました。
ベビーサインでも伝わることがたくさん増えてきたので、そういったことを書いておくと「うちの娘は1歳のときにこんなことをしていたんだなー」と思い出せますよね。

人によっては、ママとパパからのメッセージを載せている人もいますし、どんな形でも子供にとっては嬉しいものになりますね♡♡
成長時計ポスター  ファーストバースデー | ハンドメイドマーケット minne (122705)

娘の反応はどんな感じだった♡♡?

1歳の誕生日のときにあわせて成長時計を完成させましたが、娘の反応はほとんどありませんでした。

それでもいつか「私はこんなに愛されていたんだな」と大きくなった彼女がわかってくれる時がくることを祈って、母親の自己満足な部分もありますが一生懸命作りました。

そして1歳半になり、ある日突然成長時計を見ながら、ひとつひとつの自分のことを指差してニコニコするようになりました!!

娘があまりにも興味をもって楽しそうにじっくり眺めているので、手が届くところに移動してあげました。嬉しそうに成長時計を眺めている娘の顔をみていると、こちらも嬉しくなります。
本当に作って良かったなと思っています◎

娘が話すようになったら「あなたは赤ちゃんの頃こんなことしていたんだよ。こんな子だったんだよ」と話して聞かせてあげる日が今からとっても楽しみです♡♡
 (122708)

9 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

お子さんはどのタイプ!?『赤ちゃんともち診断』で赤ちゃんの個性や才能が丸わかり♡

お子さんはどのタイプ!?『赤ちゃんともち診断』で赤ちゃんの個性や才能が丸わかり♡

赤ちゃんともち診断というものがあるのですがご存じですか?赤ちゃんの個性を6タイプに分け、赤ちゃんの才能を10タイプに分けられているのですが、これがなかなか面白いんです♡お子さんはどのタイプ!?
V6井ノ原快彦さん考案!【ひよこボタン】が再び話題に!?

V6井ノ原快彦さん考案!【ひよこボタン】が再び話題に!?

かつてNHK総合『あさイチ』でV6のイノッチこと井ノ原快彦さんが提案した『ひよこボタン』が、ある男性のツイートで再び話題になっているんです!今度こそ“ひよこボタン”の普及となるか!?
【速報】おかいつ★よしお兄さん&りさお姉さん3月末で卒業を発表

【速報】おかいつ★よしお兄さん&りさお姉さん3月末で卒業を発表

NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」のよしお兄さんとりさお姉さんの2人が3月末で卒業されることが本日発表されました。
meg
最新版!共働き子育てしやすい街ランキング2018で上位の街は?

最新版!共働き子育てしやすい街ランキング2018で上位の街は?

妊娠・出産・育児を考える夫婦にとって、住む場所は重要な問題です。保育園の待機児童問題や子育て支援制度など、気になる点がいっぱい。いま子育てしやすい場所はどこでしょうか?
売り切れ続出!小学館『幼稚園』の付録が大人気☆企業コラボのリアルさがたまらない

売り切れ続出!小学館『幼稚園』の付録が大人気☆企業コラボのリアルさがたまらない

幼児向け月刊誌『幼稚園』の付録がアツイ!回転ずし・ガシャポン・ピザづくりなど、日常に接する身近なサービスの企業とコラボしたリアルな仕上がりが親にもウケてます☆
ママは耳が痛い!?「スマホをやめてボクと遊んで!」ドイツで小学生がデモ

ママは耳が痛い!?「スマホをやめてボクと遊んで!」ドイツで小学生がデモ

スマホに夢中で、子供のおしゃべりに生返事をしてしまったり、「ちょっと待ってね」ばかり言ってませんか?ドイツの小学生が、そんな大人に抗議のデモを決行しました。

この記事のキュレーター

みさっこ みさっこ