特集記事

今注目の記事

2018年4月21日 更新

子供を叱った後に後悔するママへ…叱った後が大切なんです

子供を叱ることはママなら誰でも経験があって「怒りすぎたかな…」と後悔するママも多いと思います。でも実は、叱ることより【叱った後】の方がどうするか難しくて大切なんです☆

やはり一番身近な存在で大好きなママに叱られることは、子供にとってはショックで不安を感じてしまいます。

ママだってかわいい我が子を叱ったあとは後味が悪いですよね。

お互い気まずいのは当たり前ですが、いつまでもそんな雰囲気じゃダメですよね。

叱ったあとのフォローがとっても大切☆

子供によってかける言葉などは違ってくると思いますが、叱ったあと子供を【フォローしてあげる】ことはとても大切です。

どんなフォローの仕方があるのでしょうか?

ハグが一番のフォロー

叱ったあとのフォローの仕方に【スキンシップ】をとることが大事★

手っ取り早く子供にも分かりやすい方法は、ギューッとハグをしてあげることです。
そうすると大好きなママに叱られて落ち込んだ子供の心も明るくなれるはず。

「危ないから叱ったんだよ」「心配だったから叱ったんだよ」と怒った理由を口に出してみるのもいいでしょう。
 (131352)

特にきつく叱られたあとは「ママは自分のことが嫌いになったのかな」と不安に感じることもあります。

ハグ+「大好きだよ」という言葉も添えてあげるといいでしょう♥
しっかり愛情でフォローしてあげましょう。

叱ったママもしっかり謝る

最初は子供が危なかったり、言うことを聞かなくて怒っていても、だんだん感情的になって怒鳴ってしまったり、怒っているうちにエスカレートしてしまう事もありますよね…

そんな時はママもしっかり謝ることが大事!
 (131353)

「ママさっきは怒りすぎたよね。ごめんね」とママも自分の悪かったことを認めるのも大切です。

それに付け加えて「さっきは〇〇ちゃんが歯ブラシを口にくわえたまま走るから危ないと思ったんだよ」等と叱った理由やママの気持ちを冷静に伝えるといいでしょう。

叱られている時よりも聞いてくれます。

時には叱ったあと子供と距離をとってみる

叱りすぎて反省することは「なんであんなに叱ってしまったのか」原因を考えるいい機会です。

自分にストレスがあったのか、子供にレベルの高い要求をしてしまったのか、子供の聞き分けが悪ければもっと違う言い回しがなかったのか…

叱っている最中はそこまで冷静になれないので、叱った後に子供とは別の部屋に行くのもオススメです。

距離を取れば冷静さを取り戻して「子供をフォローしなくちゃ!」という気持ちにもなりやすいです★
 (131354)

叱りすぎた…怒りすぎた…と後悔するママ。
ママも人間なので感情的になったり、怒りが爆発してしまって必要以上にお子さんを叱ってしまう時もありますよね。

そんな時はいつも以上に「〇〇ちゃんが一番大切」「ママは〇〇ちゃんのことが大好きだよ」という気持ちを、ハグや言葉で伝えてあげましょう♪

叱った後は必ずフォローすることを忘れないでくださいね★
15 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

一人っ子にはこんなメリットも♥ネガティブイメージは間違い!

一人っ子にはこんなメリットも♥ネガティブイメージは間違い!

あなたは一人っ子に対して「きょうだいがいないから可哀そう」とか「わがままに育ちそう」などネガティブなイメージをもっていませんか?実はそんなことはないんです。
【子供が成長してわかったこと】育児の悩みの9割は「まいっか」で大丈夫!

【子供が成長してわかったこと】育児の悩みの9割は「まいっか」で大丈夫!

上の子が高校生になりました☆初めての育児でいろいろと悩んだこともあったけど、今だから言える「そんなに心配しなくても大丈夫だった!」と思うことをお伝えします。
2人目妊娠中!上の子との接し方で気を付けておきたいポイント☆

2人目妊娠中!上の子との接し方で気を付けておきたいポイント☆

1人目の時とは違う2人目妊娠中の生活☆お腹の中の赤ちゃんばかりに気を取られていませんか?赤ちゃんが産まれてからではなく妊娠中も上の子との接し方で気を付けておきたいポイントがあります。
知っておきたい【4歳の壁】ママの上手な対処法とは?

知っておきたい【4歳の壁】ママの上手な対処法とは?

ママの間では【魔の3歳児】という言葉が定着していますが、4歳にも【4歳の壁】といわれる言葉があります。一体それはどういうことなのでしょうか?
「消極的な子」「打たれ弱い子」はママとの関係が影響しているかも?

「消極的な子」「打たれ弱い子」はママとの関係が影響しているかも?

ママも心配になる【消極的な子】や【打たれ弱い子】。もともとの性格もある反面、ママとの関係が影響していることもあるようですよ。
「テキトー母さん」の著者、立石美津子さんに学ぶ育児の極意!一人で出来る子が育つ方法!

「テキトー母さん」の著者、立石美津子さんに学ぶ育児の極意!一人で出来る子が育つ方法!

誰でも子育てをしていると壁にぶつかる事があります。子育ては、なかなか親の思い通りにはならないものです。思わずすぐに叱るクセついていませんか?怒った後には自己嫌悪でママも落ち込んでいませんか?そんなママに「テキトー母さん」おすすめです☆

この記事のキュレーター

momoco momoco