特集記事

今注目の記事

2017年10月26日 更新

赤ちゃんのお風呂はパパとママどっちが担当してる?最良の方法とは!?

ご家庭によって様々ある赤ちゃんのお風呂事情。パパとママ、どちらが担当?その理由や体験談、それぞれのメリットなどをご紹介します。

パパ担当~3つのメリット

 (108169)

1.力仕事はパパにおまかせ!

赤ちゃんをお風呂に入れるには、体力が必要です。そんなときは、やっぱりパパが頼りになります。

2.時間が有効に使える!

パパと赤ちゃんのお風呂タイムには、ママが家事を済ませる等、時間を有効に使うことができます。
また、ママが少しだけ赤ちゃんと離れてホッと一息付ける時間にもなります。

3.赤ちゃんとパパのコミュニケーションタイムに♪

普段赤ちゃんとの関わりが少ないパパにとって、お風呂はコミュニケーションタイムになります。
特に女の子の場合、成長すると一緒に入ることが難しくなるため、貴重な時間になるとも言えるでしょう。

ママ担当~3つのメリット

 (108170)

1.生活リズムが整いやすい

パパの帰宅時間が遅い場合、ママが担当することで赤ちゃんの生活リズムが整いやすいのは大きなメリットです。
早い時間に入れれば子供の就寝時間も定着しやすくなります。

2.パパ担当の日が特別に♪

普段はママであるご家庭は、週末などパパ担当の日が特別に感じられることが多いようです。
ママ→パパへの感謝の気持ちが高まり、赤ちゃんの情緒教育にも良い影響を与えそうですね。

3.赤ちゃんへの愛情倍増!

28 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

体の芯までポカポカに♡お風呂でおすすめの手遊び4選

体の芯までポカポカに♡お風呂でおすすめの手遊び4選

お風呂でしっかり体の芯を温めるために、手遊びはいかがですか?お湯に浸かる時間があっという間に感じられ、お風呂タイムが楽しくなっちゃいます♪
パパにもおススメ★子供とお風呂を楽しもう!浴育って知っていますか?

パパにもおススメ★子供とお風呂を楽しもう!浴育って知っていますか?

「浴育」という言葉をご存知ですか?子供と一緒にお風呂に入ることで、質の良いコミュニケーションが取れるというものです。実はこの浴育、親子のコミュニケーションを取る以外にも様々な効果があるんです!それはどんなものなのでしょうか?
お肌がデリケートな赤ちゃんにも使える♪オススメ入浴剤7選

お肌がデリケートな赤ちゃんにも使える♪オススメ入浴剤7選

寒くなってくると気になるのが肌の乾燥。乾燥や湿疹などの肌トラブルを防ぐためにも、お風呂に入る際には入浴剤の使用をオススメします☆赤ちゃんから大人まで安心して使える入浴剤を紹介します!
赤ちゃん返りは悪いことじゃない。ただママが大好きなだけなんです。

赤ちゃん返りは悪いことじゃない。ただママが大好きなだけなんです。

下の子が生まれると初めての赤ちゃんに上の子は喜んでくれたり、かわいがってくれたりしてとても微笑ましい光景が見られます。しかし、しばらくすると赤ちゃんの方が自分よりママに構ってもらっている!とヤキモチを焼いてしまい赤ちゃん返りをしてしまうことも…とても大変な赤ちゃん返り。ですが、それは子供がママを大好きだからでもあるんです。
子供の自己肯定感がUPする【ほめ写】とは一体?!

子供の自己肯定感がUPする【ほめ写】とは一体?!

皆さんは”ほめ写”という言葉を聞いたことはありますか?ほめ写することで子供の自己肯定感がUPし、自分自身を認め大切できるようになります。誰にでもすぐできる方法で、子供の自己肯定感を高めてあげましょう★
落ち葉拾いで工作しよう!みんなのアイディア

落ち葉拾いで工作しよう!みんなのアイディア

秋が深まってきました。紅葉を楽しむ良い季節ですよね。公園などに行くと色づいた葉や落ち葉を見つけることが出来ます。今回は落ち葉拾いの後に楽しめる落ち葉工作のアイディアをご紹介します。

この記事のキュレーター

e-family e-family