特集記事

今注目の記事

2018年5月22日 更新

オシャレな突っ張り棒"DRAW A LINE"でインテリアを格上げ♡

老舗の日用品メーカー平安伸銅工業とクリエイティブユニットTENTのコラボレーションで生まれた”DRAW A LINE”の突っ張り棒。『突っ張り棒=便利なだけのアイテム』が覆されること間違いなし!

オシャレすぎる突っ張り棒"DRAW A LINE”

*SHELF A SET

 (131239)

75~115㎝ 9,180円(税込)
115~190㎝ 10,260円(税込)
・突っ張り棒
・棚Aタイプ
・マグネットの3点セットです。

突っ張り棒の幅は75~115㎝と115~190㎝の2種類から選べます。
カラーもホワイト・ブラック2種類あるので、お家のインテリアに合わせて好みのカラーをチョイスできます。

壁を傷つけることなく棚を取り付けられ、マグネットでポストカードや写真など飾れます。

*SHELF B SET

 (131240)

75~115㎝ 9,180円(税込)
115~190㎝ 10,260円(税込)
 (132966)

White
・横取り付け突っ張り棒
・棚Bタイプ
・ハンガーの3点セットです。

Bセットには小さめの本棚と、ちょっとしたものを掛けられるハンガー(フックのようなもの)がついています。本を置かず飾り棚として利用するのも良いですね。

マットな黒だとかっこよくなりますし、白だとインテリアに馴染んでナチュラルな雰囲気に仕上がりますね。

*Table A SET

 (131241)

200~275㎝ 15,120円(税込)
・縦取り付け突っ張り棒
・テーブルAタイプ
・フック2個
・マグネットの4点セットです。

先ほどは横タイプの突っ張り棒を紹介しましたが、こちらは縦タイプの突っ張り棒になります。
フックやテーブルの高さを変えられるので、使い勝手が良いように調節することができます。
バッグや洋服、インテリア雑貨など用途に合わせて使えるところが便利ですよね♪

*Lamp A SET

 (131960)

75~115㎝ 37,260円(税込)
・横突っ張り棒
・ランプの2点セットです。

取り付け幅が75~115㎝であれば、どこでも自由に取り付けることができます。
ちょっと明かりが欲しい、オシャレな照明が欲しい方にぴったりです。
この状態でもかっこいいですが、ランプを点灯させたると雰囲気がガラッと変わってどちらもオシャレです。

*Lamp C SET

34 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

使い勝手抜群!”有孔ボード”で気軽にDIYを楽しもう♪

使い勝手抜群!”有孔ボード”で気軽にDIYを楽しもう♪

ホームセンターなどで簡単に手に入る有孔ボードをご存知でしょうか?使い方次第ではオシャレで実用性のある収納スペースに早変わりです☆DIY好きさん必見です!!
DIY初心者でも作れる♪”PLAYWOOD90”がオシャレ★

DIY初心者でも作れる♪”PLAYWOOD90”がオシャレ★

DIYをしてみたいけれど、まず何から始めて良いのか分からない。そんな方も少なくないのではないでしょうか!?今回紹介するのはPLAYWOODというDIYにおすすめのアイテムです。ほとんど工具などを使わないのでDIY初心者でも安心して作ることができます。
100均のワイヤーネットを使った収納&インテリアなどの活用アイデア♪

100均のワイヤーネットを使った収納&インテリアなどの活用アイデア♪

100均などで売っているワイヤーネットを使ったキッチンや洗面所などの収納アイデアや、収納アイデア以外の活用方法をご紹介していきます!すぐに真似できちゃいます♪
隠すのやーめた!*オシャレに見せる収納アイデア*

隠すのやーめた!*オシャレに見せる収納アイデア*

生活感の出るアイテムを隠して収納するのももちろん素敵ですが、隠さずオシャレに見せる収納も挑戦してみたくありませんか?Instagramでスッキリオシャレに見える収納アイデアを紹介したいと思います☆
目指せシンプルライフ!持たない暮らしで無駄を減らそう★

目指せシンプルライフ!持たない暮らしで無駄を減らそう★

無駄がない“シンプルライフ”に憧れてはいても、何から始めれば良いのか、どうやって暮らせば良いのか分かりませんよね。2人の子供を育てながらバリバリ仕事もこなす、シンプルライフ研究家のマキさんから一緒に学びましょう!
デッドスペースを上手に活用!*隙間収納アイデア*

デッドスペースを上手に活用!*隙間収納アイデア*

洗面所やキッチンなどのデッドスペース、気になったことはありませんか?無駄な空間をうまく活用して、収納スペースを確保することで、今よりももっと暮らしやすくなるかも!?

この記事のキュレーター

nozomi nozomi