特集記事

今注目の記事

2017年2月3日 更新

ママ必見!もう始めてる?子供の習い事 人気3選

子供の人気習い事3選と、どんな効果があるのか!?習うメリットについてもご紹介します。

学校 | GATAG|フリー画像・写真素材集 4.0 (594)

子どもには将来少しでも豊かな生活を送ってもらいたい、そのために親がしてあげられることとして「良い教育を受ける」ことの手助けがあります。そのうちの一つが習い事です。「子どもの習い事」と一口に言っても、その種類はとてもたくさんあります。

「どんな良いことがあるんだろう」と気になるものですよね。今回は習い事の中でも「やろうかな」と考えているママが多いのではないかと思われる習い事を厳選して3つ、ご紹介します!

習い事の王道 ” スイミングスクール ”

Instagram (596)

●人気の理由
 ベビースイミング、幼児スイミング、キッズスイミングと、スイミングは赤ちゃんの頃から習うことが
 できるのが習っている子どもの多さ、そして人気の理由です。また、スクールのバスが保育園や幼稚園と
 連携して、保育園(幼稚園)→スイミングスクールと該当園児を乗せて行ってくれる対応をしているの
 も、始めるハードルを下げてくれます。

●始めるきっかけ
「顔にシャワーをかけただけで大泣き」「水に顔をつけるなんて夢のような話!」などという会話を、
 多くのママがママ友と交わしたことがあるのではないでしょうか。幼児スイミングは、小学校に
 上がって水泳の授業が始まることを懸念して始める場合も多いそう。補習の対象になったら
 困る、自分だけ泳げない、と子どもがつまずかないように早めに水に慣れさせてあげたいという
 きっかけも多いようです。

●習うメリット
 まず、何よりも水に慣れることができ、ベビー・幼児と始めるタイミングが早いほど、早く泳ぐ
 ことができるようになります。スイミングは持久力をつけてくれるスポーツでもありますので、
 体力がつき、しなやかな筋肉がつきます。しっかり泳いで体を動かし、動いた分だけ食事を
 食べられるようにもなりますので、強い体を作っていくことができます。

頭がよくなる!? ” ピアノ教室 ”

Instagram (599)

●人気の理由
 何か楽器ができた方が感性を磨くことが出来て良いと考える親御さんの多さが人気の理由です。
 それが趣味になってずっと楽しんで音楽に触れてほしいということですね。今までは女の子の習い事の
 王道だったピアノですが、最近では東大生が小さいころ習っていた習い事の第2位として紹介され
 (引用元:ダ・ヴィンチNEWS http://ddnavi.com/news/237845/?t=s)、男の子ママからの注目度も
 一気に上がっています。

●始めるきっかけ
 女の子なのだから楽器の一つくらい出来てほしい、ママも小さい頃に習っていた、子どもが歌が好き。
 そこで、もしかしてピアノ習いたいって言ってくれるかな?と、ピアノ教室の体験に行き、そのまま
 入会!というのが一番多いようです。中には知り合いがピアノの先生をしているから紹介されて、
 ちょうど良かった!というケースも。

●習うメリット
 楽器は知的好奇心を刺激してくれ、その子の感性を磨いてくれます。楽譜が読めるようになり、
 リズムを理解し、曲を弾けるようになるということは人生を豊かにします。楽譜は複雑なものですし、
 右手と左手を違うリズムで違う鍵盤を弾き、足でペダルを踏むことまでできるようになるのですから、
 「頭が良くなる」トレーニングに自然につながっていることも納得できます。

これからの子ども達に ” 英語・英会話 ”

無料の写真: 学校, 書籍, デスク, 黒板, チョーク, 文字, Abc, 学習 - Pixabayの無料画像 - 926213 (602)

●人気の理由
 小学校でも英語が必修科目になってから、幼児や小学生から英語教室や英会話スクールが人気です。
 英語を習っておくと、その教室単位で希望者には児童英検をうけさせてくれるところも。

●始めるきっかけ
 小学校高学年など大きくなるにつれて、シャイな部分が英語習得のネックになってきます。楽しんで
 英語に触れてほしい、受験英語ではなくネイティヴの先生と会話できることを楽しく感じてほしい、
 というきっかけが多いようです。言語脳が完全に日本語と英語で分かれてしまう前に英語に触れ
 させたいということでベビーや幼児教室で早めに始める方も。

●習うメリット
 ネイティブの先生と、小さいうちからコミニュケーションを取ることで、「外国の人」という日本人
 特有のシャイな感覚を持たずにすんなり英語に触れあうことができます。抵抗なく発音ができ、
 先生の英語を聞き取ることができるようになります。習っていると幼児期からアルファベットを書く
 機会が多いので、小学校で必修になってもまず困ることはないでしょう。
いかがでしたか?どんなタイミングで、どうやって習い事を始めたらいいのか、そして子どものどんな成長が待っているのか少しでもイメージしていただけましたか。

子どもの将来の可能性を最大限に広げてあげるために、これがいい!と思えた習い事があったら始めてみてもいいかもしれません。
12 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

『英語は3歳まで』って本当!?小学校では英語教育が必修化に!

『英語は3歳まで』って本当!?小学校では英語教育が必修化に!

2020年から小学校での英語教育が必修化になります。早いうちから学ばせたら良いのかな…と考えるママたちが増えているようですが、実際のところは??
やっぱり英語はしゃべってほしい!でも何歳からがベスト?

やっぱり英語はしゃべってほしい!でも何歳からがベスト?

英語が話せなくて苦労した経験がある人なら、我が子には同じ思いをさせたくないと思うものですよね。最近では子供の英語教育熱が高まっており、幼稚園で取り入れるところもあるほどです。我が子に英語を習わせるなら何歳からがよいのか、年齢別におすすめの英語学習方やおすすめの絵本などをご紹介します☆
ホントに早期がいいの?子供の英語教育

ホントに早期がいいの?子供の英語教育

現代社会において、今やなくてはならない「英語」。2018年から、小3で必須化されることが決定しましたが、もっと早い段階で英語に慣らしておくべきとの声も多いです。では、英語の学習は何歳頃からどのように始めるのがベストなのでしょうか?
未就学児から通える!子供に習わせたい習い事3選

未就学児から通える!子供に習わせたい習い事3選

未就学児でも2人に1人はなにか習い事をしているそうです。習い事の選択肢は多岐にわたり、何を習わせれば良いか迷ってしまいますよね。まだ小さい未就学児でも楽しく通える習い事をしらべてみました!
0歳から英語教育を始める3つのポイント

0歳から英語教育を始める3つのポイント

なぜ早いうちから英語を勉強した方が良いのでしょうか!?最も効率的に吸収出来るのは、0歳から! その理由に迫ります。
お絵かきや文字を書く一歩に!【運筆】トレーニングをしよう♪

お絵かきや文字を書く一歩に!【運筆】トレーニングをしよう♪

正しい鉛筆の持ち方を習得するための「運筆トレーニング」を行うことで、お絵かきが上達したり、文字を書く一歩に大変役立ちます。運筆トレーニングの方法や、必要なアイテムをご紹介♪

この記事のキュレーター

麻生美香 麻生美香