特集記事

今注目の記事

2018年3月9日 更新

妊娠中から始めたい…親になるための心の準備ってどんなこと?

誰もが初めての出産前には不安になるものです。ちゃんとママになれるかな、子育てできるかな…そんな不安と向き合い、心の準備を万端に出産を迎えましょう!

お腹の赤ちゃんに名前を付けよう!

 (126004)

お腹の中にいる赤ちゃんに付ける名前を『胎児ネーム』といいます。
名前を付けて呼びかけることで愛情が沸き、親としての実感も高まります。

特に、実際に妊娠をしないパパにとっての効果は抜群のよう!
既に子育てが始まっていることを意識し、親になる自覚が芽生えやすいと言われます。

絵本の読み聞かせで声を聞かせてあげよう!

赤ちゃんはお腹の中にいても、外界の音をしっかり聞いています。
絵本の読み聞かせは胎教にも良いですし、ママと赤ちゃんとのコミュニケーションツールとなり絆が深まります。

どんな絵本が良いかなと選ぶ時間、赤ちゃんが反応して動いたりお腹を蹴る等の反応を感じるなど、ママ自身も赤ちゃんとの時間を楽しむことができますよ♪
 (126005)

マタニティイベントに参加しよう!

妊婦さんに向け、各地で様々なイベントが開催されています。
自治体主催のマタママ向け料理教室や母や学級、産院主催の出産準備教室。
赤ちゃんメーカー主催のイベントやマタニティスクールは、プレママ限定・子連れOKなど、色々なタイプがあります。

たくさんの妊婦さんが集まって出産前からお友達が出来たり、妊娠期間中の悩み事を相談できるなど、出産に対する心強い味方になってくれます。

イメージを膨らませる♡

赤ちゃんが生まれたどんな風に暮らしたいか、どんな子育てをしたいかをイメージすることもおすすめです。

難しいことを考える必要はありません。
どんな雰囲気のお洋服を着せようかな?一緒に○○に行きたいな、お部屋はこんなイメージにしたいな!などを想像するだけで、気持ちが前向きになれるものです。

また、楽しみが増えれば増えるだけ、出産・育児に対する不安も軽減されることでしょう。

初めてはみんな不安…だから準備を万端に!

 (126003)

初めての出産はどんなママも不安です。
初めての子育ては、みんなが試行錯誤です。
慣れないこともあります。思い通りに出来ないこともあります。

大変だからこそ、出産前の心の準備はとても大切かもしれません。
これから始まる赤ちゃんとの暮らしを楽しむためにも、夫婦そろって心の準備は万端にしておきたいですね♡
13 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

3人の妊娠体験談☆子供たちへの妊娠報告は?臨月に入ってから出産までの過ごし方☆

3人の妊娠体験談☆子供たちへの妊娠報告は?臨月に入ってから出産までの過ごし方☆

3人目の出産を経験した筆者が、どのように子供たちへ”お兄ちゃんになる”ことを伝えていったか、出産の時子供たちはどうする!?という流れをまとめました☆2人目、3人目を考えている方の参考になれば嬉しいです。
後回しになりがちだけど、これこそ重要!!妊娠中にしておきたい8つのこと♡

後回しになりがちだけど、これこそ重要!!妊娠中にしておきたい8つのこと♡

出産後はなかなか自分1人の時間が取れなくなるので、妊娠中にやっておけば良かった!!と後悔することもしばしば・・定番アイデアではない、妊娠中にやっておけば良かった事をまとめてみました☆
もしかして…出産が近づいているかも!?これがサインです☆

もしかして…出産が近づいているかも!?これがサインです☆

妊娠後期や正産期に入ると、いつ生まれてくるのかな??とソワソワし始める時期ですよね。早く赤ちゃんに会いたい反面、陣痛ってどんなのだろう?破水したらどうしよう?など不安もあると思います。陣痛・出産に備えて、どんな出産兆候があるのかまとめてみました☆ぜひ参考にしてみてください。
気になる!3人目以降の出産って実際どうなの?!

気になる!3人目以降の出産って実際どうなの?!

1人目、2人目と続き3人目を出産するママも少なくないですよね。何度経験しても痛いものは痛いのですが、出産にかかる時間や後陣痛はどうか・・・など気になる3人目出産について先輩ママの声をまとめてみました♪
緊急入院にも慌てない!出産準備で優先すべきアイテムは?

緊急入院にも慌てない!出産準備で優先すべきアイテムは?

そろそろ出産準備を始めたい、でも何から始めたらいいのか分からない!そんな方に準備の段取りをまとめました♪
知っておきたい!授乳時期の周囲への気をつけたい心がけ★

知っておきたい!授乳時期の周囲への気をつけたい心がけ★

小さな赤ちゃんがいるママ・・。まだまだ授乳している時期だとどんなところで授乳したらいいのか悩みますよね。その悩みってみんな持っているかもしれません。

この記事のキュレーター

e-family e-family