特集記事

今注目の記事

2017年10月26日 更新

赤ちゃんのお風呂はパパとママどっちが担当してる?最良の方法とは!?

ご家庭によって様々ある赤ちゃんのお風呂事情。パパとママ、どちらが担当?その理由や体験談、それぞれのメリットなどをご紹介します。

パパ担当~3つのメリット

 (108169)

1.力仕事はパパにおまかせ!

赤ちゃんをお風呂に入れるには、体力が必要です。そんなときは、やっぱりパパが頼りになります。

2.時間が有効に使える!

パパと赤ちゃんのお風呂タイムには、ママが家事を済ませる等、時間を有効に使うことができます。
また、ママが少しだけ赤ちゃんと離れてホッと一息付ける時間にもなります。

3.赤ちゃんとパパのコミュニケーションタイムに♪

普段赤ちゃんとの関わりが少ないパパにとって、お風呂はコミュニケーションタイムになります。
特に女の子の場合、成長すると一緒に入ることが難しくなるため、貴重な時間になるとも言えるでしょう。

ママ担当~3つのメリット

 (108170)

1.生活リズムが整いやすい

パパの帰宅時間が遅い場合、ママが担当することで赤ちゃんの生活リズムが整いやすいのは大きなメリットです。
早い時間に入れれば子供の就寝時間も定着しやすくなります。

2.パパ担当の日が特別に♪

普段はママであるご家庭は、週末などパパ担当の日が特別に感じられることが多いようです。
ママ→パパへの感謝の気持ちが高まり、赤ちゃんの情緒教育にも良い影響を与えそうですね。

3.赤ちゃんへの愛情倍増!

28 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

体の芯までポカポカに♡お風呂でおすすめの手遊び4選

体の芯までポカポカに♡お風呂でおすすめの手遊び4選

お風呂でしっかり体の芯を温めるために、手遊びはいかがですか?お湯に浸かる時間があっという間に感じられ、お風呂タイムが楽しくなっちゃいます♪
パパにもおススメ★子供とお風呂を楽しもう!浴育って知っていますか?

パパにもおススメ★子供とお風呂を楽しもう!浴育って知っていますか?

「浴育」という言葉をご存知ですか?子供と一緒にお風呂に入ることで、質の良いコミュニケーションが取れるというものです。実はこの浴育、親子のコミュニケーションを取る以外にも様々な効果があるんです!それはどんなものなのでしょうか?
遊びを通して育もう♪幼児期に伸ばしたい大切な能力

遊びを通して育もう♪幼児期に伸ばしたい大切な能力

「非認知能力」という言葉、聞きなれない言葉かもしれません。偏差値などの数値では測れない能力、非認知能力が今、注目を集めています。
私の秘技教えます☆子供3人のお風呂の入れ方

私の秘技教えます☆子供3人のお風呂の入れ方

私は6歳、3歳、0歳の子供がいます。子供が多いと、お風呂の入れ方も工夫が必要です。私が毎日実践しているお風呂の入れ方をご紹介します☆
幼児期が大切☆子供の心を育む会話術4つのポイント

幼児期が大切☆子供の心を育む会話術4つのポイント

言葉を覚え始める2歳頃から、会話が成立し始める3歳頃。この頃のママの会話術によって、話すこと&聞くことが上手な子供に育つとともに、親子の絆が結ばれます。
他のママと比べないで!あなたはあなたの子育てをしよう☆

他のママと比べないで!あなたはあなたの子育てをしよう☆

ママ友に会うと「あのママはキラキラしていてステキだな」「あのママは子供にいつも優しく接しているな」と感じることがありますよね。自分と比べて落ち込むことも…でも、大丈夫。ママ友と比べる必要はないんです!

この記事のキュレーター

e-family e-family