特集記事

今注目の記事

2018年1月16日 更新

背中スイッチ本当にOFF!おやすみたまごプラスを使いましたレポ☆

話題の「おやすみたまごプラス」。夜泣きがひどかった長男に購入し、生後2か月の今でも愛用しています♡おやすみたまごプラスを実際に使ってみた感想をレポさせて頂きます☆

悩めるママ多数!赤ちゃんの背中スイッチ…

 (119914)

「赤ちゃんの背中スイッチ」に悩むママ多いですよね。
でも、いつまでも赤ちゃんを抱っこしているわけにもいかないものです。

そこで大変興味深いグッズを見つけたのです!
それは「おやすみたまご」という商品でした☆

「おやすみたまご」ってどんな商品なの?

赤ちゃんが快適にねんねできる♡

 (119913)

赤ちゃんはお腹の中にいる時、背中をCカーブに丸めています。
おやすみたまごは、そのCカーブを保ったまま寝かせることができるスグレモノなんです☆

ふわふわのビーズクッションが赤ちゃんを優しく包み込みます。
まるでママのお腹の中にいるような感覚で、赤ちゃんの背中スイッチも簡単にOFFになります!
【楽天市場】【正規品/送料無料】『おやすみたまご』Cカーブ授乳ベッド (赤ちゃん/育児グッズ/ママ/授乳/ねんね/出産祝い/プレゼント/ギフト/ベッド/サポート/クッション/超軽量/コンパクト/便利/上質/家族/あす楽/翌日配送):快適ROOM STYLE シャーロット (119915)

おやすみたまごプラスも登場!

おやすみたまごプラスは、おやすみたまごに様々な機能をプラスした商品です。

ビーズクッションをファスナーで2つ繋げることで、「寝返り防止」「お座りのフォロー」「スリーパーの役目」などなど、実に多彩な使い方ができるんです。

小さい赤ちゃんがいるママ、またこれから出産を控えているママは要チェックですよ!
 (119972)

赤ちゃんが自然な姿勢でいられるCカーブベッド!ファスナーがついて2つに分けられることで、もっと多用途に使えるようになりました!

おやすみたまごプラスを実際に使った感想☆

長男が生後3週間の時、夜泣きがひどくて困り果てた末におやすみたまごプラスを購入しました!

とにかく泣く回数が減った!

おやすみたまごプラスの「背中Cカーブ」の具合が合っていたのか、使い始めてからとにかく泣くことが減りました!これは嬉しい効果でした☆

しばらく抱っこして寝かしつけた後、そのままそっとおやすみたまごプラスの上へ…
ベッドだと泣いてしまうのに、起きなかった時はホントに感動しました!
27 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

赤ちゃんがぐっすり眠れて、ママも楽チン♡おやすみたまごって一体!?

赤ちゃんがぐっすり眠れて、ママも楽チン♡おやすみたまごって一体!?

『おやすみたまご』って知っていますか?今話題急上昇中の育児お助けアイテムなんです!おやすみたまごの実態について調べてみました☆
母乳からミルクへの移行がスムーズに!"mimijumi"の哺乳瓶

母乳からミルクへの移行がスムーズに!"mimijumi"の哺乳瓶

2008年にアメリカで誕生したmimijumiという哺乳瓶をご存知でしょうか?2人の小児精神科医と1人の工業デザイナーによって4年の研究開発を経て作られた哺乳瓶です。母乳育児から哺乳瓶への移行がスムーズにできる優れものです☆
寝かしつけが楽になるかも?!アメリカ発『sleep me』がすごい☆

寝かしつけが楽になるかも?!アメリカ発『sleep me』がすごい☆

米国睡眠財団が認めたアメリカ発『sleep me(スリープ・ミー)』をご存知でしょうか?なかなか眠れない赤ちゃんやママパパにおすすめのアイテムです。心地いいホワイトノイズのおかげで快適に眠れるようになります♪
*ベビーキャリア新作情報*エルゴベビーから新商品が発売!

*ベビーキャリア新作情報*エルゴベビーから新商品が発売!

2018年6月にOMNI360クールエアが発売、2018年7月1日にアカチャンホンポでOMNI 360 クールエアの NEW COLORが先行発売になります☆ベビーキャリアをお探し中のママ必見です!!
痒いところに手が届く*ダイヤコーポレーションの育児グッズ*

痒いところに手が届く*ダイヤコーポレーションの育児グッズ*

創業57年を迎えたダイヤコーポレーションでは、痒いところに手が届く便利な育児グッズが販売されています。こんなアイテムあったらいいのにな・・・を叶えてくれるはずです★
寝かしつけに役立つかも?おススメ便利アイテム☆

寝かしつけに役立つかも?おススメ便利アイテム☆

一日の終わりの子供の寝かしつけ。早く寝てほしいのになかなか寝てくれず頭を悩ませるママも多いかもしれません。そんな時は寝かしつけの便利グッズを活用してみてはいかがでしょうか?

この記事のキュレーター

サナ サナ