特集記事

今注目の記事

2019年2月5日 更新

絶対必要!!【嘔吐物処理セット】を準備して家庭内感染を防ぎましょう!

冬はインフルエンザやウイルス性胃腸炎などの感染症が全国的に流行しますが、特に注意が必要なのがウイルス性胃腸炎です。感染力がすごいので、接触感染や空気感染でどんどん広がっていきます。正しい嘔吐物の処理方法を知り、嘔吐物処理セットを用意して万一に備えましょう!

胃腸炎は恐怖!

冬はインフルエンザや胃腸炎が流行るので、大人たちはビクビクしますよね。
我が家も上の子が幼稚園に通っていてインフルエンザで学級閉鎖になったり、2年前は胃腸炎で一家全滅してしまいました。特に胃腸炎は家族全員うつってしまい、次男と私が同時感染し、死にそうになりながら病院へ連れて行ったことを覚えています。あれは本当に辛かったです・・・!

インフルエンザもうつるとしんどいのですが、さらに厄介なのが胃腸炎。
上からも下からも出てしまうし、水分を摂っても吐き気がくるし、家族にうつるし・・・

胃腸炎は嘔吐物や便を触ることで感染したり、嘔吐物が乾燥しウイルスが飛散して、そのウイルスを吸い込むことで感染する場合もあるので、子供が嘔吐&下痢した場合はしっかり対処することが大切になってきます。

今回は嘔吐したときの対処法や嘔吐対策グッズの紹介をしたいと思います。
知っているといざという時慌てず済むので、ぜひ最後までご覧ください。

*嘔吐物の処理方法*

嘔吐物の処理には次亜塩素酸ナトリウムが最適

 (163210)

1,448円(税込)
嘔吐物の処理には次亜塩素酸ナトリウムが最適です。

これは消毒剤の一種で、塩素系除菌漂白剤の主成分でもあります。インフルエンザウイルスやノロウイルスにも有効とされる消毒効果が特徴です。使用箇所に合わせて薄めることで幅広い場所を消毒できますが、嘔吐物の処理には有効塩素濃度1000ppm(0.1%)以上の希釈液が推奨されています。
嘔吐物を処理する際、準備しておくべきものは【次亜塩素酸ナトリウム】です。
原液を薄めて使うのも良いですが、市販のものであればすぐ使うことができるので便利です。
嘔吐物がついた床の掃除、服の漬け置き、ドアノブ、便座、手すりなどの消毒に使用します。

市販のキッチン泡ハイターやキッチンハイター、衣料用のハイターなど塩素系の漂白剤には次亜塩素酸ナトリウムが含まれているので、家庭用の塩素系漂白剤で代用することも可能です。

ただ次亜塩素酸ナトリウムはとても強力な消毒液なので、使用の際は注意が必要です!

注意すべき点とは?

 次亜塩素酸ナトリウムを使用する場合は、商品に記載してある使用方法をよく確認して使用するほか、特に次のことに注意してください。

・皮膚に対する刺激が強いため、手洗いなど人に対しては使用しないでください。

・使用するときは、消毒液が直接皮膚に触れないように樹脂製(ビニールなど)の手袋を使用してください。消毒液が皮膚や衣服についた場合は、直ちに水で洗い流してください。

・使用するときは、換気を十分に行ってください。

・他の洗剤と混ぜると危険な場合があります。特に酸性の強い洗剤と混ぜると有毒ガスが発生しますので注意してください。

・次亜塩素酸ナトリウムで施設や器具を消毒する場合、濃度が濃いほど、また作用させる時間が長いほど、ノロウイルスに対して有効ですが、反面、腐食作用や漂白作用(変色する)が強くなります。上の表に示した消毒対象と必要な濃度は一つの目安ですが、消毒対象に対する影響が不明の場合は、最初は薄い濃度で試して、様子をみてください。また、使用後は、必ず水で洗い流すかふき取ってください。

・金属に対しては腐食性があるため、原則使用しませんが、使用した場合は、使用後にしっかりと水で洗い流すかふき取ってください。

・薄めた消毒液は時間が経つにつれて効果がなくなりますので、使うときに原液を希釈して必要な量だけ作り、作り置きをしないでください。

・塩素は日光によって容易に分解するので、原液は直射日光の当たるところや、高温の場所には置かないでください
次亜塩素酸ナトリウムはとても強力なので、手洗いなどには使用しないことが大切です。
また嘔吐物がシーツや衣服についてしまった場合も次亜塩素酸ナトリウムで漬け置きすることができるのですが、漂白作用があるので色柄物には使えません。

色柄物の消毒をする場合は【85度以上のお湯に1分以上浸け、熱湯消毒 】を行うことが大切です。そのまま洗濯機に入れてしまうとウイルスが洗濯機に付着してしまう可能性もあるので、漬け置きか熱湯消毒をしてください。
洗えないじゅうたんなどに嘔吐物がついてしまった場合は、嘔吐物の処理をしたあと、スチームアイロンの蒸気を2分ほど当てて消毒してくださいね。

嘔吐物の処理は素早く的確に!

ウイルス性胃腸炎は主にノロウイルスやロタウイルス等の感染によって起こる。

吐物等がついた衣類やシーツ等は、まず吐物等をウイルスが飛び散らないようにペーパータオル等で取り除き、拭き取ったペーパータオル等はビニール袋に入れ密閉し廃棄する。

水洗後、0.02%(200ppm)以上の次亜塩素酸ナトリウムに浸す(30~60分)か、熱湯消毒(85℃、1分以上)後に、他のものと別にして洗濯する。

高温の乾燥機を使用するとさらに消毒効果は高まる。吐物等は乾燥するとウイルスが拡大するので、速やかに処理する。また、洗濯時はマスク、エプロン、手袋を装着する。
嘔吐物は乾燥するとウイルスが飛散してしまうので、きちんと処理することが本当に大切なんです。

まず手袋とマスクを装着し(できればエプロンも)、ウイルスが飛び散らないように嘔吐物を処理し、嘔吐物はビニール袋に入れてしっかりと口を閉めて捨てましょう。
タオルや衣服が汚れてしまった場合は、他の洗濯ものとは一緒にせず、漬け置きや熱湯消毒をしたあと単品で洗うようにしましょう。

消毒していても、嘔吐物を処理したタオルや雑巾をまた使うのは気になるという方は、嘔吐物と一緒に捨てるのも良いかもしれませんね。(もう着ない洋服や使わないタオルを処理用に置いておくのも良いかも?!)
汚物の処理方法(可能であれば行ってください)

①便や嘔吐物を処理するときは、できるだけ使い捨ての手袋とマスクを着用しましょう。

②便や嘔吐物はペーパータオルなどで取り除き、ビニール袋に入れます。

③残った便や嘔吐物の上にペーパータオルをかぶせ、その上から50倍から100倍(※)に薄めた市販の塩素系漂白剤を十分浸るように注ぎ、汚染場所を広げないようにペーパータオルでよく拭きとります。

④ウイルスは乾燥すると空気中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、便や嘔吐物を乾燥させないことが重要です。嘔吐物やおむつはできるだけ早く処理するようにします。
さらにポイントがもう1つ。
【残った便や嘔吐物の上にペーパータオルをかぶせ、その上から50~100倍に薄めた市販の塩素系漂白剤をかけて拭き取る】と良いそうです。

39 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

赤ちゃんのオモチャにも使える!ウイルス対策スプレー&シート7選☆

赤ちゃんのオモチャにも使える!ウイルス対策スプレー&シート7選☆

冬に向けて心配なのが子供の体調不良ですよね。ウイルスは色々なところに付着するもの。そんな時、シュッとするだけでウイルス対策ができるスプレーやシートをご紹介します☆
これからの時期に役立つ★上手な赤ちゃん鼻水の取り方、教えます!

これからの時期に役立つ★上手な赤ちゃん鼻水の取り方、教えます!

なかなか上手に鼻をかむことの出来ない赤ちゃん。。でもほっておくと、中耳炎や副鼻腔炎に!!上手にママがとってあげる方法をご紹介します。
これは便利!!衣類&お布団どちらも使えるオススメ乾燥機4選

これは便利!!衣類&お布団どちらも使えるオススメ乾燥機4選

布団を干すスペースがない、仕事が忙しくなかなか布団を干せない、ダニが気になる・・という方にオススメのふとん乾燥機を紹介します。衣類や靴の乾燥にも使うことができるので、重宝すること間違いなしです!!!
お尻がヒヤっとしない♪秋冬にオススメのおしりふきウォーマー5選

お尻がヒヤっとしない♪秋冬にオススメのおしりふきウォーマー5選

秋から冬にかけての寒い時期は、冷たいおしりふきでお尻を拭かれると嫌がる赤ちゃんもいます。今回はお尻がヒヤッとしないおしりふきウォーマーを紹介します。出先に持っていける便利なグッズも♪
育児の基本!?子供の手洗い・うがいを楽しく習慣づけよう!

育児の基本!?子供の手洗い・うがいを楽しく習慣づけよう!

風邪や感染症が流行り始めています。予防にはやはり手洗いうがいが重要!今回は子供と一緒に楽しく手洗い、うがいができるおススメグッズなどをご紹介します!
子育てママの必需品!ピジョンから”電動鼻吸い器”が新発売☆

子育てママの必需品!ピジョンから”電動鼻吸い器”が新発売☆

子供が風邪をひいてしまった際に使えるのが【電動鼻吸い器】ですよね。あって良かった育児グッズでも常に上位に挙がっているほど人気の商品です。今回紹介するのはピジョンから新発売された電動鼻吸い器です。

この記事のキュレーター

nozomi nozomi