特集記事

今注目の記事

2017年7月20日 更新

暑い夏でもシャワーより湯船が理想的!?暑がるときのひと工夫♪

暑い夏はシャワーだけで済ませたい!でも、体を芯から温める湯船の方がいいの?嫌がらせずに入らせる方法は?そんな疑問にお答えします!

夏になると、暑い湯船は避けてシャワーで済ませたいと考えるパパ・ママは少なくないと思います。体のためには湯船に浸かって芯から温めるのが理想的。それは子供も大人も同じです。

しかし、子供は暑がりで、湯船に浸かることを嫌がる場合もあるでしょう。そんなときには、簡単にできるちょっとした工夫を試してみてください。

夏に湯船が良い2つの理由

 (90650)

内臓を温める

夏は暑く、冷たいものを食べたり飲んだりする機会が増えますね。服も薄着になり、体の芯を冷やしてしまいがち。そんな夏こそ、実は湯船にしっかり使って内臓を温める必要があるのです。

汗汚れをしっかり落とす!

シャワーは表面にサッとかけるだけでサッパリと気持ちが良いものです。しかし、湯船に浸かることで皮膚が柔らかくなり、毛穴が開いて汗線の汚れをしっかり落とすことができます。
汗をかきやすい夏だからこそ、湯船に浸かって清潔を保ちたいですね。

ぬるめのお湯に!

 (90652)

子供が嫌がるときは、お湯の温度が高すぎるのかもしれませんね。大人にとって心地良い温度でも、子供には熱いと感じる場合があります。子供はもともと体温が高いので、ママが「ぬるいかな」と感じる37℃前後がちょうど良いと考えましょう。

湯船を楽しい遊び場に!

おもちゃを使って、お風呂を楽しい時間にするのもおすすめです!お風呂用のおもちゃや、水遊びの道具など、100円ショップにも豊富に揃っています。
「しっかり使って10まで数えるのよ!」と強制するのではなく、親子で手遊びをしたり歌を歌ったり、スキンシップの時間として楽しむのも良いですね。
Amazon.co.jp: (コージーエージ)CozyAge お風呂用おもちゃ 水遊び 海洋動物おもちゃ大人気のおもちゃ 高品質 可愛い 赤ちゃん出産祝い 子供知育玩具: 服&ファッション小物 (90222)

『毎日』にこだわらなくても大丈夫!

夏でも湯船に浸かるのが理想ではありますが、「絶対に入らなくてはダメ!」と決めてしまうと、負担になってしまいますよね。夜遅い時間に無理に湯船に浸かることは、子供の体力を消耗する原因になってしまうことも…。

こだわりすぎず、疲れた日はシャワーで済ませ、夕方からゆっくりできる日には湯船に浸かるなど、状況に応じて順応に考えましょう。
17 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

もしかしてうちの子は夏バテ!?ママが気をつけてあげたいポイントはコレ★

もしかしてうちの子は夏バテ!?ママが気をつけてあげたいポイントはコレ★

毎日本当に暑い日が続きますが、お子さんの様子に変化はないでしょうか?「元気がなくダラダラ過ごしている」「食欲がない」「機嫌の悪い日が多い」…それはもしかすると夏バテの症状かもしれません。
イオン飲料の飲み過ぎは危険!医師に聞いた上手な飲ませ方とは?

イオン飲料の飲み過ぎは危険!医師に聞いた上手な飲ませ方とは?

最近、乳児用イオン飲料の飲み過ぎによる健康状態の悪化が話題になりました。飲み過ぎはもちろんNGですが、まったく飲めないとなるといざという時に困ることも…そこで、医師に聞いた上手なイオン飲料の飲ませ方についてまとめました。
我が子の足が臭い!でもついついかいでしまう♡この臭いの正体って?

我が子の足が臭い!でもついついかいでしまう♡この臭いの正体って?

先日ドライブ中に、車の中で娘がサンダルを脱ぎました。次の瞬間・・・車内になんとも言えない臭いが充満し、思わず窓を開けて換気してしまいました。家に帰って足を念入りに洗ってあげたのは言うまでもありませんが、あれ以来何かと娘の足の臭いが気になり、嗅いでしまいます(笑)。このついつい嗅いでしまう臭いの原因と対処法は?ママ達のエピソードと一緒にご紹介します。
夏に必見!女の子のおまたのケア方法☆

夏に必見!女の子のおまたのケア方法☆

赤ちゃんや小さな子どもはとっても汗っかき!暑い夏はオムツかぶれを起こす子もいます。ところで、女の子のデリケートゾーン、キレイに洗えていますか?デリケートゾーンをキレイにしておかないと、おまたが荒れる原因になったり、膣に細菌が入ってしまうことがあります。ここでは、女の子のおまたの上手な洗い方をご紹介します!
ママも子どもも気を付けて…水分足りてる??

ママも子どもも気を付けて…水分足りてる??

これから暑くなってくると気を付けたい「脱水症状」。「意識して水分補給してるから大丈夫!」と思っていても、実は脱水になっていることが多いのはご存知でしょうか?1日に摂る水分量の目安と、水分の計算方法などにご紹介したいと思います!
夏だけじゃない!手軽に紫外線対策★メイクの上から使える“日焼け止め”5選

夏だけじゃない!手軽に紫外線対策★メイクの上から使える“日焼け止め”5選

紫外線対策はばっちりできていますか?夏だけ対策しておけばいいやと思いがちですが、本当は1年中紫外線対策しなければいけません!今回紹介するのは、メイクの上からでも使える日焼け止めです。バッグの中に入れておけばいつでも使えて便利です☆

この記事のキュレーター

e-family e-family