特集記事

今注目の記事

2016年7月3日 更新

夏の風物詩!?手足口病を徹底解明!

手足口病という感染症をご存知ですか?夏になると大流行する感染症の1つで、ほぼ全ての子どもが5歳くらいまでに感染する病気です。ここではそんな夏の風物詩とも言える手足口病について詳しくまとめています。

手足口病ってどんな病気?

手足口病の原因となるウイルスは、コクサッキーウイルスやエンテロウイルスと呼ばれるウイルスです。
飛沫感染や、感染者の便などから感染します。

潜伏期間は2~7日で、潜伏期間が終わるとまず発熱します。
ただし、発熱しても38.5以上の高熱になるのは稀で、ほとんどの場合微熱程度のものです。
また、発熱しない子もいるくらいです。

解熱するくらいのタイミングで、手や足、口の中などに発疹が出ます。

また、お尻に発疹が出来るのも大きな特徴です。
発疹の程度は個人差がありますが、赤い発疹がたくさんできる子もいれば、よく見ないと分からない程度の発疹が数個出来るだけの子もいます。
また、ごくごく稀ですが、合併症として心筋症などの症状が出る場合もあります。

エンテロウイルスやコクサッキーウイルスは、腸にも影響を及ぼしますので、下痢の症状が出る子もいます。

発疹は約5~7日程度でキレイになり、跡が残ることはありません。
ただ、ウイルスの種類によっては、手足口病が治癒して2か月くらい経った後に、発疹が出来た手足の爪が剥がれてしまうことがあります。
しかし、痛みはありませんので放っておいても問題はありません。

手足口病は、症状自体は比較的軽いですが、治癒しても約1か月の間は、便からウイルスが排出されます。

手足口病でやっかいな症状は?

手足口病のやっかいな症状は「口内炎」

Treating Children's Cold and Flue Symptoms (25960)

手足口病に感染すると、ほとんどの子供が口の中や舌などに発疹(口内炎)が出来ます。
食べ物を食べるとしみるので、食べるのを嫌がる子もたくさんいます。

ウイルスですので効く薬もありませんので、柔らかい食べ物を与えたり、こまめに水分補給をしたりなどの対処療法しかありません。

5日も経てば、口内炎もすっかりおさまることが多いので、それまでの辛抱です。

手足口病にかかった場合の保育園は?登園の目安は園まかせ?

元気な子供|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (25918)

手足口病は、「学校保健法」によると「第三の感染症」に分類されています。

第三の感染症の登園の目安は「病状により、学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めるまで」となっています。

要するに「あなたの地域の病院や学校にお任せします」という意味でもあるのです。

国による明確な基準がないのですね。
手の上のウイルス模型3|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (25921)

ではなぜ、インフルエンザのように明確な基準がないのでしょうか?
その理由は以下の通りです。

●他の感染症と比べて比較的、症状が悲惨なわけではない(子どもは辛いんですけどね)。

●医者によっては、手足口病は夏風邪の1つだし、風邪みたいなものですという考え
(この考えは結構多いです…)

●悪化するリスクが少ない(合併症の可能性はあるが、恐れるような確率ではないという考え)

●ウイルスの残存・感染期間が長過ぎる(1ヶ月程度) ため、1か月も休ませたら学校の勉強や園での活動、親の仕事に多大な影響が出る。
(ウイルスは便から排出されます)
これは手足口病を軽く考える人の考え方です。
その一方で、手足口病を重く受け止める人もいます。

●人にうつす可能性が大きい

●感染すると、食事が困難になるなど、生活に支障が出る。

このリスクを考えると、人にうつる可能性がある間は、他人との接触は可能な限り避けるべきという考え方がうまれます。

どちらも正しいといえば正しいので、間違いではありません。
価値観、考え方に依存してしまうため、国としても統一の基準を出すことはせずに、個々人、学校施設に委ねているのが実情なのです。

確かに感染しても比較的症状が軽い場合が多く、症状が出るのは1週間程度で、予後は極めて良好です。
そのような比較的軽い感染症を防ぐためだからと、1か月も園を休ませるのは現実的ではありませんよね。

基本的に、熱が下がって口内炎が治ってきたら、医師は登園許可を出す場合が多いようです。
口内炎が出来ていても、食欲があれば登園OKを出す医師もいるでしょう。
しかし、医師がOKと言っても園がNGな場合もあります。
食欲があっても発疹が比較的目立つ場合は、他の保護者のことを考え、NGとする場合が多いですね。

明確な基準がないので、園によって独自の登園基準の目安を定めているところもありますので、まずは園に問い合わせてみて下さいね。
News: Pediatric Neurology Epilepsy Sleep Medicine for Houston Children Teens & Their Families: June 2012 (25961)

15 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

要注意!秋にはやる感染症まとめ

要注意!秋にはやる感染症まとめ

夏に流行る感染症はいろいろありますが、秋に流行る感染症もたくさんあります。秋に流行る感染症は長引く傾向があるので注意が必要です。そこで今回は、注意したい秋の感染症についてまとめました。
暑い季節は要注意!気をつけたい夏の4大感染症の特徴をご紹介

暑い季節は要注意!気をつけたい夏の4大感染症の特徴をご紹介

いよいよ暑い夏が到来!夏祭り、プールやキャンプなど子供達の大好きなイベントが盛りだくさんですよね。でも人混みに行く機会が多い季節だからこそ、気をつけたい病気があるんです。これからの季節、特に気をつけたい4大感染症をご紹介します!
ヘルパンギーナ流行中!症状や対策、治療法は?

ヘルパンギーナ流行中!症状や対策、治療法は?

今、西日本を中心に流行している「ヘルパンギーナ」。「何やら難しい名前の病気だなぁ」と思われるかも知れませんが、ヘルパンギーナは夏になると必ず流行するとてもメジャーな感染症です。症状や対策、治療法などについてまとめました!
2歳前でもかかる!油断できない突発性発疹。体験談あり!

2歳前でもかかる!油断できない突発性発疹。体験談あり!

2歳前で息子が突発に…どんな症状だったのかまとめてみました。
任意の予防接種受ける?受けない?何を基準に選んでいますか?

任意の予防接種受ける?受けない?何を基準に選んでいますか?

小さな赤ちゃんの体を、様々な病気から守ってくれる予防接種。種類の多さに驚いてしまうママも多いのではないでしょうか?種類だけでなく、定期接種や任意接種など聞きなれない言葉もたくさんありますよね。任意接種を受けるかどうかお悩みのママは、ぜひチェックしてみてください♪
【保存版】必ず通る道!?かかりやすい病気は?知っておきたい子供の病気

【保存版】必ず通る道!?かかりやすい病気は?知っておきたい子供の病気

元気に走り回っていたかと思えば突然高熱を出したりと、子供にとって体調不良はつきもの。ただの風邪ならいいですが、時には入院しなければいけない状態になることもありますよね。今回はいざという時にも落ち着いて対応できるよう、子供がかかりやすい病気に注目してみました。

この記事のキュレーター

サナ サナ