特集記事

今注目の記事

2018年4月23日 更新

これで決まり!赤ちゃんのセルフカットにあれば便利なグッズ9選★

赤ちゃんの髪の毛ってすぐ伸びますよね。美容室に行くのは早いし、何より泣いて嫌がりそう…そんな時挑戦したいのが「セルフカット」。今回は、セルフカット初心者のパパやママにあったら便利なアイテムを9個ご紹介していきます。

カット用ハサミ&スキハサミ

赤ちゃんのセルフカットに欠かせないハサミやスキハサミ。
おススメアイテムをご紹介していきます♪

コンビ さんぱつバサミ&クシセット

Amazon | 【日本製】コンビ ベビーレーベル さんぱつバサミ&クシセット パウダーイエロー (対象月齢 新生児~) | べビーヘアカットグッズ | ドラッグストア 通販 (131458)

¥2,142(税込)
刃の先端が丸く、セルフカット初心者でも安心して使うことができます。
刃に細かなギザギザがついているのですが、これは滑りにくくするための工夫なのだそう。
これにより、スムーズにカットできますよ。
ヘアカットの説明書もついているのがポイント高いです☆

貝印 ベビー用スキハサミ(ショート刃)

Amazon | 貝印 ベビー用スキハサミ(ショート刃) ロック付 ブルー お子様に安全なロック付きです | ベビー&マタニティ | ベビー&マタニティ 通販 (131444)

¥1,109(税込)
こちらのスキハサミは、刃が短いので少しずつ切ることが出来、失敗が少ないです。
手にフィットしやすく、扱いやすいと評判ですよ。
使わない時は黄色のロックをかけておくだけで、刃が開かなくて安全です☆

貝印 ベビー用サンパツハサミ(ショート刃)

Amazon | 貝印 ベビー用サンパツハサミ(ショート刃) ロック付 ブルー お子様に安全なロック付きです | ベビー&マタニティ | ベビー&マタニティ 通販 (131452)

¥1,089(税込)
こちらはカット用のハサミです。
大人用のカットハサミだと、広い範囲を切ってしまうことが多く、子供の髪を切る際は注意しなければなりません。

こちらのカットハサミは、刃の部分をあえて短めにしているので、少しずつ切れて失敗が少ないですよ。
使わない時は、ロックしておけば刃が開きません☆

貝印 サンパツセット カット&スキハサミ&クシのセット

44 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

離乳食のストレスを軽減!NY発の「OXO」でママもベビーもご機嫌に♪

離乳食のストレスを軽減!NY発の「OXO」でママもベビーもご機嫌に♪

食事の用意から片付けまで、なにかと大変なのが離乳食。食器をひっくり返してテーブルも床もぐちゃぐちゃ…なんてこと、ありますよね。「OXO Tot(オクソートット)」のくっつく食器なら、その心配を解消できます!
しまむら系列“バースデイ”で人気の抱っこ紐【DAKKOLT】が取り扱い開始!

しまむら系列“バースデイ”で人気の抱っこ紐【DAKKOLT】が取り扱い開始!

セカンド抱っこ紐として人気の【DAKKOLT(ダッコルト)】がしまむら系列のBirthday(バースデイ)で取り扱いを開始しました。Birthdayでは様々なベビー&子供用品を扱っているので、子育て中ママ必見です。
必見!ベビー用品のコンビから待望の子乗せ電動自転車登場♡

必見!ベビー用品のコンビから待望の子乗せ電動自転車登場♡

Panasonic×Combiのコラボによる、子供ファーストな子乗せ電動自転車が登場!ベビー用品メーカーならではのポイントが嬉しい、安心設計が魅力です♪
そろそろ入園準備☆楽々便利な名前つけアイテムはコレ!!

そろそろ入園準備☆楽々便利な名前つけアイテムはコレ!!

4月に保育園や幼稚園へ入園するお子さんがいるママ注目◎入園グッズに名前は必要不可欠ですよね。名前を1つ1つ手書きしていたら…絶対大変だし億劫ですよね。ママの強い味方!名前つけアイテムのおすすめはこちら♡
ミルク育児がしやすくなる♪適温をお知らせしてくれる【Boo Boo】哺乳瓶が便利!

ミルク育児がしやすくなる♪適温をお知らせしてくれる【Boo Boo】哺乳瓶が便利!

ミルクを作るとき、70度以上のお湯で粉ミルクを溶かし適温まで冷ます必要がありますが、慣れるまでは“適温”まで冷ますのが難しいですよね。そんなミルク作りに役立ってくれるのがBooBooの哺乳瓶なんです!!適温を温度でお知らせしてくれる便利グッズです☆
【ベビーザらス限定!】エルゴベビーのおすすめベビーキャリア3選

【ベビーザらス限定!】エルゴベビーのおすすめベビーキャリア3選

今回紹介するのはベビーザらス限定で販売されている、エルゴベビーのベビーキャリアです。ベビーキャリアの数が多くありすぎて選べない!という方は、ぜひ参考にしてみてください☆

この記事のキュレーター

サナ サナ